2015年08月26日

2015年度のご案内

「つがる」収穫期が例年よりも早まりそう、
と書きつつも、ご案内作成作業に着手すら出来ていませんあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

夏の暑さその他で農作業が遅れに遅れていて、
28日〜9月2日まで東京への出張なので遅れを少しでも取り戻したくて、
事務仕事(ご案内作成)を後回しにしてしまってます。

出張から戻ってから急ぎ作成いたします。
ご迷惑おかけします。
なお、価格や送料は昨年通りの予定です。

7時過ぎから降り出した雨が激しくなり、
予報では昼前まで雨が続くようなので、
車で20分近くかけて所川原市にあるマクドナルドにやって来て
(WiFi環境にあるのでマクドナルドは便利です)
撮り溜めていた写真でブログ更新をまとめて行ないました、ホッ。

そろそろマクドナルドにさよならして畑に戻ります。
posted by ナッツ at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業周辺

夏の終わり、秋の気配

蝉のうるさい位の鳴き声一色だったのが、
夕方にはコオロギ系の虫たちの鳴き声も混じるようになり、
日中でもコオロギ系の鳴き声が聴こえるようになりました。

蝉もまだまだ負けじと鳴いていますが、
蝉の鳴き声が、アブラゼミからツクツクホーシに変わって来ました。

薬剤散布後、散布時に着た合羽をハンガーに陰干ししていると、
直ぐ近くで蝉の鳴き声が、空気を震わせる程に強くて…

車からカメラを持って来て鳴き声を頼りに探すと、
居ました!居ました!

15.08.26-11.jpg










やはり逆さまは居心地悪いのか、移動しだしました。
15.08.26-12.jpg










こちらからも聴こえるゾ、と見ると
居ました!
15.08.26-13.jpg










「ツクツクホー」という鳴き声で探したのですが、
見た目はやはりアブラゼミですね笑。
声の主は何処か近所にいるのでしょう。

そうしてる間に先の蝉は更に進んでました。
15.08.26-14.jpg










アップで
15.08.26-15.jpg










気が済んだのか、今度はバックしだしました!
蝉も後ずさり出来るんですね(当然か)
15.08.26-16.jpg










更に後退
15.08.26-17.jpg










見とれているうちに、支柱に居た蝉に仲間が増えてました笑
15.08.26-18.jpg













散布作業が終わった安堵感から、
のんびり蝉を観察撮影しちゃいました。
posted by ナッツ at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

何の花でしょう?笑

先ず問題です笑
写真を2枚
15.08.26-8.jpg










蕾が開いた頃はこんな
15.08.26-9.jpg










ヒント1 
野草ではありません

ヒント2
15.08.26-10.jpg













そう!
苗木周りに播いた枝豆の花です。
何となく可憐な感じがします。
私の好きな紫系です笑。
posted by ナッツ at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

第6回薬剤散布終了

24〜25日に第6回目の薬剤散布を行ないました。
今年の散布はこれで最後です。

今年の病害虫防除の最大のテーマ、
昨年大発生したシンクイムシの被害は今のところ目につきません。
暖かい日が多かった等の気候にも留意して適期散布に心がけた
おかげと思っています。

なので、「今年はもう散布しなくていいかな、他の作業が遅れてるし」
とも思ったのですが、
昨年が昨年だし、
長期予報では北東北日本海側は気温が平年並か高めで
シンクイムシがもう一度産卵ふ化する可能性がある、
と考え直して、最後もう一度散布しました。

今回はこの2種類
15.08.26-3.jpg










右の殺菌剤「フリントフロアブル」は前回と同じです。
左は殺虫剤「ダーズバンDF」。
モモシンクイガその他への適用があります。
15.08.26-4.jpg










袋裏面です
15.08.26-5.jpg










使用時期が「収穫2週間前まで」とありますね。
収穫が一番早い「つがる」でも2週間以上ありますが、
今回は、「つがる」へは散布しませんでした。

さらに、「つがる」に掛るのを極力避けるため、
それと隣接する(樹とまではいきませんが)枝への散布も止めました。

今年一年働いてくれた散布機材です。
15.08.26-6.jpg










奥が500ℓタンク、
手前左が噴霧器、
右がが80mホースとその先の竿です。

心臓部とも言える噴霧器をアップで笑
15.08.26-7.jpg









年間6回散布はこれまで最多タイです。
今年もご苦労様でした。
来年も宜しく!
posted by ナッツ at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業

今年の「つがる」収穫は早そう

今年の収穫期が例年より早まりそうです。

開花が例年比7〜10日早くその後も暖かかったこと、
7月は記録的少雨(干ばつ)でブレーキがかかったものの
7月末以降は雨も適度に降るようになり持ち直したため
のようです。

周囲のりんご農家では早いところでは収穫しだしていますし、
当園より若干南にあり例年どの品種も当園地域よりも数日早く収穫期となる
平川市のりんご園で、つがる収穫が始まった
と地元紙に載っていました。

当園地域では、多くの農家さんは「葉取り(葉摘み)」「玉回し(弦回し)」といった着色作業
を行なっています。

では、当園の「つがる」収穫発送は…
9月13〜5日頃かと思っています。

開花が例年比で数日早かった昨年が17日発送開始でしたから、
それより更に数日早いかと。

8月23日の当園「つがる」です。

15.08.26-1.jpg










15.08.26-2.jpg










支柱入れ(枝を補強すると共に陽が樹中に入るようにする為)
はしてますが、葉取りも玉回しといった着色作業すら未だですあせあせ(飛び散る汗)

それにしても、何故同じ地域でも当園は収穫が遅いのか?

一つは、当園にある「つがる」は古いタイプのものだからです。
「つがる」は、食味がとても良い早生種の代表品種ですが、
着色が悪い、熟期直前の自然落果が多い、(早生種一般の性格として)日保ちが短い、
といった欠点がありました。

そこで、早期着色する「枝変わり」つがるが幾つか登場しました。
今では多くの農園で栽培されている「つがる」はこの「着色系」です。
当園でも3〜4年前に2年生苗木で購入して植えたこのタイプが数本、
今年幾つか実を着けました。

ただ、この着色系は、
早期から きれいに着色しやすいく
熟期も従来のつがるよりも若干早い
のですが、
それだけに早く収穫してしまいやすいようです。
従来のつがる並の時期まで待てばもっと味が乗るのに…。

もう一つはやはり、
収穫後直ぐに直接発送なので、
その分きっちり熟度が上がってから収穫できるということですね。

また、当園のりんごは日保ちが長いようです。
(品種の違いというよりは栽培方法の為と思っています)
樹上完熟だと、日保ちの短い品種は、
「お客様が食べる頃には峠を越えてしまってる」
ことになりかねませんが、その心配がありません。

当園トップバッター「つがる」収穫発送まで、あと2週間ちょっと。
お楽しみに!
posted by ナッツ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子