2014年09月28日

秋晴れのなか

27日から出張で上京しています。

26日は快晴でした。
10月上旬収穫の早生ふじ(ひろさきふじ)は、
こんなです。

14.09.28-1.jpg










14.09.28-2.jpg










秋晴れの青空にりんごの赤、葉の緑が映えます。

ジョナゴールドも樹によってはこんなです。
14.09.28-3.jpg










ジョナゴールドは着色し難いために生産量が減っているようですが、
当園では結構着色してくれます。

早生ふじとジョナゴールドをアップで。
肉眼だと、同じ赤でも違うのですが、写真だとちょっと判りにくいですね。
早生ふじ
14.09.28-4.jpg










ジョナゴールド
14.09.28-5.jpg













posted by ナッツ at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年09月21日

5日の記事にある蛙の写真について、何人かのお客様から

アマガエルではないでしょうか
アマガエルには背景に合せて色を変える能力があるそうです

というメールを戴きました。
こういうサイトも紹介していただきました。
また、これを機に検索してみるとこんなサイトもありました。

私個人の感想からすると、
秋めいてくると茶〜灰色の蛙に遭遇するようになります。

葉が茶色になってくるという背景色はもちろん、
もしかしたら気温の変化も関係あるのかもしれません。

つがる収穫中に撮った写真から数枚ご紹介します!
色の変化というよりも、蛙の表情が気に入って撮ったものです。

其の1
14.09.20-1.jpg










行儀良く乗っかってます。
りんごは真っ赤でも当然蛙は赤くなりません笑。

其の2
14.09.20-2.jpg










ほっぺだけ緑です

其の3
14.09.20-3.jpg










日陰でうたた寝?
眼がとろ〜ンとしています。
まさか半眼で瞑想中か?!

アップで
14.09.20-4.jpg










しつこく撮っていたら回れ右しちゃいました。
14.09.20-5.jpg










これもアップで
蛙くんの肌まで良く判りますネ。
14.09.20-6.jpg










其の4
この子は、可愛くカメラ目線で決めてくれました。
14.09.20-7.jpg










posted by ナッツ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年08月31日

心を強く保って

今日で8月も終わりです。
書き忘れてましたが、このブログも8月1日から4年目に入りました。
あっという間の3年でした。

さて、26日辺りから秋めいてきました。
最高気温は上がっても27〜8℃、
そして何よりも朝晩がめっきり涼しくなってきました。

30日もお昼までは快晴(14時過ぎから急に雷雨)。
14.08.31-1.jpg










「秋晴れ」って感じでしょ!
ついでに同じ樹の正面上と左を少しアップで。
14.08.31-2.jpg










14.08.31-3.jpg










何か変じゃありませんか?
そう、まだこの時期なのに、りんごが殆ど無いのです。
りんごは、此処に有ります。
14.08.31-4.jpg










収穫したのではなく、
ハリトーシ(シンクイムシ)被害果実を摘んだらこうなっちゃいました。
この樹は特に酷くて、ここにある木箱で8箱分。

この樹に農薬を散布したのは26日。
速効性のある薬剤を散布しましたが、この樹には「既に遅し」でした。

心が折れそうになる作業中ですが、こんなことも。

其の1
憎っくきモモシンクイムシを発見
14.08.31-5.jpg










14.08.31-6.jpg










かわいそうに、とも思いつつ、
潰しちゃいました。

其の2
ふ化して果肉内に入り込んで間もない
(つまりは、育った幼虫が果実から出てきてない)
ものを発見!

14.08.31-9.jpg













割ってみると
14.08.31-10.jpg










この樹は殆どがやられているので判り易いというのはありますが、
「目利き力」がかなりアップしてます! 笑

この段階で摘めば拡散をくい留めることが出来ます。
「眼と手が薬」です。

実はこの樹、残している果実の中には、下の写真のように
育った幼虫が出て行った穴が開いていて大きいものは
わざと残してるものも有ります。
14.08.22-1.jpg










もう幼虫が出て行った後なので、
慌てて取る必要もないので、
このまま樹上で熟させたうえで加工商品としようかと考えています。

今年あまりに被害が酷いので、
被害果を利用した新商品を本気で検討しています。
「怪我の功名」?「災い転じて福…」?

まだ検討段階ですが、
近々配信・発送する今年の「ご案内」に載せられるかもしれません。
お楽しみに。

被害果を落として寂しくなってしまいましたが、
実はこの樹、幹に腐乱病部分が有ります。

早々と身軽になって、養分を其処の修復に向けられます。
これ迄元気無かったのが今年元気に沢山実を着けてくれたのですが、
来年は更に着けてくれることでしょう。

そう思うようにしてます。

今日は15時から小雨の予報。
早く出かけて仕事、仕事。
posted by ナッツ at 04:16| Comment(2) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年08月20日

ねじり花

6日の記事で、イヌタデの花をご紹介しました。
これと似ているものに、「ねじり花」があります。
14.08.19-1.jpg













花びらは淡いピンクで(イヌタデはもう色がもう少し濃い)、
小さな花が螺旋状に着いています(それで「ねじり」なんですネ)。

どうやら下の方から咲いていくようです。
なので、下方を少しアップで。
14.08.19-2.jpg













次に、上方。
14.08.19-3.jpg













畑には様々な草花がいます。
コンパクトな雑草図鑑を買おうと思いつつ、
いつも忘れてしまって…

因に、
『「雑草」という草は無い』
昭和天皇のお言葉です。
posted by ナッツ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年08月15日

5日ぶりの畑

9〜13日は東京への出張だったため、
昨日14日は5日ぶりの畑でした。

不在中の12~13日には台風11号の影響で強風だったようで、
8日に気になる数本に支柱を入れたり補強したりしていたものの、
どうなってるかな?と気にかけながらの「出勤」でした。

園地内を一回りしたところ、
幸い大きな被害はありませんでした。

この日撮影したものを2枚。

先ずは、8日の2枚目に写っている「ひろさきふじ」。
撮影アングルもほぼ同じです。
14.08.15-1.jpg










8日の写真は夕日を浴びているので判り難いですが、
着色してなかったのが色着き始めました。

次に「つがる」。
今年は「つがる」の着色が早いような気がします。
14.08.15-2.jpg










この日、夜は高校のクラス会。
お盆時期だと県外在住の人も参加しやすいということで、
毎年8月14日に開催しています。
数年振りに会う友人もいて、とっても楽しいひと時でした。

日付が変わる直前に帰宅したのですが、
ブログ更新する元気は無く、
一日遅れの報告となってしまいました。スミマセン。
posted by ナッツ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年08月08日

久々の夕焼け

8日は昼頃雨があがり、その後は一時小雨が落ちたりもしましたが、
夕方には久々にきれいな夕焼けが観られる程になりました。

9日から13日まで上京するので日没まで畑で作業をしていた私は、
思わず手を止めて写真を撮りました。

まず、夕日を浴びる「つがる」。
14.08.08.-9.jpg










同じく夕日を浴びる「ひろさきふじ」
手前にあるイヌタデに私の長〜い影が写ってます笑
14.08.08-10.jpg










岩木山はこんなです
14.08.08-11.jpg










そうこうしているうちに、
14.08.08-12.jpg










西に目を向けると
14.08.08-13.jpg










5分後には
14.08.08-14.jpg










夏至(6月21日)から一ヶ月以上経ち、
日が短くなっているのを感じます。
朝は4時を回らないと明るくならないし、
夕方は、7時過ぎると作業出来ず30分くらい短くなっています。

ふじ収穫の頃は4時半になると暗くなりだして
5時には真っ暗。

農業やるようになって、
日の長短、天候の変化に敏感になりました。
posted by ナッツ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

ツユクサ特集

ツユクサは例年8月末〜9月最初に咲き出すと記憶しているのですが、
今年は7月上旬からチラホラ咲き出し、
中旬にはかなり咲いていました(もちろん8月に入った今も)。

暑い盛りにこの青色を見ると、
何となく涼しげな気分になります。
(元々、青〜藍色の花が好きだということもありますが)

そこで今日は、7月16日に撮った写真から一挙公開です!

他の草花に混じってチラホラと咲いてる場合もありますが、
群生しているところが多くあります。
これは、樹の幹周りに群生してるもの。
14.08.08-1.jpg










近くで観るとこんなです
14.08.08-2.jpg










更にアップで
14.08.08-3.jpg










2枚目の写真をもう一度観てみてください。
咲いた花の後ろに何やら蕾らしきモノがあります。

他の花で観てみると
14.08.08-4.jpg













横から観ると
14.08.08-5.jpg










葉を折り畳んだようなものの中、
突き出るように咲いている花の後方にもう一つ、
次に咲く蕾が控えています。

指で開いて中を覗いて観ました
14.08.08-6.jpg










未だ7月中旬ですから、蕾みだけのものも沢山あります。
14.08.08-7.jpg










こちらは、次に咲く花ももうスタンバイ出来ていました。
即ち、蕾が二つ!
14.08.08-8.jpg










このツユクサ、
朝咲いて昼前には萎んでしまうことが朝露を連想させることから
「露草(ツユクサ)」
と名付けられたという説が有力です。

次々と咲けるように、
一つの葉の中に二つの花が用意されているんですね。

posted by ナッツ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年08月06日

今年の下草は元気がイイ

雨が多く適度に晴天にもなっているせいでしょう、
今年は下草の生育が良いです。
何の畑なのか判らない程です。

7月24日に撮ったものから何枚かご紹介しましょう。
りんごの樹の葉も下草も「緑」なので、
ちょっと判り難い部分もありますがご了承ください。

14.08.06-1.jpg










14.08.06-2.jpg










14.08.06-3.jpg










手前に見えている穂をアップで見ると
朝露が穂に垂れています。
14.08.06-4.jpg










14.08.06-5.jpg










右側中程にはツユクサの群生があります。
その一輪をアップで
14.08.06-6.jpg










ツユクサは例年9月に入ってから咲くのですが、
今年は7月上旬に咲き出しました。

此処は毎年イヌタデが群生します
14.08.06-7.jpg











これまでの4年、イヌタデが目立つのはお盆過ぎ〜9月でしたが、
今年は7月下旬には肩〜背丈程に伸びました。

花をアップで。
14.08.06-8.jpg










茎はこんなです。
14.08.06-9.jpg












posted by ナッツ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年07月27日

ハリトーシ果

6月4〜9日の第2回散布以来、2ヶ月近く散布しないままできています。
が、流石にもう散布しないと。

ハリトーシ被害果もでてきました。

14.07.27-1.jpg









そのうちの2個をアップで
14.07.27-2.jpg










14.07.27-3.jpg










割ってみると中はこんなです
14.07.27-4.jpg










14.07.27-5.jpg










4年目の昨年、それまでとは桁違いに被害果がでました。
散布が少ない今年、被害が少ない筈がありません。

昨日今日と速読の仕事で上京中ですが、
今晩これから最終新幹線で戻り、
明日から第3回目散布をスタートさせます。
(慣行栽培では、8〜9回散布している時期)

暑い中での合羽を着ての作業。
お祭りに参加する時の様な独特な気合が必要です。
posted by ナッツ at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年06月29日

またまたテントウムシ

摘果作業中に発見。

14.06.29.jpg













これまで、葉裏にある、このような色合いのモノは良く見かけていましたが、
14.06.29-2.jpg







黄色は初めてです。

ネットで調べたところ、間違いなくテントウムシの卵です。
種類の多いテントウムシ。
種類が違うのか、産卵からの日数が違うのか?

この実は樹に残してあるので、
毎日、朝夕に観察してみようと思います。

なお、昨日の記事の2枚目の写真、
やはりテントウムシの幼虫でした。
posted by ナッツ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年06月28日

今年は虫が多いかも

摘果作業中にナミテントウを発見。
14.06.27-4.jpg










アブラムシを捕食してくれる、ありがたいお方です。

摘果作業をしていて、今年は、虫が多い気がします。
春先に殺虫剤を散布しなかったからでしょうか?
でも6月上旬の第二回目散布では殺虫剤も散布したのですが…

これも時々観るものです。
14.06.28-5.jpg










ふ化したばかりのテントウムシの幼虫のように思えるのですが…
iPhoneの無料サプリ「虫判定器」にまた投稿してみます。

そう言えば、以前アップしたこの虫、
このアプリで名前が判りました。
14.05.16-3.jpg










「アカハネムシ」だそうです。
観たまんまの名前ですね笑。

ところで、昨日と今日で、抜糸が完了しました。
昨日、中指と薬指それぞれ1針ずつ残して抜糸し、
今日残りを抜糸しました。
一気に抜かずに2回に分けるものなのだそうです。

ナイフや包丁とちがってチェーンソーでの怪我なので
切り口が複雑な為に日数はかかりましたが、
医師曰く、「思ったよりも綺麗にくっついてきたね」と。

アルコールを控えたのはもちろん、
肉類を止めて少食にした効果でしょう!

アルコール断ちと言えば、
そのおかげで毎日4時間半睡眠で12時間以上労働でも
体調良好です。

短眠、体調維持には、
「内蔵を疲れさせない」が効果的です。

アルコールは肝臓、
大食いは胃腸
の負担を増やしてしまいます。

摘果作業を引き続き頑張らなければならないことだし、
患部の皮膚が完全に出来上がる迄、
このまま断酒、肉断ち、を続けることにします。
(あ、摘果作業一巡目が終わった日は少し吞んじゃうかも)
posted by ナッツ at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

何気ない畑の風景

今日も晴天、気温も30℃近く迄上がりました。

樹や下草の緑、青空、白い雲が
なんか良い感じに思えて写真を撮っちゃいました。

14.06.28-1.jpg










14.06.28-2.jpg










14.06.28-3.jpg










昼食後、ゴザに寝転んで。
14.06.28-4.jpg










posted by ナッツ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年06月27日

連日好天です

先週の木曜夜〜金曜午前にかけてまとまった雨が降って以来、
ずっと好天が続いています(曇天もありましたが、兎に角、雨無し)。

傷口が濡れるといけない私としては、
毎日摘果作業に没頭できて大助かりです。

ランチは、木陰にゴザを敷いて食べます。
14.06.27-1.jpg










黄色いボールは、肩甲骨周りのストレッチに使います。
ボールが肩甲骨の間に当るようにしてボールの上に仰向けになると、
自分の肩腕の重さで胸が開き肩甲骨周りがストレッチされます。
さらに万歳の格好をするなど腕肩を動かすと肩甲骨周りが、よりほぐれます。

今は毎日12時間以上摘果作業をしています。
腕を肩の高さから上に保って作業しているので、
これで肩甲骨周りをほぐしてあげます。

股関節周りや腰椎のストレッチも行ないます。
摘果作業中は殆ど脚立に上がっているので、
脚立の昇り降りや、脚立の上で身体を支えるために、
股関節にかなり負担が掛かってるからです。

昨年は、摘果一巡直後に股関節痛で歩くのもやっと
という状態になってしまったので、
しっかりケアするようにしています。

カイロの先生には、「股関節は柔らかいのに…」
と言われましたが、半端でなく酷使してますから。

食前にこれらストレッチ、
食後は15〜20分の昼寝をするようにしています。
好天でゴザを敷いて休めると、とっても助かります。

肩甲骨と股関節、腰椎のストレッチは、
起床後と帰宅後も行なっています。

休憩しながら、周りの草を眺めていると、
四ツ葉のクローバーが。
14.06.27-2.jpg










摘果作業のお手伝いに来てもらっているKさんは
子供のころから四ツ葉を見つけるのが好きだそうで。

「遺伝子の関係で、一つ見つけると近くにも有るんですよ」
と仰っていたので見渡すと、
4つ見つけることができました!

最後に、オオバコです。
今年になって、園地内あちらこちらで、オオバコが増えてる気がします。
14.06.27-3.jpg












posted by ナッツ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年06月20日

午後には爽やかな晴れに

昨夜から降り出した雨が昼近くまで降り続いたので、
今日の作業は午後からとなりました。

「晴耕雨読」と洒落ている訳ではなく、
むしろ合羽を着て頑張りたいところなのですが、
患部が濡れたり蒸れたりすると化膿しやすくなるので、
雨の中で頑張れないのです。

左手全体をビニール袋で覆って作業してみたこともありましたが、
ビニール袋の中が体温で蒸して、患部も蒸れちゃいました。

雨があがっても葉や実がまだ濡れているので、
右手だけで摘果作業をしていると、
そのうち午前の雨がウソの様な爽やかな空に。

この時撮った写真から。
さて、これは何と言う品種でしょう?
14.06.20.jpg










「王林」です。
収穫時には緑〜黄色ですが、
結実直後から夏までは、こんな赤っぽい色をしています。

予報では暫く雨マークは無し。
天気も摘果作業を応援してくれているようです。
posted by ナッツ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年06月13日

強風で枝割れ

昨日、今日と雨が続いています。
降り続いてるだけでなく、
昨夜0時頃は「叩き付ける様な」を超えて「滝の様な」勢いでした。

風も強く、
おまけに雷も始まり、そのうちの一回は、
地震かと思う程の下からの響き・震動を感じました。

今朝、雨の中園地内を見回ると、ショックな光景が。
14.06.13-2.jpg










角度を変えて更に2枚
14.06.13-3.jpg










14.06.13-4.jpg










主枝の付け根が前の持ち主の頃からの腐乱病痕で弱っていたので、
昨年の春と冬、支柱を何本か入れて補強していたのですが、
昨夜の強風に持ち堪えられなかったようです。

手当てをしていたにも拘らずの結果ですから、
仕方ありません。

その割れた箇所です
14.06.13-5.jpg










反対側から見ると、
14.06.13-6.jpg










これくらい樹皮が繋がっていれば、
枝と実を減らして今年だけなら保つかもしれません。

また、今回割れてしまった枝は何れにしろ永くは保たないと思い、
写真一枚目で判るように、
他の箇所から出ている枝を4年前から育てていて、
今年初めて収穫出来る実が出来始めました。

弱った枝に向けていた養分をこちらに向けられるので、
更に良く育ってくれることでしょう。
posted by ナッツ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年06月08日

犯人は君か!?

今日、昼過ぎから高校時代の友人S君が知人2人を連れて
摘果作業を手伝いに来てくれました。

S君自身は昨年の今頃以来の2回目、
連れの知人2人は初体験の摘果作業。

「側果を摘んで中心果だけにする」
をメインに作業してもらいました。

やはり人手が増えるというのは、ありがたいです。
貴重な週末のお休み、わざわざ来ていただいたことに感謝、
作業がそれだけ捗ったことに感謝です。

願わくば、今年の摘果作業中にもう一回来てくれると、
うれしいかも笑。

さて、今回のタイトル。
午前中一人で摘果作業をしていた時の写真から。

14.06.08-6.jpg










14.06.08-7.jpg










時々見かける虫食い果の一種。
そこに居る毛虫を見つけて、
「犯人は君か!?」
と思いながら写真撮影。

写真を獲り続けているうちに情が湧いて来て、
見逃してあげることにしました。

木村さんの
「慌てて逃げない虫は害が無い」
という言葉も頭をよぎりました、

実の傷跡も真新しい訳ではないので、
他の虫が食べた後でたまたまこの毛虫君が其処に居ただけ
かもしれません。

いずれにしろ、なんとなく、
見逃してあげようと思えてきたのです。

明日は「今のところ」一日曇りで、
しかも午前中は風が弱めの予報。

明日で第2回目散布を完了させるつもりです。
その為にそろそろ寝ます。おやすみなさい。
posted by ナッツ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年06月07日

摘果作業中の出会い

「いつものジョナ」です。
14.06.07-1.jpg










随分育ったでしょ。
5月24日はこんなでした。

摘果していると、ごくたまに、こんな果実に巡り会います。
14.06.07-3.jpg










虫食い果です。
これは珍しく2ヶ所喰われてますね。
そのせいで、何とも言えない愛嬌のある顔に見えます(虫食い部分が眼)。

虫に喰われた傷口を治すために樹は沢山の養分を送り込みます。
だから、虫食い果や、黒星病に根付かれたけど負けずに育った果実は、
「美味しい!」のです。

この実も美味しく育ってくれることでしょう。

次は、おなじみ蛙くん。今年初めて会いました。
虫を捕食してくれる頼もしいお方です。
14.06.07-4.jpg










同じく今年初めて出会った、
ウスバカゲロウ(アブラムシの天敵)の卵。
14.06.07-5.jpg










最後に、あまり出会いたくないもの。
黒星病が着いた葉。
14.06.07-6.jpg










正面の葉に、五ヶ所ほど、ぼ〜っと茶色っぽい点がありますね。
黒星病胞子が根付いた処です。

写真右下に見える葉をアップで。
14.06.07-7.jpg










何やら穴が沢山空いてます。
これは、黒星病に根付かれた部分が枯れて抜け落ちた痕です。

葉全体が黒星病にやられると、
葉全体が黄色くなって落ちてしまいます。

が、葉が頑張って黒星病に勝つと、
根付かれた箇所だけが抜け落ちるのです。

14.06.07-8.jpg










虫が食べる場合、このように葉の端から食べるので、
虫食いのためか病気のためか容易に判ります。

以前にも書いたことのある内容なので、
アレ?と思われた方もいらっしゃると思います。
最近ブログを読むようになった方のために改めて書きました。

大切なことは繰り返し書かないと!笑

posted by ナッツ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年06月01日

5月31日の夕焼け

午後7時過ぎの西の空

先ずは岩木山(正確には西南西の方角)
まだ少し雪が残っています。
14.06.01-4.jpg










そして、夕焼け。
畑の草木までが茜色を帯びる程でした。
14.06.01-5.jpg











posted by ナッツ at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

菖蒲

今日から6月です。

今年も菖蒲の花が咲き始めました。
29日の写真です。
14.06.01-1.jpg













今年で3回目の開花ですが、
今年は背丈が低く蕾も少ないです。

花びらをアップで
14.06.01-2.jpg










蕾も
14.06.01-3.jpg










1〜2日、東京からお客様が来られます。
菖蒲の花も楽しんでもらえそうです。


posted by ナッツ at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年05月30日

苗木、一安心

28日にアップした
「発芽が未だな苗木」
が、ようやく発芽してきました。

29日撮影から。
14.05.30-3.jpg










右上の葉は、28日撮影の「微かな芽」です。
下にも葉が出ています。
さらに、真ん中辺りにに新しい芽が出て来ています。

30日撮影。
14.05.30-3.jpg










ここまで来れば一安心、とりあえず根付いたと言えるでしょう。

連日好天なので、30日早朝に苗木に水をやりました。
植え付け直後の「根づく」ためのものと違い、
「根が成長する」ためのものなので、

「根元」ではなく「根の周り(半径50センチ強)に播きます。
水分を求めて根を延ばすように。







posted by ナッツ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子