2014年05月08日

アーサー・ビナード氏講演会

今年の5月3日は、
例年とは異なる憲法記念日でした。

憲法の三原則(国民主権、基本的人権の尊重、平和主義)の一つである
平和主義(第9条)を、
一政権が改正手続きを避けて解釈変更によって骨抜きにしようとしている時期です。

朝のテレビ番組でも各局がこぞって集団的自衛権の是非を取り上げてました。

言葉遊びが好きな安倍氏は、
積極的平和主義
なる言葉をつくり出して戦争参加を肯定しようとしています。

誰もが否定出来ない「平和」という言葉を入れるところがミソ、ペテンです。
平和という言葉を使いながら、国を戦争に向かわせている。

積極的平和主義
責任野党
地球儀外交
価値観外交
等々

彼はキャッチコピーだけは上手です。
そういう「おともだち」がいらっしゃるのかもしれません。
「おともだち」で周りを固めるのが好きな方ですから。

さて、本題です。

アーサー・ビナード
という人をご存知ですか?

職業は詩人、俳人、随筆家、翻訳家。
その著作や発言から、「ことば」への洞察力が鋭い方であることが判ります。

ビナード氏の講演&対談があります。
5月27日(火)18:45〜 大田区民ホール(蒲田駅徒歩3分)

公演のタイトルはズバリ
「だまされない日本人になろう」

対談テーマは、
原発、集団的自衛権、国家戦略特区、秘密保護法etc…

詳細は下記をご覧下さい。
https://www.facebook.com/enpawa

私は氏のことを昨年10月に友人Hさんから聞いて初めて知りました。

昨年10月に消費税についての言い回しが変わってきたことを
このブログに書いたのに対して、
「言葉の裏側」絡みでビナードさんのことを教えてもらいました。

例えば原発再稼働。
その時のメールから抜粋して氏のコメントを紹介します。

「最近、ニュースで言い方が変わったことに気づきましたか。
原子力発電所の 「再稼動」 とは言わなくなった。
「運転再開」 って言うようになりましたよ。
大阪や東京に住む私たちにとってはありがたい言葉。
人身事故が鉄道で起きていて「運転再開」はカミサマありがとうって
気持ちになってしまうくらいになる。
国会前のデモで「再稼動反対」って言ってるでしょ。
「反対」じゃ困る人たちがテレビの向こう側にいるんですよ
だからテレビは見なくていいんです」
(抜粋おわり)

言葉って怖いですね。

何気に耳にしている言葉の持つイメージ、ニュアンス。
これを意図的に使って誘導洗脳することが可能です。

情報活用能力(今風に言えば「情報リテラシー」)を身につける為に、
大手マスコミでは判らない裏側を知る為に、
参考になること間違い無し。
しかも話がすこぶる面白い!

興味あるけど行けない、という方はこちらをどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=K7_-8XT418w
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/104977
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/128564

氏は、何故か青森放送「サタデー夢ラジオ」に月一回のパーソナリティとして
出演しています。
往復新幹線利用とのことなので、何時か会えたらいいなぁ〜
とミーハーな事を考えちゃいます。
posted by ナッツ at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感

2014年05月07日

5月7日の花

夕方6時前の撮影です。
5日の写真にあるように、早朝と夕方で違ってくるので、時間も書いときます。

いつものジョナ14.05.07-1.jpg










中心花が大分開いてきています。
開いてくるにつれて、ピンクが淡くなってきます。

同じ樹で早いものはこんなです!
14.05.07-2.jpg










続いて、いつもの「つがる」2点。
14.05.07-3.jpg










14.05.07-4.jpg










最後に「ふじ」。
5日撮影時と比べて、側花が中心花から離れてきています。
14.05.07-5.jpg












posted by ナッツ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年05月06日

今年も菖蒲を楽しめそう

いろんな下草が生えだしているなか、
菖蒲の葉が未だ顔を出さないなぁ〜
と気になっていましたが、

枯れ草を押しのけて元気に育っていることに
昨日気付きました。
14.05.06-11.jpg










4月30日には全くでした。
5月1日はうっかり見なかったので、
2日〜4日の間で此処迄育ったのですね。
出だすとその成長は早いです。

もう一ヶ所のものは、未だこんなです。
こちらの方が陽当たりは良さそうなのですが。
14.05.06-12.jpg










6月上旬に咲いてくれるのが楽しみです。
posted by ナッツ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お客様の声

伐採木の根抜き

コマ送り風に7コマ載せます
14.05.06-1.jpg










14.05.06-2.jpg










14.05.06-3.jpg










14.05.06-4.jpg










14.05.06-5.jpg










14.05.06-6.jpg










14.05.06-7.jpg










畑の前主のお知り合いで、
初年度からこの作業の時にはお願いしている方です。

根には沢山の微生物はもちろん病原菌、ウイルスまでもが付着しています。
栽培を止めて切り株だけになると根が死んで(生命力が落ちて)、
菌やウイルスが繁殖して、その後に植えた樹の生育が阻害されることになります。

なので、伐採したら根を抜きます。

とはいえ、少なくとも地上に張った枝と同範囲に根を張っているものなので、
完全に根を抜き取ることは不可能ですが。

この弊害を防ぐために、
石灰や土壌改消毒剤、土壌改良剤等を播いたり注入したりすることが
多いようです。

消毒剤は有用な微生物まで死滅させてしまう、
改良剤とは言ってもバランスが崩れて結局他の菌その他が多くなるなど
バランスを崩して他の改良剤消毒剤をしようすることになる、
等の理由で当園では使用していません。

樹があった「その場所」には苗木を植えない、
下草を刈らないようにして自然の営みに任せる、
せいぜい大豆を植えて地力を上げる、
ということで対処しています。
posted by ナッツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業

蕾〜品種による違い

ジョナゴールド
14.05.06蕾ジョナ.jpg










ふじ
14.05.06-蕾ふじ.jpg










ジョナゴールドの方が、
早くから周りにある「側花」が「中心花」から離れ、
 因に、開花してからもジョナは側花が中心花から大きく離れてます
蕾の時のピンクが鮮やか(赤みが強い)です。

大まかに言うと、
蕾の時はピンクで咲き切ると白、
と言えますが品種で微妙にでも明確に特徴があります。
posted by ナッツ at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年05月05日

開花に向けて(5/1→5の変化)

5日は6時に畑に到着。

伐採木の根抜きと苗木植え付け用の穴堀りの為に
「油圧ショベル」が9時に到着するので、
その準備の為に2時間半睡眠で頑張ってやって来ました。

伐採木に目印のピンク色テープを結んだり、
苗木植え付け場所を決めて、其処に支柱を立ててピンク色テープを結びます。

樹間が大切なのはもちろん、
作業効率上、樹はなるべく整列していた方が良いので、
植え場所はとても重要です。

その作業はさておき、
花の蕾は、予想通り開花に向けて着々と開いてきていました。

1日にせっかく撮ったにもかかわらず、
畑の小屋にカメラを置き忘れてしまったためアップ出来ないでいた分も
一緒にご紹介します。
全て、これまでご紹介したのと同じ花を撮影しています。

先ず「ジョナゴールド」
5月1日午前
14.05.05-0501am.jpg










1日午後
14.05.05-0501pm.jpg










5日(正午前)
0505-ジョナ.jpg










続いて、つがる。
5月1日、「つがる」1
14.05.05-0501つがる1.jpg










「つがる」2
14.05.05-0501つがる2.jpg










5日、「つがる」1
14.05.05つがる1.jpg










「つがる」2
14.05.05-つがる2.jpg










さらに「ふじ」
1日
14.05.05-0501ふじ.jpg










5日
14.05.05ふじ.jpg










最後に、園地および岩木山遠景。
5月1日
14.05.05-0501園地.jpg










5日
14.05.05-園地.jpg










地面は下草の緑色が多くなり濃くなってます。
樹は、葉一つ一つは小さいけれど、その一つ一つが着実に大きくなっているので、
全体的に緑が多くなっているのが明らかに感じられます。

同じ浪岡でも、場所によっては、開花が早い「王林」は「開花」していました。
当園でも数日後には王林が開花し、
ジョナ、つがる、ふじ系と開花しだすでしょう。
今年は例年よりも早いようです。
昨年は大雪+4月の低温で記録的に遅かったのに。

りんご栽培を初めて5年。
毎年毎年(初年度以外)、「例年」を大きく外れる年ばかりです。
posted by ナッツ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年05月03日

剪去枝の或る活用

27日に援農に来てくれた友人が、
持ち帰った剪去枝を使って「草木染め」をしてみた
と連絡をくれました。

細かく切った枝を煮詰めているところです
14.05.03-1.jpg













完成品
手前真っ白なものが染めてないもの、
淡いピンク調のものが染めたものです。
14.05.03-2.jpg













銀行時代の友人M君(ももう退社してますが笑)からは、
チップにして薫製をつくりたいから送って
との依頼が来ています。
(今はそれどころでないので、もう少ししたら発送します)

果実はもちろん枝の中にも農薬や、それ以上に肥料の成分が
蓄積されています。
完全無施肥・低農薬4年を終えた当園の枝は、
燃やしても臭いが若干違います。
出来上がった薫製もきっと美味しいことでしょう!

ところで、
2日始発新幹線で上京しています。
速読の出稼ぎで。
東京は半袖陽気です。

遅れていた剪定作業、
最後スパートかけて「一応」終わらせました。
でも、最後2日間は太めの枝を落とすという最低限の作業だったので、
4日最終で戻った後で追加作業しないとです。

5日には、早朝から油圧ショベルで伐採樹を抜いてもらい、
ついでに苗木を植え付ける場所に穴を掘ってもらいます。
約60本の苗木を植える予定です。
posted by ナッツ at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お客様の声

2014年05月02日

世間は狭い?!

或るお客様(元々友人、Oさん)から久々にメールが届きました。

中学校教師をしているOさんは、
担当している部活の大会があるためGWも連日練習とのこと。

同僚から、「此れ食べて元気出しましょう」と
ケーキと一緒に渡されたのが、なんと
夏堀農園 乾りんご!

その部分をメールから抜粋して転載しちゃいます。

「こっちは父から・・・カラダに良いですし、日本酒に合いますよ。」と
出されたものがなんと
夏堀農園の乾りんご

うわ〜〜〜!!!!!

どうして?
どうして夏堀農園知っているの?

その同僚のお父さんは
居酒屋さんを経営していて、飲み仲間の間では
夏堀農園の乾りんごが好評とのこと。
取り寄せをし楽しんでいらっしゃるんですって。

(抜粋終わり)

ビックリです。
えっ?! どういうこと?
とメールを読み返してしまいました。

世間は狭いですね〜
私の知らない処で
  (「取り寄せ」とありますが、私からは送ってないようで、
   自然食品店から購入していただいたのでしょうか)
乾りんごを気に入ってくださる人がいて、
その人と私の友人とが繋がっている。
面白いです。

なおかつ、
普通の発想にはない、お酒のアテにとは。
園主の嗜好が引き寄せるのでしょうか笑。

ご案内にあるように、
「白ワインに合います」というお客様の声もありました。

そして、友人がオープンした日本酒居酒屋
美酒の郷 りょう
でも吟醸酒のアテに乾りんごが出されています。
味にうるさい友人が「日本酒、特に吟醸酒に合う」と感じてのチョイスです。

皆さんも是非試してみてください。
また、新しい楽しみ方があったらご報告ください。
posted by ナッツ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お客様の声