2015年05月31日

毛虫類アレルギーの方はご注意ください

早いもので5月も今日で最後です。

27日、摘果作業中に遭遇しました!
15.05.31-1.jpg










何か判りますか?

虫が果実に頭?を突っ込んで食事中です 笑。
このタイミングは6年目で初めてです!

今年は、食害に遭って穴を空けられた実が多いかも、
と思っていた矢先の遭遇でした。

実の左側にも穴が見えますね、見事に貫通してます。
これは大切な中心果ですが、隣りの側果の下部も食べ跡が有ります。
気のせいか虫も立派に肥えてるような…

この時期殺虫剤を散布してない当園ならではの写真でした。
posted by ナッツ at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2015年05月30日

菖蒲がきれいです

26日に菖蒲が開花しました。
紫や紺の花が好きなので師匠の斉藤氏の畑から株分けさせていただいて
3回目の開花です。

今年はやはり今までで一番早いです。
昨年は5月29日、一昨年は6月10日でした)

26日3時頃です
15.05.30-1.jpg













早朝、散布作業開始前にはまだ開いてなかったのが、
昼過ぎに見たら見事に開花していました。

アップで
15.05.30-2.jpg










2つの蕾もアップで
15.05.30-10.jpg










28日です
最初に開花したものはほぼ満開です。
15.05.30-3.jpg










蕾も開いてきました。
15.05.30-4.jpg










そして昨日29日は(逆方向から撮影)
15.05.30-5.jpg













3つの花が咲き並びました!

最初に咲いたものをアップで
15.05.30-6.jpg










よ〜っく観ると、花が上下に2つ有りますね。
後で咲いたものと比べると良く判ります。
15.05.30-7.jpg










咲いている花の脇に蕾が有りますね!

実は最初に咲いたものにも蕾は有ったのです。
適当なアングルの写真が無くて申し訳ありませんが、
28日の満開写真(今日の4枚目)をもう一度良〜っく観ていただくと、
上に立って見える花びらの裏に、微かに蕾が見えます!

菖蒲は二つの花が前後して咲くんです。
一昨年、自分の畑で咲くのを観て初めてしりました。

園地では、下草も元気に育っていて、
処どころにこんな花も咲いています。
15.05.30-8.jpg










アップで
15.05.30-9.jpg










20日にはカッコーが鳴き始め、
(カッコーが鳴くともう遅霜は来ないと言われます)
今週からホトトギス、ホオジロ、ウグイスの声も盛んに聴こえるようになりました。
もうすっかり初夏ですね。

摘果も急がねば!
posted by ナッツ at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2015年05月29日

第二回目散布完了

5月26日〜28日、第二回目散布を行ないました。

今回散布したのはこちら。
15.05.29-1.jpg













今回も殺菌剤だけにしました。
アブラムシやハマキムシ等、葉に害のある虫もいるのですが、良しとします。

成分が判るようにアップで
15.05.29-2.jpg










前回同様「混合剤」で、
マンゼブを主成分とした「2成分」です。
防除対象も同じで、黒星病をはじめ斑点落葉病、黒点病等々です。

薬剤成分「マンゼブ」は古くからある薬剤だそうで、
同じ薬剤を使うのは菌に耐性ができたりしないのか?
と思いましたが、それが無いから続いているのだそうです。

前回から15日経っているので、葉っぱが随分増えました。
その分散布する(消費する)薬剤量も園地全体で400g増えました。
ただ、前回ほど風が強くない時間が多かったので散布作業自体は楽でした。

それでも、一日の作業で、
合羽着て竿を持って散布している(歩き回って)のが正味5〜6時間、
途中のタンクに水を汲み上げ、薬剤添加、噴霧器にガソリン補充、
場所を替える際には80mのホースを一旦巻き戻す、
等々の作業を入れると一日6〜7時間合羽を着たまま動き回っているので、
結構な重労働です。

作業後には、近くの温泉に行きます。
ゴーグルやマスクをしてますが、
顔面完全装備ではないので顔などに掛かった薬剤を落とすのが主目的です。
もちろん、作業中1タンク終わる毎に、うがいと顔洗いはしてます。

掛かった薬剤を洗い落とす、汗を流す、そして気分転換。
でも残念なことに、身体を温めると体内に入った薬剤が身体を巡るのが
早くなってしまうので、洗い中心でお湯には一瞬浸かる程度です。

さてさて、今回は、この4月末に新装オープンした
花岡プラザ
のお風呂(もちろん天然温泉)に行きました(車で8分)。

いやいや、すっごく立派になっていてビックリしました。
15.05.29-4.jpg










15.05.29-3.jpg










以前はこんなでした。

外観も凄いけど、中はもっと凄いです笑。
しかも温泉350円!
こんど、ゆっくり入りに行くことにします。
posted by ナッツ at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業

2015年05月23日

王林危機です

元々3本しかなくて収穫量の少ない王林、
3本のうち2本が危機的です。

2本並んだ王林(5月3日撮影)。
左が普通のA君、右が弱って危機的なB君です。
15.05.23-1.jpg










A君アップで
15.05.23-2.jpg













B君アップで。
樹が弱ってくると葉っぱが小さく少なくなります。
この時期だと、花を沢山着けます。
15.05.23-3.jpg













やはり弱ってるC君
15.05.23-4.jpg










もう駄目かと思っていましたが、それなりに葉っぱが出てきてくれました。
5月18日の写真から。
A君とB君です
15.05.23-5.jpg










A君に比べると緑が薄いですが、B君もそれなりに葉っぱが有ります。
C君も同様です。
15.05.23-7.jpg










肝心の結実はというと、
B、C君は良くてこんな感じです。
多めに摘果して樹の負担を軽くしてあげます。
15.05.23-8.jpg










A君は
15.05.23-9.jpg










やはり違いますね。
肉眼ではもっと違っています。
摘果すると、
15.05.23-10.jpg










A君、B君が秋まで保ってくれることを祈ります。
今日これから始発新幹線で上京です。
来週は散布第二回目の予定です。



posted by ナッツ at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

完売のお知らせ

「りんご果汁」、「りんごティー」完売となりました。

果汁は例年に比べて沢山搾り、夏までに売れきれるか心配していましたが、
おかげさまで完売となりました。

新商品「りんごティー」も多めにつくりましたが、
最後ドドッと笑ご注文いただき完売となりました。
ティーとしても「優しい香りと味が…」等好評でしたし、
乾りんごとしてはもちろん、
サラダやヨーグルト、パスタに混ぜて、
更にはご飯に混ぜ込んで炊くなど、
幅広く活用していただきました。

ありがとうございました。

なお、「乾りんご」は未だ若干量ございます。


posted by ナッツ at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品在庫状況

2015年05月19日

「小さき声のカノン」

17日、先日ご紹介した「小さき声のカノン」を予定通り観てきました。

福島県二本松市と
チェルノブイリ原発事故の影響が残るベラルーシでの取材を軸に、
子どもを被曝や被曝による健康被害から守ろうとするお母さんたちの姿、
それをサポートする人たちが描かれています。

憤りと感動であっという間の119分でした。

憤り…
もちろん、この国の政府、文科省(学校)、御用学者へのそれ。

ベラルーシという前例があり、
福島でも小児甲状腺癌の子どもが117人(2015年2月12日公表)もいる
 〜因に2008年には0人〜
というのに、福島県や福島県立医科大では原発事故との因果関係を全面否定。

事故後、校庭の線量が高いにもかかわらず、
4月から通常通り新学期開始を通達する福島県。

ベラルーシで事故後からずっと子ども達を支援してきた女医の、
政府は何もしてくれない、
民間の人間や団体のネットワークが重要
との言葉が印象的です。

「NPO法人チェルノブイリへのかけはし」という団体のことを初めて知りました。
チェルノブイリ原発事故被災児童を日本で「保養」させる為に設立されたそうで、
代表の野呂美加さんのお話、表情がすてきでした。
福島原発事故後は福島県はもちろん関東からの児童を受け入れています。

子どもは特に、この「保養」「転地療養」の効果が高いそうで、
体内の放射性物質が半減するとのこと。

そう言えば、漫画「美味しんぼ」で話題になった
「鼻血」

安倍晋三をはじめとした政治家からはもちろん、
医師や放射線専門家たちからも「医学的に(科学的に)あり得ない」
と猛烈なバッシングがありましたが、

現実問題として、事故を境に
何もしてないのに鼻血が出る
ということは多くの人にあるのに。

「現実にある事実」の原因や理屈を究明するのが「科学」でしょ、
と思うのですが…
先駆的な研究ではなく後追いして「お勉強」してるだけの
「専門家」「御用学者」には、
自分の理解を超えることは「科学的じゃない」ということなのでしょう。

映画の中で、子どもに現れる自覚症状の例として
何人かのお母さんや子どものコメントがありました。

実は、私の知人の子供もそうです。
大抵、喉が痛い、ダルいがセットだそうです。

それにしても、原発、放射能被害については、
実に様々な意見がありますね。

この映画で「チェルノブイリへのかけはし」のことを初めて知り、
ネットで検索してみると、
この団体及び野呂氏への誹謗中傷が多いことに驚きました。
内容はともかく表現や言葉が汚いものが多いです…

いろんなことを考えさせられる映画でした。
でも考えるだけじゃなく行動しないと。
今年収穫したりんごを、
映画で出てきた「母レンジャー市場」に送ることにします。
posted by ナッツ at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感

2015年05月17日

今年第一回目の薬剤散布

一週間近く経ってしまいましたが、10日〜12日にかけて、
今年第一回目の薬剤散布を終えました。

春先の散布は、
(ふじの)展葉一週間後、開花直前、落花直後、落花15日後、
という具合に花(花芽)の状態を基準に散布時期があります。

開花も病害虫の成長も「積算温度」で決まってくるので、
見た目で解り易い花の状態を基準にしているのですね。

落花直後は、通常は三回目の散布時期ですが、
当園では第一回目です。

散布回数を減らしている当園でも、
この「落花直後」のタイミングは外せません。

春先でまだ病気の菌が活発でない時期にしっかり防除しておく
という防除効果はもちろん、
葉がある程度出てきてるうえに、
ちっちゃいけど結実していて、それだけに菌に根付かれ易い、
ので防除の必要性が高いからです。

ということで今年第一回目。
今年は初めて「アスパイア」という殺菌剤を散布してみました。

農薬らしくない名前と袋のデザインです。
遺伝子組換え種子も製造してるダウ・ケミカルの製品ですが…

15.05.17-1.jpg










適用病は、
モニリア病、黒星病、黒点病、赤星病、褐班病、斑点落葉病、うどんこ病
つまりは大方の病気です笑。

この製品には、薬剤が2成分入っています。
15.05.17-2.jpg










どちらも殺菌剤です。
この時期はこうした「混合剤」が、予防効果も治療効果もあるので有効とのことです。
例年は5月末〜6月上旬の散布時に「混合剤」を散布してましたが、
今年は春先暖かかったので、この時期から使用してみました。

このように、一つの製品に薬剤が2種類入っている場合、
散布は1回でも、農薬使用回数としては、2回(「2成分回数」)とカウントします。
農薬基準や当園の取り組みについてはWEBサイトをご覧下さい。

この時期は例年風が強いので散布に難儀するのですが、
今年は特に風が強くて苦労しました。
掛かり漏れが無いようにと思うと、
時間がかかるし、自分に掛かることも多くなります。

12日早朝に無事終えて、タンク洗浄など片付けも終えた後の岩木山です。
空(雲)の様子もすてきだったので、空も多めに写してあげました笑。
樹にはまだ、遅く咲いた花が残っています。
15.05.17-3.jpg










posted by ナッツ at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業

2015年05月05日

5/3の園地から

ご無沙汰しております。

その間に、王林は満開となり、
ジョナゴールド、つがるも満開に近づく程になっています。

どの品種も観測史上3番目に早い開花で、
平年よりも10日あまり早いそうです。
りんご農家はどこも、それでなくても春先はやることが多いのに、
剪定や(「展葉前」や「開花前」の)薬剤散布など、
開花までにやり終えなければならない作業をこなすのに大わらわです。

因に私は展葉前の散布は諦め、第一回目散布は昨年同様に落花直後とします。

さて、3日朝の様子です。
15.05.05-1.jpg










今年も蜂さんの写真を撮れました!
満開の王林にて(可愛いおしりでご挨拶)
15.05.05-2.jpg










中心花が満開のジョナゴールドにて
15.05.05-3.jpg










因にりんごの花は、
真ん中の「中心花」と周りの5つの花「側花(そっか)」で1ペアです。

同じくジョナゴールドにて。
こちらは、側花ももう少し開いてきています。
15.05.05-4.jpg










収穫期が遅い「ふじ」は開花も遅く、
このように樹や枝によっては咲き出したものもありますが、
15.05.05-10.jpg










まだ殆どがこんな状態でした。
15.05.05-11.jpg









多分今日あたり、満開となっていることでしょう。
好天の日が続くようです。
蜂さん、私の留守中に受粉宜しく!!

posted by ナッツ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子