2015年06月13日

第3回目散布終了

10日〜12日に第3回目薬剤散布を行ないました。

今回散布したのはこの2つです。
15.06.13-1.jpg










左側にあるの殺菌剤ユニックスZをアップで。
15.06.13-2.jpg










ユニックスZというのは商品名で、
薬剤成分は、「ジプロジニル」と「ジラム」の2成分、
それと界面活性剤等が半分以上であることが判ります。

防除対象は、前回同様
黒星病、斑点落葉病、褐斑病、黒点病等です。

今年は風の強い日が多く、
しかもその強さも大きいため、
どの農園・地域でも黒星病が例年より多いそうです。

当園はというと…
例年他園よりも多いですが、
やはり今年は例年以上に多いです〜焦

最初から予想できていたので、
これまで3回とも、「2成分」が入っている「混合剤」を散布してきました。
昨年や一昨年よりも「成分回数」が、よって薬剤使用量が増えています。

減農薬とは言っても、
「○割減」と決めつけのではなく、
天候や病害虫の発生状況を観た上で極力使用量を減らしていくようにと
考えています。

そう考えると、何も判らない初年度に、
よくもいきなり4割減でやれたものです。
何も知らない初心者だからできたことだと思います。
また、その経験が活きています。

さて、今回は殺虫剤「バイスロイドEW」も散布しました。
15.06.13-3.jpg










合成ビレスロイド系、つまりは、
除虫菊の成分を人工的につくった(化学式が酷似)薬剤です。

対象は、モモシンクイガ。

一昨年から顕著になり昨年大発生したシンクイムシの防除が
今年の最大テーマです。

モモシンクイガは、
農協等で配布している「防除暦」では6月中旬から防除対象となっていますが、
今年は例年よりも平均気温(よって積算温度)が高いので、
若干早めの散布としました。

10日早朝散布開始の予定が、
目覚めてみたら予想外の小雨で、風も9時まで強風の予報。
気が抜けてお気に入りの喫茶店で珈琲いただきながら読書して、
9時前にノコノコ出かけて行ったら雨で濡れた葉っぱは乾いていて、
風も微風で散布可能な状態。

前日に直ぐ散布出来るように準備はしてあったので、
慌てて1タンク散布。
終わる少し前から風が出だしたので、この日は1タンクで終了。

強風のせいもあって空(空気)がきれいです。
思わずパシャリ。
15.06.13-4.jpg










花岡プラザの温泉で汗を流し、遅めの昼食を食べた後は摘果作業。

夕焼け空の雲の形が面白くて撮りました。
15.06.13-5.jpg










「13日夕方から雨」の予報だったので、
11日には朝4時過ぎから14時迄ぶっ続けで散布作業して疲労困憊。
12日も朝4時過ぎから散布開始して10時過ぎに終了できました。

予報通り夕方雨がぱらつき、
夜から今日の朝までしっかり降ったので、11日に頑張って正解でした。
散布した薬は一旦乾けば余程の強い雨でなければ大丈夫だそうです。
そのための界面活性剤だとのこと。

因に、散布した薬剤の有効期間は通常2週間のようです。
雨で流れたり紫外線分解したりで2週間で薬効は消えるように作られているそうです。
年間散布可能回数や、収穫前何日前まで散布して良いか等も、
薬剤毎に提示されています。

今年は、雨は少ないものの、
前述の用に強風の為に薬剤の掛かり漏れやムラが避けられないので、
これまで2週間おきに散布しているのは、このためです。

散布作業で時間も体力も使ってるため、
摘果作業が予定よりも遅れてます。
posted by ナッツ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業

2015年06月06日

記録的な果実の成長

今年は3〜4月が暖かかったために開花が
平年比9〜10日早まりました。
どの品種も記録史上2〜3番目に早かったようです。

その後5月も、気温が高いだけでなく日照時間も長かったため、
果実の成長が、つがるとジョナゴールドが史上一番目、ふじが史上二番目
に進んでいるそうです。

私の感覚でも、2週間早い気がしています。
毎年(曜日に関係なく)19日に行なわれるご近所の神社の祭礼の
頃の大きさになっていると感じます。

ふじです。
摘果前
15.06.06-4.jpg










摘果後
私の親指の爪より一回り大きいです
15.06.06-5.jpg










風が強い日が多かった為、
スプレイヤーという乗用散布車で散布している方も薬剤が掛かり切らない箇所
がどうしても出てきて、黒星病が例年よりも発生しているそうです。

回数の少ない当園は当然(笑)黒星病が有りますが、
例年通りくらいでしょうか。
強風ならそれなりに丁寧に散布できる「手散布」の利点でしょう。

それにしても、虫たちは積算温度で産卵やふ化するので、
それ用の薬剤散布も前倒しで散布する必要があります。

昨晩、温泉で一緒になった知り合いのりんご農家の方曰く、
ここまで育てば実の大きさに関しては心配ないけれど、
こういう年は思いがけずに病害虫が大発生するから気が抜けない、
とのことでした。

ところで、5日は快晴でした。
15.06.06-1.jpg










右上の雲の形が面白くてもう一枚
15.06.06-2.jpg










湿度が低いせいか岩木山の樹々の緑が判るほどでした
15.06.06-3.jpg










posted by ナッツ at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2015年06月04日

この時期の定番

この時期、摘果作業をしていると時おり遭遇する
嬉しい住人、じゃなくて住虫さんです。
15.06.04-1.jpg










沢山あるテントウムシの中で、どうも
ナミテントウ
(の中の「黒地に赤4紋」タイプ)のようです。

テントウムシに関しては、昨年も幾つかアップしてますので、
ご覧下さい。
1
2
3
posted by ナッツ at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2015年06月02日

今日から6月

全国的に暖かい(暑い)一日だったようで、
青森県も各地で真夏日でした。

ただ、湿度が低かったため岩木山が一日きれいに観られました。

15.06.01-1.jpg










15.06.01-2.jpg










posted by ナッツ at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子