2011年12月08日

「干しりんご」完成(ノンラベル)

6日(火)、干しりんごができました。

自分で言うのもなんですが、
抜群に美味しいです。

hosi-rinngo10.jpg









袋の大きさ、分量が判るように隣りに文庫本を置いてあります。
因に、私の愛読書「鬼平犯科帳」です。

りんごの味が口の中に広がり、香りが鼻腔に広がります。
低温でゆっくりと水分を飛ばしただけですから、全てが濃縮されています!
農薬や肥料を使っていたら、それらも濃縮されてしまいますが、無肥料低農薬ですから!

見た目は少量でも、お腹の中で水分を吸って膨らみますから、
意外と腹持ちが良いです。

そのまま食べる、
料理(カレーやお菓子、パン等)に入れる、
さらに紅茶に1/4身くらい入れるとアップルティーになります。

さて、内容量に変更があります。
DMでは(先日ブログでも)30グラム/袋としてありますが、
20グラムとなりました。

市内お土産店を数店舗廻ってリサーチし、
「30グラムならこの大きさ」
と参考にして袋の大きさを選定したのですが、

それは、カリカリに乾かした(もしかしたらフリーズドライ?)、
うちの商品で言えば、1枚の果肉が3つくらいに割れたものばかり
の商品でした。

うちの場合、
基本的に輪切りにスライスしたものそのままに乾かし、袋詰めするので、
同じ大きさの袋に20グラムしか入りませんでした(1〜2グラム増量してます!)。
それでも、りんごは一寸窮屈そうです。

畑では雪が少し積もってますが、
諦め悪く、まだ畑で作業しています。
腐乱病手当てをしたり、苗木のプロテクターを補強したり、
秋に使った支柱を仕舞ったり…。

そんな訳でラベルが未完成のままでした。
急ぎラベルを完成させます。

posted by ナッツ at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業周辺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51539013
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック