2014年07月29日

第3回農薬散布スタート

昨日からスタートのつもりだった散布ですが、
夜中に降った小雨で葉や実がまだ濡れていたのと、
風が強かったのとで、
今日29日スタートとなりました。

園地内には、目に見えるものだけでも沢山の生きものが居ます。
摘果作業中や休憩中などに見かけます。

そうすると、殺虫剤を散布するのを躊躇っちゃいます。

確かに最近の殺虫剤は、
その毒性で何でもかんでも殺すというのではなく、
その作用から、
ターゲットとした虫(少なくとも虫のなかでも同類のもの)
を中心に効果がある(他の虫には効果が少ない)ように
出来ています。

でもやっぱり、躊躇いますね。

最近目にした生きもの達です。

きれいな緑色したカエル君。
14.07.29-1.jpg










今年はトンボの出現が早かったです。
14.07.29-2.jpg










野草の蕾に必至に(いや、上手に)掴まってる様がかわいいです。
正面から見ると、
14.07.29-3.jpg










ついでに、朝露とトンボ
14.07.29-4.jpg










毎日蝉の大合唱です。
摘果の為に樹の下に入ると、蝉が驚いて飛び出すので、
こっちがビックリしてしまいます。

蝉の写真は撮れてないので、脱け殻を
14.07.29-5.jpg










今年は、名前は知らないけれど、コイツが多いように感じられます。
14.07.29-7.jpg










カミキリムシ類を2枚
14.07.29-6.jpg










14.07.29-8.jpg









カミキリムシは、古木に穴を空けて卵を産むので、
人間からみると「害虫」になります。

邪魔者は完全に消せ!
となると生態系が崩れます。

「不要な生き物はいない」と考えたいですね。
人間も虫も草も。

でも、最低限の安定した収穫が無いと今の私には
りんご農家を続ける力がないので、
回数も濃度も低くして農薬をかけさせてもらいます。
ごめんなさい。

昨日、北陸と東北が梅雨明けしたようです。
今日は、早朝から昼過ぎ迄散布して、
合羽の下の服が搾れる程にビショビショなのはもちろん、
長靴の中も汗で水浸し。

作業後に長靴を逆さにすると、
250〜300ccくらい汗がジャーッと。

明日は更に暑くなって31度超の予報。
(大抵こういう場合、予報を上回ることが多い)
明るくなると同時に作業するつもりで、早く出かけないと。
もう寝ます。

posted by ナッツ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102024534
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック