2014年05月30日

苗木、一安心

28日にアップした
「発芽が未だな苗木」
が、ようやく発芽してきました。

29日撮影から。
14.05.30-3.jpg










右上の葉は、28日撮影の「微かな芽」です。
下にも葉が出ています。
さらに、真ん中辺りにに新しい芽が出て来ています。

30日撮影。
14.05.30-3.jpg










ここまで来れば一安心、とりあえず根付いたと言えるでしょう。

連日好天なので、30日早朝に苗木に水をやりました。
植え付け直後の「根づく」ためのものと違い、
「根が成長する」ためのものなので、

「根元」ではなく「根の周り(半径50センチ強)に播きます。
水分を求めて根を延ばすように。







posted by ナッツ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年05月28日

苗木のその後

17日の記事に書いた、
発芽がまだだった5年生の苗木二本。
ようやく発芽してきてくれました。

先ず一本目。
一ヶ所だけ葉が出ています。
14.05.28-1.jpg










他は数カ所にこんなのが。
14.05.28-2.jpg










かわいいでしょ。
角度を変えて
14.05.28-3.jpg











二本目は、まだこんなです。
14.05.28-4.jpg










笑っちゃうくらい、微かでしょ。
上の一本目も先週金曜日にはこんなでした。

以前から発芽していたものは、概ねこんな状態です。
2枚いずれも、枝の基部から1〜2センチのところで切除したところの発芽です。
これが新しい枝に育っていきます。

14.05.28-5.jpg













14.05.28-6.jpg













不在だった日曜、そして月曜の夜は雨で、
その後、高温、好天です。
今日は27℃超。明日は28℃超の予報です。

この暖かさで苗木もどんどん成長してくれるでしょう。

まだまだ水が必要な時期なので、
時々水をあげることにします。

ところで、
久々に剪去枝の中につくられた巣を覗いてみました。
記事に書いた数日後にうっかり近くを通った時に、
スズメに似た茶色系の小鳥が飛び立ったのを見かけて以来です。

14.05.28-7.jpg










卵が無くなってます。
巣になっていた枯れ草が二つに別れていました。
ヒナが飛び立ってからもう暫くたったから強風で飛んだのでしょうか?

卵が無事かえって、ヒナも無事育って飛び立ったのだと祈ります。
posted by ナッツ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年05月24日

結実(けつじつ)

ご無沙汰していました、「いつものジョナ」のその後です。

14.05.24-1.jpg










ジョナは成長が早い品種ということもありますが、
順調に育ってますね。

22日からカッコーが鳴き出しました。
こちらでは、「カッコーが鳴くと遅霜がこなくなる」
と言われます。

ただ、最初のうちは良いけれど、
毎日毎日、一日中、「カッコー、カッコー」を聴かされると、
次第にイヤになってくるんですよねぇ〜。
しかも、やれどもやれども終わらない摘果作業と重なってるから尚更。
我侭でスミマセン。

こらから新青森駅に行って、新幹線で上京です。
2日間の出稼です。


posted by ナッツ at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

第一回目農薬散布終了

23日、農薬散布第一回目が終了しました。

第一回目散布がここまで遅くなったのは5年間で初めてです。
「低農薬」に拘ってとうよりは、
諸々の事情でズレ込んでしまい、
どうせなら「落花直後」の時期に丁寧に散布してみよう、
と思ってこの時期になってしまいました。

この時期になると、結構葉も繁ってきているので、
そんな中で「丁寧に」と思うと結構手間がかかります。
やはり、葉が無い(少ない)時期に一回やっておく方が効率が良いな、
と反省。

昨年、一昨年と「黒星病」発生が多いエリア(樹)では、
より丁寧に丁寧に散布しました。

今年は黒星病が少なくて済みますように。
posted by ナッツ at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業

2014年05月22日

映画「みつばちの大地」

自称ミツバチ写真家などとふざけて
ミツバチの写真を沢山アップしてきました。

それに呼応して、友人のHさんが、
みつばちの大地
を観に行きます、と情報を下さいました。

Hさんは時々貴重な情報を下さいます。
27日のアーサー・ビナード氏講演会&対談
情報もHさんからいただきました。
(当ブログ記事は、こちら

私は、24〜25日東京へ出稼ぎなのですが、
この時期は畑仕事も沢山あるため即青森に戻らなければならず、
残念ながら参加できません。

数人の方から「行ってみます」とご連絡いただいていいます。
気になっている方がいらしたら、是非行ってみてください。
ためになるのは勿論、とにかく面白いようですから!

さて、ミツバチ。
世界的なミツバチの失踪が問題になって久しいです。
原因について諸説あるなかで、
ネオニコチノイド系農薬が原因とする説が有力です。
(私はネオニコチノイド系農薬は使用しておりません)

「ミツバチが全滅したら人類は4年で滅ぶ」
とアインシュタインが言っています。

生態系が狂えば人類もその影響を受ける、
と言えば当然のことに受け取られますが、

ミツバチに言及するところがアインシュタインの慧眼と言えます。
全植物の受粉の3分の2をミツバチが担っていると言われています。
ミツバチが全滅(まで行かずとも激減)したら深刻な食料不足に陥ります。

最後に、ミツバチに関してもう一つ。
銀座ミツバチプロジェックト
って知ってますか?
なかなかステキです。
posted by ナッツ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お客様の声

2014年05月19日

枝焼き、根焼き

19日は早朝から第一回目農薬散布をする予定でしたが、
諸々の事情で明日からに延期。

不十分だった枝や根の回収を進めました。

今年は18本の樹を伐採したので、
当然ですが18個もの「根」があります。

根は、
焼却場に運ぶのに重い、
燃え難い、
と結構手こずります。

それでも今日は途中から気合が入ってきて、
ドンドン根を焼却場まで運びだして焼きました。

14.05.19-8.jpg










燃え難い「根」を焼くには、
火力が強くて長持ちする太めの枝と一緒に燃やす(上に載せる)、
特に大きい根は一回で焼こうとせずに先ずは周りに置いて乾燥させてから
後日に本格的に焼く、
等々、自分なりの「コツ」を掴んできています。

さて、枝を回収している時にこんなのを発見。
写真中央辺りを良〜く観てください。
14.05.19-9.jpg









アップで観ると
14.05.19-10.jpg










鳥が巣をつくって卵を産んでいました。

他の園ではもうとっくに剪去枝は整理してあるこの時期。
低い処にでも巣づくりをする鳥が、
これ幸いと巣を作っちゃったんですね。

結構沢山の枝を集めてあった箇所なのですが、
其処は丸ごと手つかずで残しておくことにしました。

暫くは、
意識して此処には近づかないでいてあげようと思います。

…でも、
親鳥が警戒して放置してしまってないか、
卵はかえったか、
とっても気になります。
posted by ナッツ at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 農作業

見回り中に撮った写真から

或るエリアで沢山飛び交っていたので、
停まっているところを粘って粘って撮りました。
3枚連続でアップします。似てますが順に撮った違う写真です。

14.05.19-1.jpg










14.05.19-2.jpg










14.05.19-3.jpg










飛んでいる姿は、足が長くて蜂の様に飛び交ってます。
停まるときは、写真にあるように花ではなくて葉に停まります。

さて、敢えて3枚連続で載せた意図が判ったでしょうか?

2枚目ではお尻の先に白いモノが!
3枚目ではありません。おそらく排出し切ったのでしょう。
改めて1枚目を観ると、2〜3枚目に比べるとお尻の先が伸びてません。
排出する瞬間に伸びるのでしょう。

しきりに飛び回っていたのに、
珍しく暫く停まっていて写真を撮り易かったのは、
卵らしきものを排出するのに時間を要していたからなのでしょう。

名前の判る方がいらっしゃったら、
是非教えてください!

2番目は、テントウ虫。
14.05.19-4.jpg










帰宅後に調べてみると、
どうも「ナミテントウ」らしいです。

沢山あるテントウ虫の種類のなかでも多く観られるものらしく、
アブラムシを捕食する益虫!
感謝、感謝。

子供の頃、近所のお兄さんに、
ナナホシは益虫、ニジュウヤホシは害虫、
と教わったのを、その状況ごと今でも憶えています。

人間サマの立場からみて、
人間に役立てば益虫、
害を及ぼす(つまりは農作物を食害する)ものは害虫、
なんですね。

見方を替えれば、
虫を捕食=肉食である益虫の方が獰猛と言えます。
実際、図鑑で顔つきを観るとごっつい顔をしています。
虫を捕食するからアゴが発達するなどして
そういう人相(虫相)になるのでしょうか。

苗木の発芽状態を観ていたら、
先日ご紹介したのと同じ虫をまた発見。
14.05.19-5.jpg










最後に、天候のおかげでキレイだった岩木山です。
14.05.19-6.jpg










14.05.19-7.jpg












posted by ナッツ at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年05月17日

16日の岩木山

午前中は晴れて、しかも風が強かったので、
良く見えました。

14.05.17-15.jpg










14.05.17-14.jpg










14.05.17-16.jpg












posted by ナッツ at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

植え付けた苗木に芽が!

植え付けた苗木たちにドンドン芽が出て来ています。

購入して1ヶ月近くもの間、
毎日のように根に水をやって根が乾かないようにしていたとはいえ、
根をビニールで覆った状態でコンテナ(つまりは冷暗所)に保管していたので、
かなり不安でした。
加えて雨不足でもありましたし。

今のところ、後半に定植した5年木2本が未だなだけで、
其れ以外は定植・仮植え共に芽が出てくれて一安心です。
昨冬抜いて保管して植え戻した自家製苗木も全て芽が出て来ています。

昨年伸びた枝はこんな感じです
14.05.17-7.jpg













もうちょと近づいて
14.05.17-8.jpg













先端を切り詰めた部分は
14.05.17-9.jpg










切り口の直ぐしたの芽から発芽しています。
これが葉になり枝になっていきます。

1〜2センチのところで切り詰めた枝からもこの通り。
14.05.17-10.jpg










これが新しい枝になっていきます。

出たばっかりの芽です。
14.05.17-11.jpg










これなんかも良い感じです。
14.05.17-12.jpg










元々の枝は幹に対して鋭角過ぎでしたが、
下側の芽から発芽してきてくれたので、このままいくと、
幹に対して丁度良い発生角度で枝が伸びてくれそうです。

あと2本も無事芽が出てくれますように。

16日夜にはまとまった雨が降りましたし、
今日も弱雨ですが降ったりやんだりの予報。
作業は雨でない方がやり易いのですが、
植物には恵みの雨です。

実家がりんご農家の親友S君が実家に帰って作業の手伝いをするというので、
今日は午後からS君のご実家にお邪魔してきます。
少し一緒に作業させていただいて、
晩ご飯(とお酒)をご馳走になりながらお父さんの話を聴かせてもらい、
「お泊まり」してきます。
posted by ナッツ at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

16日に目にした虫たち(その1)

園地を見回り、摘果、腐乱病枝の切除や手当て等の途中で
いろんな虫を目にします。

歓迎したくない虫の一つが、アブラムシ。

特に隣地との境界付近に多く観られます。
これまで、ナシマルカイガラムシなど他の虫もそうでした。

昨日も隣地近くの樹を観ていると、
14.05.17-1.jpg










観た感じちょっと元気がありません。
若葉の葉裏を観ると、案の定アブラムシが。
14.05.17-2.jpg










せっかく受粉出来たものも、何か元気ありません。
14.05.17-3.jpg









やっぱり葉裏にはアブラムシが
14.05.17-4.jpg










でも、良く観ると葉の真ん中より少し上や、葉の先端近くに、
何やら羽のある虫が居ます。

アブラムシの天敵、アブラバチのように見えます。

そう思って他の葉も観てみると、他の葉にも居ます。
14.05.17-5.jpg











14.05.17-6.jpg










アブラムシ同様、アブラバチといっても種類が沢山あって、
帰宅後調べてみても、
これがアブラバチなのか、どうもハッキリわかりません。

そうだったら良いな〜
そうに違いない!

ハウス栽培なら天敵を放つということも出来るのでしょうが、
りんご栽培は露地栽培。

或る虫が沢山いればそこに天敵が何故か現れる、
という天の采配に頼るしかありません。

でも、ホント「天の采配」と思えるくらい不思議と、
「天敵」が現れるンですよね〜
どうして其処にアブラムシが沢山居るって判るんでしょう?!
自然って凄いです。

実は、今年は未だ薬剤散布をしていません。
そのせいもあってアブラムシおよびその天敵君も沢山いるのかも。

流石に、そろそろ第1回目の散布をしないとです。
虫以上に怖い「黒星病」があります。
「落花直後」のこのタイミングは極めて重要です。


posted by ナッツ at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年05月16日

16日に目にした虫たち(その2)

名を知らぬ虫を2種類。

その1、
苗木の様子を観ていて、先刈りしたてっぺんに発見。
蟻くらいの大きさ(横幅はもう少しある)です。我ながら良く気付きました。

 14.05.16-3.jpg










14.05.16-4.jpg










初めて観る虫、
きれいな赤い羽、
身体の割に長く羽の赤とのコントラストがきれいな黒い触角、

しつこく何枚も写真を撮っていたら、
きれいな赤い羽で何処かへ飛んでっちゃいました。

その2
摘果作業中に見つけました。
これも初めて見るような気がします。

14.05.16-5.jpg










14.05.16-6.jpg










最後に、やはり撮ってしまうミツバチです。
14.05.16-1.jpg










14.05.16-2.jpg










ブログアップの為というよりも、
病気、虫、花や実などの記録、勉強の為にと
接写機能を重視して買ったコンパクトデジカメ。

肉眼で観るよりも細かいところまで観られて重宝しています。
面白くて摘果等の作業そっちのけで写真撮ってしまうのが難点ですが…。
posted by ナッツ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年05月15日

落花し始めています

昨日(14日)も暖かい一日でした。

開花が早いと寒の戻りで遅霜の被害が出る可能性も高まる、
と内心懸念していましたが、
今のところ順調です。

王林、ジョナゴールドといった開花の早い品種の花は、
散り始めています。

「いつものジョナ」を観てみましょう。
写真中央がそうです。
14.05.15-3.jpg










花びらが無いのが中心花(果)、
まだ花びらがあるのが側花です。
通常、中心花が一足先に咲くので、落花も一足早いです。

側花を摘んで、中心果だけにしました。
14.05.15-4.jpg










まだ小さくて判り難いですが、
ちゃんと受粉しているのが判ります。

ん?判りにくい?
ではアップで。
14.05.15-5.jpg









更にアップで 笑
14.05.15-6.jpg










「いつものジョナ」とは違う樹ですが、ジョナゴールドです。
14.05.15-7.jpg










写真右側に近づいて撮ると
14.05.15-8.jpg










昨日は、「当園スタッフ」Kさんが、
今季初めて畑にいらっしゃいました。

一昨年、昨年と、摘果と収穫を手伝っていただいています。
作業をお手伝いいただくだけでなく
りんごの花を楽しんでいただきたくて、
お誘いしちゃいました。
ちゃっかり「摘花」作業もしていただきましたが 笑。

今日15日は、18時前から雨がポツリポツリ。
19時頃には本格的に降り出し、今も結構降っています。
明朝まで降り続くようです。

昨年もこの時期に干ばつでしたが、
積雪が多くしかも4月が低温で雪がゆっくり融けたため、
地中の水分は結構足りていました。

今年は、
積雪は平年並み(若しくは少なめ)で雪融けも早かったうえに、
4〜5月の少雨。久々のまとまった雨です。
良かった良かった。

posted by ナッツ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

自称みつばち写真家

昨日14日も暖かい一日でした(最高気温23℃)。

りんごの樹の近くはもちろん、
園地の何処にいても、
りんごの花の香りがします。

耳を澄ますと、いや澄まさなくても、
蜂たちの「ブ〜ン、ブ〜ン」という音が聴こえてくる、
というよりも震動が響いてきます。

いつものジョナの状態を撮ろうとカメラを手にしていると、
ミツバチが元気にブンブン飛んでいます。

知らないうちに、
ミツバチを撮ることに夢中になってしまっています。
即席の「自称」みつばち写真家です。

そう言えば、酒井法子の元夫、
「自称」プロサーファー
はどうしてるんでしょう。

「自称○○」という表現、
私の中では大ヒットで、
あの年の流行語大賞に選ばれるのを密かに期待してたんですが、
選ばれませんでした。残念。

実は酒井法子、「星の金貨」で観てからファンだったんですよね〜。
今も密かに応援しています。

さて、ミツバチを観るとカメラを構えてシャッターチャンスを狙ってしまう
「自称 ミツバチ写真家」の14日の成果を2点アップします。

14.05.15-1.jpg










14.05.15-2.jpg












posted by ナッツ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年05月13日

苗木植え

少しずつ行なっていた苗木植えも、
12日で全て終えました。

結局、今春購入した苗木のうち、
園地内に「定植」したのは30本で、
27本は苗木畑への「仮植え」となりました。

「定植」は3〜5年木が中心となりました。
これくらいになると、木はもちろん根も大きくなっているし、
これからの成長もあるので、
植え穴も大きくなります。

油圧ショベル(俗称「ユンボ」)で掘ってもらった穴です。
14.05.13-1.jpg










穴を掘る作業がシンドイので、
今年は伐採木の根抜きの際についでに穴を掘ってもらいました。

が、それはそれで手堀りに比べて不都合なことがあるのも判り、
来年はやはり手堀りで行なおうと思ってます。

さて、これを深さ40センチ、直径80センチくらいまで
きれいに掘ります。

使うのは、写真にもある剣先スコップ(先が丸くなって土に刺さり易いタイプ)。
今年は穴開きタイプを新たに購入しました。
土がスコップにくっ付かなくて掘り易いです。

お隣のO氏が使ってるのを観てナルホドと思い購入しました。
そう言えば、包丁も切ったものがくっ付かないように穴開きタイプがありすね。

行程2
一旦掘ったら、今度は何回かに分けて、
土を戻しては踏み固める
という作業をして、苗木を植える深さまで埋め戻します。

数回に分けて行なうのは、
一度にドカッと土を埋めて踏んでも
しっかり踏み固められているのは表面だけだからです。

深部までしっかり固まっていないと、
根の水分吸い上げが悪くなる、
数年すると苗木が沈み込むことになる、
等の不具合がでてきてしまいます。

行程3
苗木を植える深さまで埋め戻したら、
底の真ん中を少し高くして逆すり鉢状にします。
14.05.13-2.jpg










行程4
苗木の根の先を適当に刈り込みます。
その方が新しい根の発生が良くなるからです。
14.05.13-3.jpg










行程5
逆すり鉢の頂点に根を置き、
根がなるべく地面の傾斜に沿って四方に這うように伸ばしてあげます。

そこに、やはり何回にも分けて、
土を掛けては踏み固めます。
土と根が密着する為です。

3〜5年木だと根も大きくなっているので、
根の底というか裏というか、
その部分のスペースも大きくなっています。

単に逆すり鉢の頂点に根を置いただけだと、
その部分に空洞が出来ることがあります。

そこに、踏み固めないまでも空洞が出来ないように、
手で土を突っ込んであげる必要もあります。

一人で作業してるので、
残念ながらこの行程の写真は撮れません。

最後は根元が周りよりも軽く盛り上がっている状態にします。
14.05.13-4.jpg













行程6
主幹の先を切り詰めるのはもちろんですが、
5月に入ってからの遅い時期の植え付けなので、
脇から出ている枝も1〜2センチ残して切り落としてしまいます。

その方が今後の生育が良いと、
購入した苗木屋さん、お隣のO氏から教わったやり方ですが、
枝を落としてしまうのは正直勇気が要りました。

支柱を立てて紐で結わえて完成です。
強風で揺れると根の活着が悪くなるので支柱は必須です。

14.05.13-5.jpg













行程7 仕上げ
バケツ1杯の水を、数回に分けてかけてあげます。

そうそう、切り口から腐乱病や銀葉病が感染しないために、
泥を塗るのも忘れずに。
水を掛けてあげた時に出来る泥を指ですくい取ってチョチョイっと塗ってあげます。
14.05.13-6.jpg










昨日完成した苗木畑です。
14.05.13-00.jpg









今年購入したけど定植出来なかった苗木(敢えてしなかったものもあります)、
昨年自分で造った苗木です。

自分でつくった苗木は、まだ背丈が極めて低いです。
無施肥だからでしょう。
ただ、根(特に水分養分を吸収する細いひげ根)の発生はとっても多いです。

背丈が低いので定植せずに
今年も土が柔らかい「苗木畑」で育てることにしました。

昨夜少し雨が降ってくれました。
予報では今日午前中まで弱雨だったのですが、
今はもう曇りで、予報も12時頃に一時弱雨になってるだけ。

樹、特に苗木にはもう少し雨が降ってくれると良いのですが…。
posted by ナッツ at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業

2014年05月12日

「ふじ」以外満開

11日は予報を上回る23℃超え。
「ふじ」以外はほぼ満開になりました。

いつものジョナ、120%満開です。
14.05.12-12.jpg










青空を背景にして撮りまくった中から数枚。
仕事そっちのけで撮りました!
14.05.12-11.jpg










花びらにマメコバチが居ます
14.05.12-13.jpg










14.05.12-14.jpg










14.05.12-15.jpg











posted by ナッツ at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

虫たちも元気に…

23℃超えの暖かさで、
虫たちも元気に受粉に一役かってくれています。

ミツバチ編
14.05.12-1.jpg










14.05.12-2.jpg










14.05.12-3.jpg










14.05.12-4.jpg











名も知らぬ虫も。
不勉強で名前を知らないのですが、時々見かけます。
羽が有って飛びます。
14.05.12-5.jpg










14.05.12-6.jpg










葉裏から、ヨっこらショっ
14.05.12-7.jpg










実はこの虫、葉を食べます。
でもこの時期は多めにみてあげています、
花の間も行き来してますから。
14.05.12-8.jpg










でも摘果作業中に見つけた場合には、
申し訳ないけれど指で潰しちゃってます。
「眼と手が薬」ですから。

アリも頑張ってくれています。
14.05.12-9.jpg










14.05.12-10.jpg










予報では今日も23℃超え。
更に蜂をはじめ沢山の虫たちが活躍してくれるでしょう。
posted by ナッツ at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年05月11日

5月11日の岩木山

今日は早い時間から快晴かつ湿度は低め。

岩木山がきれいに見えました。
14.05.11-1.jpg









岩木山をアップで。
14.05.11-2.jpg










posted by ナッツ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

今日は11日

毎月11日は東日本大震災の日です。

地震・津波と原発。
天災と人災。
復興作業や今後への教訓として、二つは分けて考えなければなりません。

フクシマの原発問題の陰で、
岩手県を中心とした地震・津波による被害及び被害者の気持を忘れてはなりません。

因に「フクシマ」との表記は、世界的に、原発災害があった地名との意味が含まれるそうです。
「ヒロシマ」「ナガサキ」が原爆投下地名と理解されるのと同じように。

このフクシマに関して、
安倍氏は東京オリンピック誘致の場で、
世界に対して嘘を発信してしまっています。

恥ずかしいことです。
首相自らが日本を辱めている。
チェルノブイリ事故後に事故を隠蔽して国際的に非難されたソビエト(当時)以下です。

国内ではこれが「まっかな嘘」であることは周知の事実ですが、
この嘘をドキュメンタリーで告発しているドイツ記録映画があります。
もう他で知っている、観ているという方もいらっしゃると思います。

ちょっと長いけれど必見です。

フクシマの嘘
https://www.youtube.com/watch?v=8MZKxWLruZQ

その弐
https://www.youtube.com/watch?v=8wCehe0iaKc

その参
https://www.youtube.com/watch?v=-VrJ4DlwyEk
posted by ナッツ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感

2014年05月10日

肌寒い一日でした

今日の最高気温は12.5℃、肌寒い一日でした。

普通にしてると肌寒いのですが、
苗木植え付け作業で
穴を掘ったり、土を埋め戻したりと力仕事をするには
最適でした。

いつものジョナです。
今日の4時頃撮影しましたが、
開花度は昨日とそんなに変わりませんね。
14.05.10-1.jpg











明日は20℃くらいまであがるようなので、
マメコバチが働いて受粉してくれることでしょう。


posted by ナッツ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年05月09日

花づくし(ジョナゴールド)

開花が進んでいます。

王林はほぼ満開(写真無くてすみません)。

ジョナゴールドは7〜8分咲き、
ふじ系は4〜5分咲きでしょうか。

今日はジョナに特化して笑 お観せします!

いつものジョナ、昨日8日です。
カメラを小屋に置き忘れて来たため昨日アップできませんでした。
14.05.09-1.jpg










そして今日9日昼前
14.05.09-2.jpg










低温気味だったのですが、
結構開花が進みましたね。

アップで観ると
14.05.09-3.jpg










更にアップで
めしべ、雨水(今日は一日降ったり止んだりでした)が良く見えます。
14.05.09-4.jpg










近所の開きだしたばかりの花です
14.05.09-5.jpg










こちらは、120%満開です
14.05.09-6.jpg










昨日撮影の写真から、
他の花ですが120%満開のものを横から観ると
14.05.09-7.jpg










最後に、背景の空は曇天ですが、
高い処にある枝です
14.05.09-8.jpg











満開花びらの白、蕾のピンク、若葉のうす緑がなんとも言えません。


posted by ナッツ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子