2014年05月05日

開花に向けて(5/1→5の変化)

5日は6時に畑に到着。

伐採木の根抜きと苗木植え付け用の穴堀りの為に
「油圧ショベル」が9時に到着するので、
その準備の為に2時間半睡眠で頑張ってやって来ました。

伐採木に目印のピンク色テープを結んだり、
苗木植え付け場所を決めて、其処に支柱を立ててピンク色テープを結びます。

樹間が大切なのはもちろん、
作業効率上、樹はなるべく整列していた方が良いので、
植え場所はとても重要です。

その作業はさておき、
花の蕾は、予想通り開花に向けて着々と開いてきていました。

1日にせっかく撮ったにもかかわらず、
畑の小屋にカメラを置き忘れてしまったためアップ出来ないでいた分も
一緒にご紹介します。
全て、これまでご紹介したのと同じ花を撮影しています。

先ず「ジョナゴールド」
5月1日午前
14.05.05-0501am.jpg










1日午後
14.05.05-0501pm.jpg










5日(正午前)
0505-ジョナ.jpg










続いて、つがる。
5月1日、「つがる」1
14.05.05-0501つがる1.jpg










「つがる」2
14.05.05-0501つがる2.jpg










5日、「つがる」1
14.05.05つがる1.jpg










「つがる」2
14.05.05-つがる2.jpg










さらに「ふじ」
1日
14.05.05-0501ふじ.jpg










5日
14.05.05ふじ.jpg










最後に、園地および岩木山遠景。
5月1日
14.05.05-0501園地.jpg










5日
14.05.05-園地.jpg










地面は下草の緑色が多くなり濃くなってます。
樹は、葉一つ一つは小さいけれど、その一つ一つが着実に大きくなっているので、
全体的に緑が多くなっているのが明らかに感じられます。

同じ浪岡でも、場所によっては、開花が早い「王林」は「開花」していました。
当園でも数日後には王林が開花し、
ジョナ、つがる、ふじ系と開花しだすでしょう。
今年は例年よりも早いようです。
昨年は大雪+4月の低温で記録的に遅かったのに。

りんご栽培を初めて5年。
毎年毎年(初年度以外)、「例年」を大きく外れる年ばかりです。
posted by ナッツ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95494373
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック