2012年04月13日

見直し剪定作業

雪融けが急ピッチで進んでいます。

剪定作業も2〜3巡目に入っています。

2月下旬〜3月上旬に剪定した樹では、
雪で隠れていた枝が多かった、
シーズン最初で私自身の「剪定技術」が今より拙かった、
という事情から、手を入れなおす作業量が多いです。

ここ2年の経験、
書籍や昨年までの自分のメモの見直し、
今シーズンになってからの斉藤氏、隣り園地O氏からのアドバイス、
等のおかげで、
私の剪定技術も、少し向上したと思います。
このシーズン中でも随分向上しました。

頭で判ったつもりでいても、いざ実践するとなると思うように行かない、
というのは何でも同じですね。

実際に向かい合う樹の状態は皆違うし、
前の持ち主の癖がついたものを自分のイメージする型にするのは
応用問題を超えて発展問題に相当します(基本問題レベルの力しかないのに)。

「とにかくやってみる」精神で、剪定しています。
10年一生懸命やれば、少しはモノになるでしょうから。
posted by ナッツ at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55256236
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック