2012年03月25日

大好きなラジオ番組の終了

農作業中はラジオを聞かない私ですが、
休憩中や移動中の軽トラの中ではラジオを聞きます。

好きな番組は、NHKラジオ第一の
ラジオビタミン(平日午前)
いのちの対話(年数回、祝日に放送の特別番組)
「関西土曜ほっとタイム」内の川柳コーナー(土曜3時頃)
ラジオ深夜便(深夜よりも、夏期の早朝4時台)
等々

その中で、
「ラジオビタミン」と、「いのちの対話」
がこの春の番組編成変更で終了してしまいました
前者は4年、後者は特別番組とはいえ9年続いた番組だそうです

どちらも村上信夫アナウンサーが担当の番組で、

いのちの対話は、
鎌田䔈氏(諏訪中央病院名誉院長、「がんばらない」著者)とゲストとの対話番組

ラジオビタミンは、
元「おかあさんといっしょ」のお姉さん、神崎ゆう子さんとの絶妙な掛け合い、
その神崎さんのすてきな声、
各界の方々への「ときめきインタビュー」(ナルホド、と感心させられることが多い)
が好きでした。

このブログでも
ときめきインタビューでの金田明夫さん
のお話や
ミシェル・ポルナレフ小さなな木の実
を、ラジオビタミンがきっかけで購入しましたことを触れました

とても残念ですが、これも仕方のないことなのでしょう。

震災をきっかけに、ラジオが見直されているようです。
どの世代も楽しめる、和める、説教じみずに元気になれる、
漠然としてますが、そんな番組が増えて(減らずにいて)くれたらと思います。

posted by ナッツ at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業周辺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54620965
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック