2013年02月22日

連日の雪と低温

先日、雪が好きと書いた後1日穏やかな日がありましたが、
連日どかどか降り続いています。
出かける時と帰宅時、一日2回の雪かきが日課になってます。

全国ニュースでも、
青森の酸ヶ湯温泉が観測史上記録を更新中などなど
放映される程で。

市街地は記録的な大雪だった昨年程ではないのですが、
酸ヶ湯は昨年以上なのですね。

酸ヶ湯温泉は、全国有数の豪雪地帯ではありますが、
地元の人間にとっては、
八甲田山系の一部だから豪雪は当たり前なんですけどね…。

むしろ、地方気象台がある都市では日本一の豪雪地帯である
青森市をアピールしてよ!と思っちゃいます。

もちろん山間部や極地方ではもっと降る所が沢山ありますが、
気象台がある人口30万人レベルの市で、
これだけの降雪があると、
市民の生活や経済活動への影響は大きいです。

強く吹雪いてる時なんか、車で走っていて前が見えなくなります。
1シーズンに事故を何件も目撃します。
 寒冷地の自賠責保険料って同じなんだろうか?
 とか余計なこと考えちゃいます
自分自身も冷やっとすることは何度かあります。
 実際に事故になるのとの境目は小さい、運もあるなと思います。

りんごの出荷に関して言うと。
いつも自分でヤマト営業所に持ち込んでいますが、
大雪や吹雪の時には、「時間指定不可能」となります
(一応、時間指定シールを貼りますが、「参考」扱い)。

さて、今日はジュース加工第3回目のパート2。
昨日夕方のうちに加工場に持ち込んでしまいました。

5箱(りんご約18キロ入/箱)単位で持ち込むと、
自分ところのりんごだけで搾ってくれます。

朝一番だと、前日丁寧に洗浄した機械で搾りますから、
他のリンゴの影響が最も無い。

ということで、何時も朝一番に持ち込んでいるのですが、
この雪の中で早く行くのはシンドイ(し、何があるか判らない)
ので、昨日の加工作業終了後に邪魔にならないように置かせてもらいました。

気温も、連日最高気温がマイナスの真冬日!
市内の比較的穏やかな地域にある気象台発表でもマイナス3〜4℃。
国道沿いにある電光温度表示では、
昼間でもマイナス3〜5℃、21時頃にはマイナス6〜8℃です。

倉庫内よりは温かい加工場に持ち込んだのは、
りんご凍結防止のためでもあります。

最後に、
今朝の自室の窓からの風景です。
13.02.22.jpg












posted by ナッツ at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 青森紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62781298
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック