2016年04月26日

苗木植え

遅れている剪定作業に追われる毎日ですが、
苗木植え付けもこの時期やる重要な作業です。

秋植えの方が根の活着には良いようですが、
青森のように雪害の多い地方では春植えの方が良いようです。

当園でも、先週21〜22日に苗木を植えました。

先ず、剣先スコップで植え穴を掘ります。
直径60センチ、深さ60センチくらい。
これが結構重労働です笑。
16.04.26-1.jpg










少しずつ土を埋め戻しては踏み固める、
という作業を何度か繰り返し、
(一気にやると深部の土の締まりが悪くて後々
 苗木が沈み込んだり水はけに不具合が出ます)
最後は、真ん中が少し高くなるように山型にします。
根が外側に適度に広がり易くするためです。
16.04.26-2.jpg










穴に苗木を入れ、やはり少しずつ土を入れては踏み固めていきます。
水はけ、保湿、苗木の沈み込み防止のため、
土がしっかり締まってることが重要です。

この際、脇から出ている枝の方向も重要です。
将来枝を伸ばして行きたい方角を念頭に置いて枝の向きを決めます。

植える深さは浅めにします。
深く植える方もいらっしゃいますが、
私は浅めに植えて幹回りは周りよりも少し高いようにします。
写真で判るでしょうか。
16.04.26-3.jpg










最後に、苗木先端を切り詰めて支柱を添え、
品種名と植え付け年を書いた札を掛けて完了。
16.04.26-4.jpg










そうそう、最後に大事な作業がありました。
水をたっぷりと掛けてあげます。
しっかり根付いてね、と声を掛けながら。

植え付けから毎日水をやります。
根付くまで、と思っているので、
芽が出る迄を目処にしてます(7〜10日くらい)。

園地内、あちらこちに植えてるので、
ネコ車(一輪車)に水タンクを積んで水を掛けて廻るだけで
30分以上かかってしまいます笑。
posted by ナッツ at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業