2012年03月05日

嬉しい、外部からのブログ訪問者

4日(日)に、当農園のお客様ではない方からコメントを戴きました。
「サンデーモーニング」で映画「イエロー・ケーキ」が取り上げられているのを
きっかけに検索し、うちのブログに辿り着いたそうです。

確かに、ブログ管理ページで「検索ワード」をみると、
イエロー・ケーキ、ナミビア、ウラン、ウラン映画、
というワードで検索して、うちに来ている人が数人。

私は普段テレビを観ませんが、やはりテレビの影響力は大きいです。
この映画がテレビで紹介されて興味をもつ人が少しでも増えてくれたことは、
とても嬉しいです。

ところで、このブログは何のために書いているのか。
改まって書くのは形式張っていて、
それこそ「ブログらしくない」ことになりそうですが、
少し書いてみます。

対象は、
当農園のお客様、およびお客様から当農園のことを聞いて興味をもった方です。
後者は、実際には、職場等で林檎を分けてもらったりお裾分けしてもらった、
会話の中で話題になった、娘から聞いた等々、多種多様にあります。

そうした方々は、基本的に無(低)農薬栽培等に関心のある方々です。
ただ、私もそうでしたが、実際にどのような作業をしているのかは
知らないことが多いです。

そこで第一の目的は、
農作業について紹介する、ということです。

無肥料低(無)農薬栽培についてはもちろんですが、
農作業一般(慣行栽培)についても知っていただきたい。
慣行栽培の方々も、消費者のこと、食の安心安全を考えていないわけではありません。
私なんかも、勉強になることが沢山あります。

また、
時には作業の辛さ、天候による被害について書くので、
「こんなに大変なんだよ」
と訴えているようにとられることもあるかもしれませんが、

私としては、そういうことよりも、
自分たちが食べているモノが、どのように育てられているのか、
そこには自然と作物と栽培者のいろんな関わり合いがある、
という作物の背後にある眼に見えないものを知って食べていただきたい。

そうしたら、「食べる」ということがもっと豊かになると思いますし、
「値段」に納得していただけるのではないかと思っています。

これは、私の農園のリンゴだけの話ではなく、
他の農産物、そして水産物についても言えることだと思います。

実はこれが第二の目的です。

三番目は、第一の目的と似てますが、
作業というよりも、「農園そのものの様子」も知っていただきたい。

言うまでもなく、リンゴの樹は園地全体の一部です。
だから、無肥料なり低(無)農薬でリンゴが育つということは、
園地全体がどうなのか?
ということと密接に関わっています。

そして第四に。
世話をしている夏堀って、どういう人間なのかを知っていただく。

私も園地環境の一部です。
私がどういう人間で、どういう体調で、どういう気持ちで
リンゴ及び園地を世話しているのかは、とても重要な要素です。

私を直接知らないお客様も結構いらっしゃいます。
せめてブログの文章や写真を通して、私というものを知っていただき、
できれば信頼していただければ幸いと思います。

結局、長く、そしてクドくなってしまいました。
そんな人間です、スミマセン。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。



posted by ナッツ at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54301099
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック