2016年08月13日

つがる色着きはじめてます

特に西日本では連日の猛暑、お見舞い申し上げます。
そしてリオオリンピックも「熱い」です笑。

昨日12日から東京に速読で出張に来ています。
青森に比べると湿度がやはり大違いですね。
(青森の「名誉」(笑)のために言いますと、
 青森もほぼ連日真夏日で、35℃超えも2日ありました!)

さて、表題のつがるの様子です(11日)。
16.08.13-1.jpg










気の早いものはこんなです
16.08.13-2.jpg










日射しの強さで、りんごも日焼けしてるものもあります。
16.08.13-3.jpg










この程度は問題ないのですが、
あまり酷いと其処から傷んでしまいます。

お盆までに終わらせたかった見直し摘果作業が未だ未だです。
作業中にこんなモノを見つけました。
16.08.13-4.jpg










鳥の卵。
一個だけ、しかも巣ではなく枝の上に引っかかってる状態です。
巣から落ちたのかもしれませんが、近くに巣も無い様子。
鳥がくわえてきて落とした?
謎の卵ですが、いずれにしろ今の時期ではもうふ化しませんね。

リオオリンピック、感動の連続ですが、
カヌーで日本人初のメダリスト、羽根田選手に感動しました。
メダル獲得が決まった瞬間、
その後のインタビュー、
そして高校卒業後にカヌーの為にスロバキアに留学という生き様…
posted by ナッツ at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2016年07月16日

卵のその後

先日書いた写真を撮ったのが7日。
卵がその後どうなっているのか気になっていながらも、
頻繁に覗き込んだら親鳥を警戒させてしまうと遠慮
していましたが、
15日、もう良いかと思って覗いてみました。
16.07.16-1.jpg










卵はもう有りません。
ふ化してもう巣立ってくれたことを祈ります。

15日も風がやや強いものの湿度が低く、過ごし易い日でした。
岩木山の樹々の緑も判る程でした。
16.07.16-2.jpg










今日はN君家族が東京から青森に遊びに来ます。
posted by ナッツ at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2016年07月14日

新しい生命

摘果作業のお手伝いに来てくれていたKさんが発見。
16.07.14-1.jpg













りんごの樹の主枝の上、他の枝で保護されている(隠れている)処に
小鳥は巣をつくります。

アップで
16.07.14-2.jpg













毎年この時期摘果作業をしながら1回くらいお目にかかりますが、
今年はKさんがヒット!

小鳥が巣を作るのは樹の枝ばかりではありません。
周りから隠れていればこんな処にも。
16.07.14-5.jpg










ナント、ヨモギの群生の中です!
こちらはもう卵はふ化してしまったのか、巣の中は空です。

場所によってはヨモギが私の背丈くらいに伸びてきたので、
そういう箇所だけ刈っていたら、発見しました。

剪定して落とした枝を集めた中に見つけたこともありましたが、
ヨモギの中は初めてです。

どれだけ伸ばしてんだ!ってことですが、
背丈が高い処はこんな感じです。
16.07.14-3.jpg










軽トラの屋根の高さくらいあります。

苗木がヨモギに埋もれてしまっている処もあります。
陽当たり、風通しが悪くなるし、
りんごの根とヨモギの根は相性が良くない
(りんごの根の発育に良くない)
という話を読んだこともあるので、
やはり刈りました。
16.07.14-4.jpg









ヨモギ絨毯です。

最後に、鳥の巣は、この摘果作業時に見過ごしたものを
秋口に見つけることもあります。
過去のブログから(12)。

今日は一日雨。
珍しくこの時間の更新です。

摘果作業一巡目がまだ終わってない悲惨な状況なので
合羽着て頑張りたい気もしますが、
普段早朝から日没近くまで畑に居っぱなしなので、
こういう時は雑用や事務仕事をすることにします。
posted by ナッツ at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2016年07月12日

爽やかな初夏

全国的に猛暑日、真夏日の処が多いなか、
青森は最近、申し訳ない程に清々しい初夏の気候です。

おかげさまで、遅れている摘果作業もエンジン全開で頑張ってます。

そう言えば、アベノミクスもエンジン全開らしいですね。
勝ったとたん、其れより先に、
参院選では争点外ししていた憲法改正への動きを見せてますが。

話しを戻して、11日の岩木山です。
16.07.12-1.jpg










湿度が低く風も適度にあるため、くっきり見えます。

トンボも飛び始めました。
16.07.12-2.jpg










私の好きなツユクサも処どころで咲き出しました。
16.07.12-3.jpg










16.07.12-4.jpg










これから次第に増えて、
9月まで楽しませてくれます。

気象庁の決まり文句で耳にタコですが、
水分をこまめに摂って体調管理なさってください。

先日ラジオで「私のおススメ納涼法」として
タオルで巻いた保冷剤を首に巻くというのが紹介されていて、
ナルホドね、と思いました。
(「何を今更」と言われるかもしれませんが…)

posted by ナッツ at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2016年07月11日

珍客

軽トラ運転席周りを拭き掃除していると、
遠くに何やら動くものが…

急ぎ鞄からデジカメを取り出して撮影
16.07.11-1.jpg










猫です。
ゆっくりとこちらに向かって歩いてきます。
16.07.11-2.jpg










車内に私が居るのが判っても、
時々立ち止まって様子を伺いながら軽トラの処まで来てしまいました。

これまで何度か、おそらく近所の園地の方が飼っている猫を園地内で
見かけていますが(白と黒)、
この猫は初めてです。

丁度数日前に、お世話になっているSさんから、
私が猫を飼おうかなぁ〜と言っているのを思い出し、
「生まれたばかりの子猫がいるんだけど、どお?」
と電話をいただいたばかりのタイミングなので少しビックリです。

この猫、
警戒させないように軽トラから出ないでいると、
何度も後ろを振り返ながら違う方向に歩いて行きました。

畑に動物が居るっていいですよね。

元来犬派の私。
犬を飼いたいと思っていましたが、
猫も10年くらい前から好きになり、

数日間不在にすることがある、
畑のネズミ対策になる、
という事情から猫の方がいいかな?
などと思っているのですが、
(2度も観に行った岩合光昭氏の
  「ふるさとのねこ」の影響もあります笑)
中々決断できずにいます。

「まだ親元を離れるには1ヶ月近くかかるから、
其れまでに観に来てみたら」
と誘われてるけど、
「観たら飼いたくなっちゃうよなぁ」
と思いつつ逡巡している今日この頃です。

posted by ナッツ at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2016年07月10日

季節外れの開花

なんと、この時期に咲いてる花を発見。
16.07.10-1.jpg










5日に薬剤散布中に見つけ、散布後にわざわざカメラもって撮影しちゃいました。

腐乱病で弱り切った枝に咲いています。
樹が弱ると季節外れに花が咲くことがあります。
既にそれなりに成長した実や葉、背景の下草と、花との取り合わせが
アンバランスです。

最後にアップで。
16.07.10-2.jpg










今日は参院選投票日。
仕事の後で夕方に投票する予定です。
posted by ナッツ at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2016年06月13日

りんご畑にキノコ

畑には、実はいろいろなキノコが生えています。

16.06.13-1.jpg










腐乱病の手当ての為に巻いた泥(土)の合間を縫って生えてきたキノコ。
ヒラタケに似ていて食べられそうです笑。

アップで。
16.06.13-3.jpg










腐乱病箇所には、この種類のキノコが多いです。
16.06.13-4.jpg










やはりアップで。
16.06.13-5.jpg










今年はじめて、こんなキノコも目にしました。
こちらは土に生えています。

16.06.13-6.jpg










9日後(5月15日)には別の場所で双子を見つけました。
16.06.13-7.jpg










最後に2014年9月の写真から。
16.06.13-8.jpg










大きいでしょ!
これまで見た中でこれが一番大きいです。

同じ樹にこんなのも。
16.06.13-9.jpg










アップで。
16.06.13-10.jpg










この二つは、2週間くらいで、あっという間に大きくってました。

りんごの世話で精一杯で実現してませんが、
椎茸その他、キノコの原木栽培もしてみたいなんて思ったりもしています。
posted by ナッツ at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2016年06月07日

今年は下草の成長が良い

平均気温が高かった5月に引き続いて暖かい日が多く、
適度に雨もあるので、
下草の成長が良いようです。

16.06.07-4.jpg









若干角度が違いますが、ほぼ同じ場所の様子を
5月27日アップの写真で
16.05.27-1.jpg










草丈が伸びてるのはもちろん、花まで咲いています。
白い花を少しアップで。
16.06.07-5.jpg










この花はここ数年この時期、この辺りに咲いてくれます。

農家さんが嫌うギシギシもその近くに例年生えてきます。
16.06.07-6.jpg










酸性土壌が好きな「スギナ」も見えます。

近くには、もう今年の役目を終えた草も。
枯れてきて黄色くなってきています。
16.06.07-7.jpg










春から秋まで同じ草が伸びる(其処にある)という訳ではなく
(ヨモギのようにそういうものもありますが)、
季節毎に違う草が入れ替わりで育つことの方が多いくらいです。

空中窒素を地中に固定してくれる根粒菌を根に共生させるため農家が好む
マメ科植物の定番、クローバーです。
16.06.07-8.jpg










実はマメ科と同じくらい重要なイネ科植物。
その代表、ナガハグサも沢山います。
16.06.07-9.jpg










写真は撮りませんでしたが、
真下に深く根を張り土を柔らかくしてくれるオオバコは、
人が歩く処(つまりは土が硬くなる処)に生えます。

腐乱病等で大きな枝を切除して陽当たりが良くなると、
其処に生える草の種類まで変わります。

園地内、彼方此方に、
季節に応じて、土の状態等の環境に応じて、
様々な草が必要があって生えてくれています。
(多様性の大切さ〜草も人間社会も同じです)

見た目や作業のし易さをも大切ですが、
それを優先し過ぎて頻繁に草を刈ってしまうと、
この多様性を損ねてしまいます。

地力を上げ、土地のパワーを上げるには、
自然にお任せするのがベストと思っています。

休憩中には、
地面に寝っころがったり、
裸足で立って深呼吸したり、歩き回ったりします。
大地のエネルギーをいただくというか、
大地と一体になれたらなぁと思っています。

横になった後はもちろん、
裸足でただ立っているだけでも、
その後、身体も気持ちも軽くなるのを感じます。
posted by ナッツ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

今年の菖蒲は一輪咲

今年も菖蒲が咲いてくれました。
なんと今年は「一輪咲き」。
16.06.07-1.jpg










アップで
16.06.07-2.jpg










毎年咲く花の数はまちまちですが、一輪は初めてです。

今日は最高気温が25℃を少し超えたようです。
岩木山の雪も残り少なくなりました。
例年よりピッチが早いです。
16.06.07-3.jpg











posted by ナッツ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2016年05月28日

27日のつがる(今年の結実状況)

5月6日頃に開花したつがる。
今はこんなです。
16.05.28-1.jpg










成長具合はまずまずでしょう。

ただ、つがるは一般的に樹の寿命が短く、
元々園地にあったつがるは高齢だったため少しずつ樹が減り、
また残っている樹も勢いが落ちてきているのが気になります。

加えて、今年は、つがるに限らず全体的に
結実状況が芳しくないようです。

園地を見回りながら観たり、摘果作業をしていて感じるのは、
中心果が無いか結実が弱いものが例年より多い、
中心果に限らず結実出来てないか弱いものが例年より多い、
ということで、

参ったなぁ〜
開花後に暖かい日が少なかったからなぁ、
まぁ収穫は減るけど樹は休めるし
摘果作業も楽になるかな

などと思っていたところ、
先日お世話になっている資材屋さんで話しをしていると、
やはり、
マメコバチが飛ばない気候条件だったから…
という話を聴きました。

少なくとも浪岡地域ではそういう園地が多いようです。
(同じ青森県津軽地方でも1〜2日の開花日の違いや風向きで変わります)

因に、もう1巡目摘果を終えた王林は、惨憺たる状況です(申し訳ない)。

こういう状況だからこそ、
摘果作業で少しでも良い実を育てなければと思っております。
posted by ナッツ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2016年05月22日

連日快晴

21日も快晴。
空気も乾燥していてこの日は特に岩木山がくっきりでした。
16.05.22-4.jpg










せっかくなのでアップで
16.05.22-5.jpg










何気ない園地内風景
16.05.22-6.jpg










樹の葉も下草も、随分緑が多くなりました。
他の畑ではもう1〜2度草を刈ってます。

最近はお昼は25℃まで上がる日も少なくなく(例年より5℃程高い)、
昼食後は少し木陰で横になります。
正しく、「骨休め」。

16.05.22-7.jpg










とっても気持良い場所ですが、15分以上居ては危険です。
それ以上居ると、抜け出せなくなってしまいます。
タイマーを10分でセットして、何とか抜け出すようにしています笑。

posted by ナッツ at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

鳥その2

17日に撮った写真で良いのがあったので、
追加でアップします笑。

16.05.22-1.jpg










結構大柄な鳥です。
鳥のバランス感覚には感心させられます。
ススキの先にでも停まってますし、
あの大きなカラスでさえ細い枝の先に停まってますから。

人間の感覚だと、
あんなのに停まって、かえって疲れないか?と思ってしまいます。

さて、なにやら遠くを見つめています。
16.05.22-2.jpg










何枚も何枚もシャッターを押していて気付いたのでしょうか?
こちらを「ナンだー?!」と見つめています笑。
16.05.22-3.jpg










と思ったら、飛び立って行きました。

21日、とうとうカッコーが鳴き出しました。
こう書くと判るように、私はカッコーの鳴き声はあまり好きではありません。

たまに山の中で聴くには良いものですし、
私も昔はそうでした。

でも、あの大きくて良く通る声を、しかも単調な鳴き声を、
これから毎日毎日、一日中聴かされるとなると…

そして、あの図々しい托卵の習性。
部下や同僚の努力を自分の成果のようにして出世して行く奴に似てます笑。
そういう奴って大概声も大きい笑。
posted by ナッツ at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2016年05月21日

鳥に感謝

ここのところ晴天が続いている青森です。

農薬散布後、毎日摘花・摘果作業と併行して、
剪定して切り落とした枝の整理を初めとした園地整理、
腐乱病の枝の処理や手当などの作業に励んでいます。

気候の良さに誘われて鳥たちも元気にさえずっています。
作業中のBGMとして最高です。
鳥の鳴き声を聴きながら花(実)を摘んでいると幸せな気分になり、
「結実具合が悪いなぁ」「やっぱり黒星病が多いなぁ」
などということも忘れさせてくれます。

随分前、5月6日の写真です。
この日は結構肌寒くて、軽トラの中でお昼を食べていて撮った写真です。
16.05.21-1.jpg










16.05.21-2.jpg










背景に見えるりんごの花(ふじ)はまだ開花していませんね。

毎朝仕事の前に瞑想するようにしています。
目を閉じて心静かにしていると、様々な音に気付かされます。
その中でも、鳥のさえずりはとても心地よいものです。

posted by ナッツ at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2016年05月14日

13日、朝から快晴でした

13日は早朝から快晴で気温も25℃を超えました。

空気も乾燥していて岩木山がくっきり。
16.05.13-8.jpg










3合目付近まで残雪と言うには多すぎる雪と、
中腹から下の山麓の緑色のコントラストがきれいです。

こうなると、もう少しアップで撮りたくなります。
もちろんりんごの樹の枝も入れて。
16.05.13-9.jpg










私はどうもこういう構図が好きなようです。

樹の高いところに有る花もアップで。
空の青を背景に下からのアングルで撮る花が好きです。
16.05.13-10.jpg










「受粉に役立っているのは蜂さん達だけじゃないよ」
と言わんばかりに蟻が動き回っています。
16.05.13-11.jpg










虫たちのおかげで、大分受粉が進んでいるようです。
ふじ です。
16.05.13-12.jpg









まだ花びらが有りますが、
中心花(真ん中)の子房部分が左の側花のそれより若干ですが大きいことで判ります。
右の側花との差が判り難いので角度を変えて。
16.05.13-13.jpg










せっかくなので、中心花だけ残して摘花しました。
この時点で中心花(果)だけにしたら、さぞ立派な実が成ります!
加えて樹の負担も大幅に軽減されて来年への貯蔵養分が増えます。
16.05.13-14.jpg










今日はこれから第一回目農薬散布です。
昨日、噴霧器の調子をチェック(エンジンオイルも交換!)して、
無事作動を確認。
16.05.13-15.jpg










右奥の黄色いタンクが薬剤をいれる500gタンクです。

合羽やゴーグル、防塵マスク、ゴム手袋等の装備も準備し、
夕方にはお世話になってる資材屋さんで農薬も購入しました。

まだ花が咲いているので、蜂や蟻などの訪花昆虫が居るのですが、

開花からの日数や気温(積算温度)から受粉は大分進んでいる。
通常、この時期の前に最低1回は散布しているべきなのに今年はしていない。
 (昨年も当園はこのパターンでしたが)
4月に涼しい日が多かったので黒星病菌が活発になっている怖れがあるから、
早期に散布すべき。
今回散布するのは黒星病対策の殺菌剤だから虫には影響が無い。
そして、今日と明日は晴だが月曜と火曜は雨の予報で散布出来ない。

といったことから、
今日明日の二日間で散布を終えるべく、頑張ります。
posted by ナッツ at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

翌朝の焚き火(枝焼き場)

枝焼きは消さずに、むしろ少し枝を焼べて帰宅します。

そう聞くと「火事にならないの?」と心配になるかもしれませんが、
大丈夫です。
周りの皆さんそうしてるし、そうするものだとも言われました…
都合の良い時だけ素直な私は、素直にそうしてます笑。

さて、翌朝には大概こんなになってます(13日朝撮影)。
16.05.13-16.jpg










灰はまだくすぶってますから、
灰の周りに残った枝を灰の上に乗せてるうちに発火しだします。
16.05.13-17.jpg










これは、新しく火を起こすのに比べたら数倍楽です。
この為に、少量で良いから枝を焼べて帰宅するようなものです。

因に、大きめの枝の方がよりゆっくり燃えて行くので、安全です。

灰の熱、火力がありますから、
ドンドン枝を積み重ねても大丈夫です。
16.05.13-18.jpg










下の方に炎が見えます。

以前作業を見ていた高校時代の友人が
「テキトーだなぁ」と笑ってましたが、

適度に大雑把に乗せた方が風が通って燃え易いし、
下から燃えて崩れて行きますから、
30分後くらに戻ると最初の写真のような状態になっます。

昨日はかなり燃やしました。
農薬散布の時に切り落とした枝が散乱してたり、
枝をまとめてあっても、それが彼方此方に多いと、
ホースを引っ張って歩くには邪魔で不便なんです。
posted by ナッツ at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2016年05月13日

満開です

予報がありがたい方に外れ、昼から晴れて気温もそこそこに。
午前中は寒かったのに。

園地内は満開です。

9日に3分咲だったふじの古木です
16.05.13-1.jpg










16.05.13-2.jpg










開花の早いジョナゴールドは散り始めています
16.05.13-3.jpg










16.05.13-4.jpg










残念ながら小さめの古木が3本しかない王林は、
そのうち2本がこんな状態です
16.05.13-5










右手をアップで
16.05.13-6.jpg










若葉の緑が青空をバックに映えますが、
花は殆ど無いに等しいです…

12日は雨が上がったお昼から、
若木の摘花、
そして剪定で切り落として園地内彼方こちにまとめてあった枝を
運び出し易く更に切り分けたり、
焼却場所に移動してあった枝を焼却したり。

早期に焼却してしまいたい腐乱病枝をドンドン燃やしました。
16.05.13-7.jpg










就農当初は負得手だった火起こしも、今では手慣れたものです。
りんごの木は火力が強いので、ある程度になったら生木も燃えちゃいます。

園地がきれいになっていくだけで気持ち良いものですが、
腐乱病枝がドンドン燃えて行くのは、
快感!快感!

今日は一日快晴の予報です。
posted by ナッツ at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2016年05月12日

マメコバチ

今年も無事開花してくれて、
9日には最後に開花する「ふじ」も多くの樹が6〜7分咲きまできました。
(王林は3本のうち1本が、殆ど花が無いけど…)

あたり前のことのようですが、
就農2年目は花が少なくてホント泣けてきたのを思い出します。

前年(2010年)の猛暑のせいで花芽形成が阻害された為らしいです。
県内全般に開花不足で収穫量も減産でしたが、
当園では前年比約半分!

今頃の時期、樹によっては「花を捜さないと無い!」ものもあり、
当然摘花(摘果)作業なんて直ぐ終わってしまって…

あの経験があるので、毎年、
2月の剪定作業時には花芽の様子が気になり、
春先には花芽から葉が出て蕾が現れると一安心しつつも
霜にあたらないかと気になったり、

そして無事咲いたら今度は、
ちゃんと受粉して結実してくれるかが気掛かりになります。

10日は最高気温15℃まで行かず15時頃から雨(今日は一日中雨)、
昨日11日は気温は平年並でしたが一日中雨でした。

余程寒くないと開花は進むのですが、
蜂をはじめとした蜜を求めてやって来る「訪花昆虫」による受粉が中心なので、
開花直後に蜂たちが不活発になる天候だと気になります。

その「受粉」。
青森県では、ミツバチの他にマメコバチという小さい蜂が大活躍します。
小さいからマメコバチという名前なのだ(つまり、「豆小蜂」と書く)
と思っていたら、なんと「豆粉蜂」と書くのだそうです。
詳細はこちら
文中「浪岡町樽沢」は当園がある「浪岡吉野田」からも近いです(同じ旧浪岡町)。

こちらは写真付きです(12)。
1ではミツバチと比較しての優位点が判り易く書かれています。

当園も茅を丁度よい長さにカットしたものを買ってきて
設置しました。

今年急ごしらえのもの。
16.05.12-1.jpg










赤いネットは、カラスが悪戯してほじくり出すのを防止する為の防鳥ネットです。

前の園主がつくった小屋(囲い)を利用して。
16.05.12-2.jpg










この後、屋根を付けました笑。

マメコバチ用のつもりなのですが、
ミツバチも、マメコバチより多いかもとうくらい沢山
集まってきてくれています。

茅の先端をアップで。
ちょっと判り辛いですが、真ん中辺り下から2段目の茅から
ミツバチのお尻が少し覗いています。
16.05.12-3.jpg










マメコバチよりも最低活動温度が低いミツバチくん。
寒いくらいだった5日には、
僕も寒くて午前中被っていたスキー帽に停まって暖をとってました!
16.05.12-5.jpg










アップで
16.05.12-6.jpg










なんで、ここが暖かいって判るんでしょうね!?

虫たちは、寒い時には何かに停まってじっとしていることが多いです。
やはり寒い日に軽トラの荷台シートに停まってるミツバチ。
16.05.12-4.jpg










寒いとはいえ薄日があたって比較的温かいのが判るのでしょうね。

晩秋、ふじの収穫間近にはトンボがりんごの実によく停まってます。
過去の記事から。

今朝も雨で、9時頃あがる予報。
でも予想最高気温は15℃以下。マメコバチの最低活動温度が14℃なのでギリギリです。
posted by ナッツ at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2016年05月10日

ふじ開花

じゃん!
16.05.10-0-1.jpg










8日、ふじが当園でも開花しました。
この写真は、9日のこの樹のものです。

16.05.10-0-2.jpg










傾斜地てっぺんにあるので雪融けは早いのですが、
風も強いからでしょうか、この辺りは例年開花が最後です。
しかもこの樹はかなりの古木。

遅れている剪定作業。
この辺りの数本を後回しにしていて、9日ようやく作業が完了しました。
祝!というより、ほっと一安心、安堵感。

殆どののふじは、昨日8日には開花していて、
最初の写真の状態の花がちょっと見れば見つかる程度でしたが、
今日9日にはそれが6割程になりました。
咲き出すと早いです!

この辺りは一日遅れで殆どがまだこの状態
16.05.10-0-3.jpg










16.05.10-0-4.jpg










とはいえ、この写真は午前10時頃。
この日は晴天で気温も20℃まで上がったようで、
この日のうちに最初の写真くらいまで開花したかも(未確認ですが)。

既に6日に開花していたジョナゴールドは満開です。
16.05.10-1-1-1.jpg










アップで。120%開いてます!
16.05.10-1-1-2.jpg










りんごの花は、真ん中の中心花と周りの5つの側花とで一セットです。
側花も咲いてます。
16.05.10-1-1-3.jpg










中心花が大きくて、中心花から咲きます。
中心花から出来る実(中心果)が大きいので、
通常は側花から出来る側果は後日摘果作業で落とします。

おっ!ミツバチを発見。
16.05.10-1-1-4.jpg










かわいいお尻を撮られているのを感じたのか、直ぐ飛び立ってしまいました。
16.05.10-1-1-5.jpg










撮影の為には少しじっとしていてくれると助かるのですが…
いやいや、元気に飛び回って受粉をヨロシク!
と飛び回る後ろ姿に声援をおくりました。

最後に、
今日中に剪定作業を完了しなければならないのに、
ついつい、脚立を移動して来てまでして撮った写真を2枚。

抜ける様な青空とりんごの花、岩木山のセットを観ると、
毎年のことながら写真に収めたくなってしまいます。
16.05.10-2-1.jpg










16.05.10-2-2.jpg











7割あるふじも5〜6割開花し、他の品種は満開。
園地内を歩いていると、
りんごの花の「あまい」(敢えて平仮名で、漢字より平仮名が合います)
香りが楽しめます。

桜同様、3月以降の気候で開花時期が定まらないのが難点ですが、
りんごの花を楽しみにいらしてください!
目でも鼻でも楽しめますよ!
(プラス、小鳥達の合唱も耳で)

花の様子、ミツバチはじめこの時期の虫たちの様子は、
HPや、2014年5月のブログ記事(前半−主に蕾、後半ー開花と虫たち)をご覧下さい。
この年はより丁寧に花や虫を撮ってます。
(開花時期は今年より遅い、というより平年並みなのが判ります)

花や虫以外の記事もありますが、2年も前の記事なので、
その後ブログを読み出した方もいらっしゃると思います。
ついでに読んでみてください。
posted by ナッツ at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2016年05月02日

5月に入りました

5月に入りました。

1日のりんごの花の様子です。

例年最初に開花する王林
16.05.02-3-1.jpg










1〜2日遅れで開花する、つがるとジョナゴールド
先ず つがる
16.05.02-1-1.jpg










16.05.02-1-2.jpg










ジョナゴールド
16.05.02-2-1.jpg










16.05.02-2-2.jpg










ふじ
16.05.02-4-1.jpg










そんなに大差ありませんね笑

品種だけでなく、樹(場所)によっても、違いがあります。

苗木も根付いてくれたようで、葉が出てきています。
16.05.02-5-1.jpg










16.05.02-5-2.jpg










遅れている剪定作業。
未だ終わってないなんて恥ずかしくて同業者には言えないのですが…
あともう少しです。

ここのところの低温で開花が予報より遅れて助かってます。
でも、今日は平年より少し高めの16℃で明日3日にはなんと25℃超えの予報。
一気に開花に向けて進みそうです。

今日これから東京へ出張です。
明日最終で帰ったら4日からまた剪定作業にかからないと。
G.W.の世間とは関係ない日々です。



posted by ナッツ at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2016年04月27日

26日の花

26日の花の様子を品種毎にご紹介します。
前回16日と比べてどうでしょう?

先ずは、つがる。
16.04.27-2-1-1.jpg










少し気の早いものも笑
16.04.27-2-1-2.jpg










ジョナゴールド
16.04.27-2-2-1.jpg










やはり気の早いものが居ます
16.04.27-2-2.jpg










当園では例年開花が一番早い王林
16.04.27-2-3-1.jpg










やはり王林はこういう状態のものが他品種より多いです。

ただ、今年は花芽が少ないく、
こういった葉っぱだけのものが多くみられます。
16.04.27-2-3-2.jpg










最後に、ふじ
16.04.27-2-4.jpg










開花が最後のふじは、
まだ気の早いものでも「ピンク色」は見られません。

葉の感じが、つがるやジョナゴールドと違いますね。

最後に番外編。
16.04.27-5-1.jpg










毎年あるエリアで、沢山の「つくし」が顔を出します。
そして毎年その範囲が少しずつ広がっています。
アップで
16.04.27-5-2.jpg










写真はありませんが、
この時期は、沢山の小鳥たちが合唱しています。
特に早朝〜午前中は。

じっくり腰を据えて待てば写真に撮ることも出来るのですが、
時間的にに余裕がなくて残念です、ゴメンナサイ。
posted by ナッツ at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子