2014年05月19日

枝焼き、根焼き

19日は早朝から第一回目農薬散布をする予定でしたが、
諸々の事情で明日からに延期。

不十分だった枝や根の回収を進めました。

今年は18本の樹を伐採したので、
当然ですが18個もの「根」があります。

根は、
焼却場に運ぶのに重い、
燃え難い、
と結構手こずります。

それでも今日は途中から気合が入ってきて、
ドンドン根を焼却場まで運びだして焼きました。

14.05.19-8.jpg










燃え難い「根」を焼くには、
火力が強くて長持ちする太めの枝と一緒に燃やす(上に載せる)、
特に大きい根は一回で焼こうとせずに先ずは周りに置いて乾燥させてから
後日に本格的に焼く、
等々、自分なりの「コツ」を掴んできています。

さて、枝を回収している時にこんなのを発見。
写真中央辺りを良〜く観てください。
14.05.19-9.jpg









アップで観ると
14.05.19-10.jpg










鳥が巣をつくって卵を産んでいました。

他の園ではもうとっくに剪去枝は整理してあるこの時期。
低い処にでも巣づくりをする鳥が、
これ幸いと巣を作っちゃったんですね。

結構沢山の枝を集めてあった箇所なのですが、
其処は丸ごと手つかずで残しておくことにしました。

暫くは、
意識して此処には近づかないでいてあげようと思います。

…でも、
親鳥が警戒して放置してしまってないか、
卵はかえったか、
とっても気になります。
posted by ナッツ at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 農作業
この記事へのコメント
お久しぶりです!こちらはリンゴの薪ってのをたまにみかけますよ。EU出身のお友達ができて、ドイツのリンゴと赤キャベツと栗の酸っぱい煮物とか、地下にリンゴ蓄え年中食べるんだとかいろいろ面白い話が多いので、また連絡しますね(^∇^)
Posted by いしかわ at 2014年05月24日 03:25
アメリカからのコメント、ありがとうございます。このブログもインターナショナルになってきました笑。

りんごの木は火力が強くて長持ちします。農家の方々はきちんと整理して自宅の薪ストーブに使用しています。

地下室に林檎を蓄えて年中食べるなんて、ドイツっぽい。
インターナショナルな話題、お待ちしております!
Posted by 夏堀 at 2014年05月29日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/97021645
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック