2015年09月14日

つがる収穫 9月12日事実上完了

10日と12日の2回で「つがる」収穫をほぼ終えました。
あとホンの少し、着色の良くないものを残すのみです。

9日時点では10〜12日は小雨程度の予報だったのに、
10日朝になると、北関東や南東北に大災害をもたらした温帯低気圧の影響で
11日はまとまった雨になる予報に。

収穫間近に雨にあたると烈果するプルーンを急ぎ収穫しなければ、
と思いつつも、
つがる もそろそろ収穫時。

ご案内の作成や発送発信作業に一生懸命になっている間に
着色が随分と進んできています。

15.09.14-1.jpg










15.09.14-2.jpg










厄介なことに つがるは、
収穫期が近づくと自然落果が目立つのが特徴の一つ。
(素直に言えば、欠点 笑)

1枚目写真の下部ギリギリにも写ってるように、
樹の周りはこんなに落果してます。
15.09.14-3.jpg










こうして見ると大したことないようですが、
まとめてみると、こんなのが樹の周りに3ヶ所できる程です。
15.09.14-4.jpg










中には、ネズミやモグラ、狸が食べたモノも。
15.09.14-5.jpg










結局10日は、つがる収穫を優先することにしました。
プルーンも夕方から頑張って半分くらい収穫して日没終了。

さて、幸い災害になっていませんが、
青森も9月に入って半分は雨です(でもシトシトと所謂秋雨です)。
そのせいでしょう、最近よくカエルくんに遭遇します。
15.09.14-6.jpg










こういう場合、
静かに移動してもらったり
(脚立に上がってる場合はそうなります)、
遠慮してその実の収穫を後回しにしたりしますが、

枝葉で陰になって判らずに実に手を伸ばし、
驚いたカエルにおしっこ(?)を掛けられることもあります笑。
(これまで幸い、手や腕で、顔にはないです)

プルーンの残りは13日午前に雨の中、収穫し終えました。

合羽を着込んでの作業は、
根性無しの私としては珍しいことです 笑。
プルーン烈果の緊急事態ですから。

さすがに午後は、誕生日ということもあって、オフに。
温泉に入って温まり、大相撲初日をテレビ観戦、
その後は地元のお魚と郷土料理の居酒屋で優雅に独り酒でした〜。

その一部から
15.09.14-7.jpg










左上から時計周りに
ホタテ貝焼き、アワビ刺し、アンコウ共和え、(右下に移って)サンマ刺し
お酒は2杯目「豊盃」(一杯目は「亀吉」)(何れも青森の地酒)

最後はオモイッきり脱線してしまい、すみません。
今度は一緒にいただきましょう!
posted by ナッツ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163611225
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック