2015年01月04日

運搬車の保護(雪対策)

12月13日には、
ブルーシートを掛けただけで畑で雪に埋もれている運搬車
の保護作業でした。

11日に運搬車からコンテナまでの約100mも除雪してもらったので、
あわよくば、空になったコンテナに収納できないか、と思いましたが、
早々に諦め。

12日から雪が降りっぱなしで新雪が約30センチ。
とてもとても…

作戦変更して、その場で一冬越せるようにしました。
保護のポイントは2つ。
1、雪で運搬車が潰れない
  特に弱いのは
  ・荷台の左右と後ろの羽(の接合部)
  ・ハンドル
2、エンジン

一昨年はこんなでしたが、
今年は、時間も木箱もそんなに無いので、
ここまで頑丈に囲わずに、
とにかく「雪が上に積もらない」ようにしてみました。

こんな状態からスタート(後ろから撮影)
見えてるブルーシートは荷台部分です(その上に雪が60センチ超)。
15.01.04-1.jpg










雪を退けていくと
15.01.04-2.jpg










荷台左右後の羽を倒した状態にして、
その上にコンパネを2枚敷くと羽に負担がかかりません。
その上で屋根(コンパネ)を斜めに掛けました。
15.01.04-5.jpg










コンパネ補強に下に支柱用の木材を2本掛けてます。
15.01.04-4.jpg










問題はハンドル部分です。
15.01.04-6.jpg










最初はこんな感じにしたのですが、
15.01.04-7.jpg










ブルーシートで覆う段になると上手く覆えません。
そこで、このように。
15.01.04-8.jpg










ブルーシートを掛けると、
15.01.04-9.jpg










後ろから見ると
15.01.04-10.jpg










この後、シートの裾をタイヤや雪を入れた林檎箱で止めて、
15.01.04-11.jpg










更にその上に雪を被せたりして補強し、
紐でも何周か結わえました。

数日後一回見に行って大丈夫でしたが、
その後行ってないんです。

明日5日は仕事始め。
冷蔵庫からりんごを倉庫に移送(2往復)し、
その選果作業を進める予定。

6日は最高気温が6℃まで上がるものの
7日からまた気温が下がって雪雪雪の予報なので、
6日日中は畑、夕方から荷造り発送作業と思っています。
posted by ナッツ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業周辺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/110105324
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック