2015年07月30日

第5回目散布終了&梅雨明け

26日に開始した第5回目薬剤散布、昨日29日に無事終わりました。

初日は風も少なく気温も最高で27℃くらいだったため捗りましたが、
その後は小雨模様だったり(28日は一日小雨で散布出来ず)、
何時降るか判らない状況では散布する訳に行かなかったりで、
足掛け4日掛かってしまいました。

一週間前から「これぞ梅雨」って感じでジトジトしていて、
モモシンクイガが産卵しそうな気候だっただけに、
手間取り過ぎたなという不安がありながらも一安心です。

今回散布したのはこの2種類です。
15.07.30-1.jpg










右が殺虫剤「イカズチ」。
商品名が農薬っぽくなくて、しかも絵がまた正しく雷(いかずち)。
笑っちゃいます。
15.07.30-8.jpg










薬剤成分をアップにすると
15.07.30-2.jpg










第3回目に散布した「バイスロイド」と同じ、
合成ピレスロイド系(除虫菊の殺虫成分を人工合成したもの)です。

今年の防除の重要課題は、
昨年大発生したシンクイムシ被害を抑えることです。
(実際には、これまで何度か書いたように、春先の強風の影響で薬剤の
掛かりムラがあって黒星病も多くなってますが)

シンクイムシ被害(モモシンクイガがりんご表面に産卵し、ふ化した幼虫
がりんご果実内に入り込んで食害する)は、
9月上旬、残暑が長ければ9月末〜10月上旬まであります。

果面に産卵してもそれがふ化しなければ被害は出ないのですが、
秋が温かいと、ふ化して果肉を食害するヤツが出てくるんですね。

昨年は10月に「ふじ」の玉回し作業をしながら
シンクイムシが果実から顔を出しているのを随分見つけたものです。

その頃に幼虫だったものは、りんごから土に落ちて、
土中で越冬して翌年5月末〜6月上旬に成虫(モモシンクイガ)となり、
6月中旬頃から産卵することになります。

今年は春先の気温が高かったので、
6月10~12日と「早めの」中旬に(第3回目散布)散布しました。

合成ピレスロイド系薬剤は光による分解が遅いため薬剤効果が長く続くそうなので、
晴の日が多く、収穫が一番早い「つがる」(9月下旬)の50日前のこの時期に、
合ピレ系をもう一度散布することとしました。

左にあるのは、殺菌剤「フリントフロアブル」。
使用説明書によると収穫前日まで散布してよいことになってます。
15.07.30-3.jpg













適用病は、黒星病、黒点病、斑点落葉病、褐斑病、輪紋病、炭疽病等。
ただ、大概の殺菌剤はこれらの病気が適用病とされています。

さて、
ここのところ雨の日が多くなったとは言ってもジトジト小雨で、
園地内にある井戸の水位はそんなに上がって来てないので、
全量、近所(車で2分くらい)にある利水組合の井戸水を使用しました。

近所に2ヶ所あります。
先ずその一つ。
15.07.30-4.jpg










500ℓタンクを2分くらいで満杯にできます。

もう一ヶ所。
15.07.30-5.jpg










当園園地のてっぺん近くにあります。
高台にあるため井戸が深く、水圧が先ほどのものよりも低いのが難です。
が、それだけに利用者が少なくて私はこちらの方が好きです。
水質も井戸が深い分良い気がします。

直ぐ近くに11月完成予定の井戸を建設中です。
15.07.30-6.jpg










汲み上げるモーターも大きいようなので、
今よりも汲み上げ圧力(速度)が上がりそうです。

ところで、29日、北東北も梅雨明けしたようです。
梅雨入りはかなり遅かったのですが、梅雨明けは平年並とのこと。
2〜7日のねぶた祭期間も天候に恵まれそうで良かったです。
posted by ナッツ at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/158141599
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック