2016年05月28日

27日のつがる(今年の結実状況)

5月6日頃に開花したつがる。
今はこんなです。
16.05.28-1.jpg










成長具合はまずまずでしょう。

ただ、つがるは一般的に樹の寿命が短く、
元々園地にあったつがるは高齢だったため少しずつ樹が減り、
また残っている樹も勢いが落ちてきているのが気になります。

加えて、今年は、つがるに限らず全体的に
結実状況が芳しくないようです。

園地を見回りながら観たり、摘果作業をしていて感じるのは、
中心果が無いか結実が弱いものが例年より多い、
中心果に限らず結実出来てないか弱いものが例年より多い、
ということで、

参ったなぁ〜
開花後に暖かい日が少なかったからなぁ、
まぁ収穫は減るけど樹は休めるし
摘果作業も楽になるかな

などと思っていたところ、
先日お世話になっている資材屋さんで話しをしていると、
やはり、
マメコバチが飛ばない気候条件だったから…
という話を聴きました。

少なくとも浪岡地域ではそういう園地が多いようです。
(同じ青森県津軽地方でも1〜2日の開花日の違いや風向きで変わります)

因に、もう1巡目摘果を終えた王林は、惨憺たる状況です(申し訳ない)。

こういう状況だからこそ、
摘果作業で少しでも良い実を育てなければと思っております。
posted by ナッツ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子