2011年10月17日

ふじの葉取り・弦回しと、発送再延期お願い

急遽、木村秋則さんの手伝いをしているI氏が、今日明日の2日間、
ふじの葉取り・弦回しの助っ人に来てくださることになりました。

以前からお願いしてはいたものの、木村さんの畑での作業の進捗状況次第で、
不確定だったものが、今日明日と来ていただけることとなりました。

隣りの畑の、同じ9月13日生まれのO氏(年齢は一回り上ですが!)にも、
1日なら自分の畑を放っといても手伝ってやる、
と言っていただいており、涙が出る程ありがたいです。

I氏は、「発送作業があるなら自分一人でやってるから大丈夫」
と言ってくださりましたが、
作業は一人より二人でやる方が効率があがるものですし、

なによりも、
I氏と一緒に作業していると、
その作業を観ているだけで勉強になり、かつ、
普段疑問に思っていることを色々と教えていただけます。

以前書いた、収穫のタイミングを「地色」で判断する
というのもI氏から教わったものでした。

ということで、申し訳あません。
賢明な読者の皆さんはお察しかと思います。
出荷作業を延期させていただきました。

収穫済みのリンゴは、倉庫(リンゴ保管用に建てた蔵。真夏でもヒンヤリ)内に、
木箱に入れて保管してあります。
kura.jpg









高い所では空箱が10段積んであり、合計400箱以上あります。

今はジョナ等が入っている十数箱以外はまだ空ですが、
王林以降の収穫が始まると、
この他に畑に置いてある箱(9月27日「農作業周辺」)も加わって一杯になります。
1箱に60個前後、18~20キロのリンゴが入ります。

着色や熟すのを待っていた未収穫のジョナも、そろそろ収穫時です。
11.10.15jyona.jpg










未収穫北斗も、もうそろそろ。
やたかは、まだもう少しです。

リンゴの発送・到着を待っているお客様、申し訳ありません。
発送が更に1~2日遅れます。
収穫済みのものも、蔵の中で保管しているので、これで品質が落ちることはありません。
関東よりも遠方の方には、明日発送するようにいたします。

I氏に来ていただいて、その作業を観られる、
畑でリンゴの樹や果実を目の前にして、その疑問点をぶつけられる、
というのは滅多に無い機会なので、ご了承ください。

今日も、沢山のことを学ぶことができました。
多謝。
posted by ナッツ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48906806
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック