2011年10月04日

稲の天日干し

全国的に冷え込んでいるようです。
北海道東北、東日本の標高の高い山では初冠雪の知らせが続々。

青森でも、石油ストーブを使う程の寒さです。
被災地仮設住宅ではどうしているのでしょう。

避難所を出て仮設住宅に入ったものの、
収入(仕事)が無く、お金が無いために、
(仮設住宅に)クーラーが付いているのに使わずに我慢している方ばかりだった、
というのは有名な話。

ご存知かもしれませんが、福島の夏は暑いです!
今度は寒さです。

泥鰌(どじょう)が肚を決めて5年間凍結となりましたが、
公務員住宅と、突然奪われた被災者の「あたりまえの生活」と、
どちらが大事なのでしょう?
そもそも、首相が「肚を決める」程のことか?
こんなことでは、いくら肚があっても足らない!!

財務官僚に牛耳られ、
(片山前総務相も、財務政務3役が官僚作成文を棒読みしてたと暴露)
アメリカに追従し、
政権が欲しいだけで左派から右派まで混在している党内では融和策。
こんな議論する余地の無い事案でブレるのも無理ないけど。

いきなり脱線してしまい失礼しました。
さて本論。

9月15日に載せた田んぼでは、10日くらい前に稲刈りをして、
それを天日干しにしています。
P8260264.jpg










コンバインで一気に収穫してしまう農家が多い中、
このように手作業で稲刈り、天日干しをしている農家もいらっしゃいます。
後者が美味しいのは明らか。

機械化が全て悪いと言うつもりはありません。必要性も利便性もあります。
ただ、手間と時間をかけて、自然の力を借りて作業したものが、
「おいしい」という結果に結びつくというのは、
嬉しいというか、救われる気持ちになります。

食料の安定供給には機械化効率化も必要ですが、
「自然を相手にして」「食べもの」をつくる農業は、効率化ばかりではいきません。
農業分野で未だに「集約化」を唱えているのは、先進国ではアメリカと日本くらいのもの。
フランスは失敗を経験したうえで、脱集約化に取り組んでいます。
posted by ナッツ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業周辺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48322712
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック