2014年08月08日

ツユクサ特集

ツユクサは例年8月末〜9月最初に咲き出すと記憶しているのですが、
今年は7月上旬からチラホラ咲き出し、
中旬にはかなり咲いていました(もちろん8月に入った今も)。

暑い盛りにこの青色を見ると、
何となく涼しげな気分になります。
(元々、青〜藍色の花が好きだということもありますが)

そこで今日は、7月16日に撮った写真から一挙公開です!

他の草花に混じってチラホラと咲いてる場合もありますが、
群生しているところが多くあります。
これは、樹の幹周りに群生してるもの。
14.08.08-1.jpg










近くで観るとこんなです
14.08.08-2.jpg










更にアップで
14.08.08-3.jpg










2枚目の写真をもう一度観てみてください。
咲いた花の後ろに何やら蕾らしきモノがあります。

他の花で観てみると
14.08.08-4.jpg













横から観ると
14.08.08-5.jpg










葉を折り畳んだようなものの中、
突き出るように咲いている花の後方にもう一つ、
次に咲く蕾が控えています。

指で開いて中を覗いて観ました
14.08.08-6.jpg










未だ7月中旬ですから、蕾みだけのものも沢山あります。
14.08.08-7.jpg










こちらは、次に咲く花ももうスタンバイ出来ていました。
即ち、蕾が二つ!
14.08.08-8.jpg










このツユクサ、
朝咲いて昼前には萎んでしまうことが朝露を連想させることから
「露草(ツユクサ)」
と名付けられたという説が有力です。

次々と咲けるように、
一つの葉の中に二つの花が用意されているんですね。

posted by ナッツ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102241470
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック