2012年12月12日

苗木の雪囲い

昨日午後から、青森はまた大雪です。
畑まで車で行くのは昨日が最後になりそうです。
そんななか、昨日、苗木の雪囲い、若木の幹の雪囲いが完了しました。

苗木の雪囲いを写真でご紹介しましょう。
12月4日の無農薬園地での写真です。
12.12.12-1.jpg













まだ雪が(何度か降っては消えて)完全に積もる2日前のものです。
因に、何度か降っては消えて、しまいに消えずに積もり続けるようになった状態を、
「根雪(ねゆき)」と言います。

昨年は、ねずみ対策としては、農協で購入したプロテクターを装着するだけでした。
(昨年の様子は、こちら

今年は、昨冬の反省から、かなり高い位置まで、
完全にシートで覆ってしまうことにしました。

積雪がプロテクターより高くなると、
無防備な幹を容易にかじられてしまう、
さらには樹とプロテクターの隙間からネズミが入り込み
広範囲にわたってかじられてしまう、
ということが判ったからです。

使ってるシートは、反射シートを樹に合わせて切ったものです。

ここまでやってる人は、近隣では観ません。
素人(駆け出し)は、「これくらいでいい」という常識が無い分、
大変でもやっちゃうんですね〜 笑。

無農薬、低農薬、合わせて100本以上全部を
こんな感じで一人でやっちゃいましたもんね。

少し引いて、全体の様子をみると、こうです。
12.12.12-2.jpg










こんなことやっているから、発送作業が遅れに遅れて…
申し訳ありません。
これをやっておかないと、将来皆さんにお届けするりんごの為ですので、
お許しください。

途中、こんなものを見つけました。
12.12.12-3.jpg













カマキリの卵です。
3ヶ所で見つけました。

子供の頃、野原で見つけたものを穫って来て、
空き箱に入れて暖かい部屋に置いといたら冬の間に卵から孵って、
部屋中にカマキリの赤ちゃんが!
ということがあったのを思い出します。

今日は、発送作業に専念します。

そして、先日ご紹介したように、
大田区立消費者生活センター 2F での「モンサントの不自然な食べ物」
の上映会の日です(14時から)。
posted by ナッツ at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60699113
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック