2014年06月28日

何気ない畑の風景

今日も晴天、気温も30℃近く迄上がりました。

樹や下草の緑、青空、白い雲が
なんか良い感じに思えて写真を撮っちゃいました。

14.06.28-1.jpg










14.06.28-2.jpg










14.06.28-3.jpg










昼食後、ゴザに寝転んで。
14.06.28-4.jpg










posted by ナッツ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年06月27日

連日好天です

先週の木曜夜〜金曜午前にかけてまとまった雨が降って以来、
ずっと好天が続いています(曇天もありましたが、兎に角、雨無し)。

傷口が濡れるといけない私としては、
毎日摘果作業に没頭できて大助かりです。

ランチは、木陰にゴザを敷いて食べます。
14.06.27-1.jpg










黄色いボールは、肩甲骨周りのストレッチに使います。
ボールが肩甲骨の間に当るようにしてボールの上に仰向けになると、
自分の肩腕の重さで胸が開き肩甲骨周りがストレッチされます。
さらに万歳の格好をするなど腕肩を動かすと肩甲骨周りが、よりほぐれます。

今は毎日12時間以上摘果作業をしています。
腕を肩の高さから上に保って作業しているので、
これで肩甲骨周りをほぐしてあげます。

股関節周りや腰椎のストレッチも行ないます。
摘果作業中は殆ど脚立に上がっているので、
脚立の昇り降りや、脚立の上で身体を支えるために、
股関節にかなり負担が掛かってるからです。

昨年は、摘果一巡直後に股関節痛で歩くのもやっと
という状態になってしまったので、
しっかりケアするようにしています。

カイロの先生には、「股関節は柔らかいのに…」
と言われましたが、半端でなく酷使してますから。

食前にこれらストレッチ、
食後は15〜20分の昼寝をするようにしています。
好天でゴザを敷いて休めると、とっても助かります。

肩甲骨と股関節、腰椎のストレッチは、
起床後と帰宅後も行なっています。

休憩しながら、周りの草を眺めていると、
四ツ葉のクローバーが。
14.06.27-2.jpg










摘果作業のお手伝いに来てもらっているKさんは
子供のころから四ツ葉を見つけるのが好きだそうで。

「遺伝子の関係で、一つ見つけると近くにも有るんですよ」
と仰っていたので見渡すと、
4つ見つけることができました!

最後に、オオバコです。
今年になって、園地内あちらこちらで、オオバコが増えてる気がします。
14.06.27-3.jpg












posted by ナッツ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年06月20日

午後には爽やかな晴れに

昨夜から降り出した雨が昼近くまで降り続いたので、
今日の作業は午後からとなりました。

「晴耕雨読」と洒落ている訳ではなく、
むしろ合羽を着て頑張りたいところなのですが、
患部が濡れたり蒸れたりすると化膿しやすくなるので、
雨の中で頑張れないのです。

左手全体をビニール袋で覆って作業してみたこともありましたが、
ビニール袋の中が体温で蒸して、患部も蒸れちゃいました。

雨があがっても葉や実がまだ濡れているので、
右手だけで摘果作業をしていると、
そのうち午前の雨がウソの様な爽やかな空に。

この時撮った写真から。
さて、これは何と言う品種でしょう?
14.06.20.jpg










「王林」です。
収穫時には緑〜黄色ですが、
結実直後から夏までは、こんな赤っぽい色をしています。

予報では暫く雨マークは無し。
天気も摘果作業を応援してくれているようです。
posted by ナッツ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年06月13日

強風で枝割れ

昨日、今日と雨が続いています。
降り続いてるだけでなく、
昨夜0時頃は「叩き付ける様な」を超えて「滝の様な」勢いでした。

風も強く、
おまけに雷も始まり、そのうちの一回は、
地震かと思う程の下からの響き・震動を感じました。

今朝、雨の中園地内を見回ると、ショックな光景が。
14.06.13-2.jpg










角度を変えて更に2枚
14.06.13-3.jpg










14.06.13-4.jpg










主枝の付け根が前の持ち主の頃からの腐乱病痕で弱っていたので、
昨年の春と冬、支柱を何本か入れて補強していたのですが、
昨夜の強風に持ち堪えられなかったようです。

手当てをしていたにも拘らずの結果ですから、
仕方ありません。

その割れた箇所です
14.06.13-5.jpg










反対側から見ると、
14.06.13-6.jpg










これくらい樹皮が繋がっていれば、
枝と実を減らして今年だけなら保つかもしれません。

また、今回割れてしまった枝は何れにしろ永くは保たないと思い、
写真一枚目で判るように、
他の箇所から出ている枝を4年前から育てていて、
今年初めて収穫出来る実が出来始めました。

弱った枝に向けていた養分をこちらに向けられるので、
更に良く育ってくれることでしょう。
posted by ナッツ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年06月08日

犯人は君か!?

今日、昼過ぎから高校時代の友人S君が知人2人を連れて
摘果作業を手伝いに来てくれました。

S君自身は昨年の今頃以来の2回目、
連れの知人2人は初体験の摘果作業。

「側果を摘んで中心果だけにする」
をメインに作業してもらいました。

やはり人手が増えるというのは、ありがたいです。
貴重な週末のお休み、わざわざ来ていただいたことに感謝、
作業がそれだけ捗ったことに感謝です。

願わくば、今年の摘果作業中にもう一回来てくれると、
うれしいかも笑。

さて、今回のタイトル。
午前中一人で摘果作業をしていた時の写真から。

14.06.08-6.jpg










14.06.08-7.jpg










時々見かける虫食い果の一種。
そこに居る毛虫を見つけて、
「犯人は君か!?」
と思いながら写真撮影。

写真を獲り続けているうちに情が湧いて来て、
見逃してあげることにしました。

木村さんの
「慌てて逃げない虫は害が無い」
という言葉も頭をよぎりました、

実の傷跡も真新しい訳ではないので、
他の虫が食べた後でたまたまこの毛虫君が其処に居ただけ
かもしれません。

いずれにしろ、なんとなく、
見逃してあげようと思えてきたのです。

明日は「今のところ」一日曇りで、
しかも午前中は風が弱めの予報。

明日で第2回目散布を完了させるつもりです。
その為にそろそろ寝ます。おやすみなさい。
posted by ナッツ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年06月07日

摘果作業中の出会い

「いつものジョナ」です。
14.06.07-1.jpg










随分育ったでしょ。
5月24日はこんなでした。

摘果していると、ごくたまに、こんな果実に巡り会います。
14.06.07-3.jpg










虫食い果です。
これは珍しく2ヶ所喰われてますね。
そのせいで、何とも言えない愛嬌のある顔に見えます(虫食い部分が眼)。

虫に喰われた傷口を治すために樹は沢山の養分を送り込みます。
だから、虫食い果や、黒星病に根付かれたけど負けずに育った果実は、
「美味しい!」のです。

この実も美味しく育ってくれることでしょう。

次は、おなじみ蛙くん。今年初めて会いました。
虫を捕食してくれる頼もしいお方です。
14.06.07-4.jpg










同じく今年初めて出会った、
ウスバカゲロウ(アブラムシの天敵)の卵。
14.06.07-5.jpg










最後に、あまり出会いたくないもの。
黒星病が着いた葉。
14.06.07-6.jpg










正面の葉に、五ヶ所ほど、ぼ〜っと茶色っぽい点がありますね。
黒星病胞子が根付いた処です。

写真右下に見える葉をアップで。
14.06.07-7.jpg










何やら穴が沢山空いてます。
これは、黒星病に根付かれた部分が枯れて抜け落ちた痕です。

葉全体が黒星病にやられると、
葉全体が黄色くなって落ちてしまいます。

が、葉が頑張って黒星病に勝つと、
根付かれた箇所だけが抜け落ちるのです。

14.06.07-8.jpg










虫が食べる場合、このように葉の端から食べるので、
虫食いのためか病気のためか容易に判ります。

以前にも書いたことのある内容なので、
アレ?と思われた方もいらっしゃると思います。
最近ブログを読むようになった方のために改めて書きました。

大切なことは繰り返し書かないと!笑

posted by ナッツ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年06月01日

5月31日の夕焼け

午後7時過ぎの西の空

先ずは岩木山(正確には西南西の方角)
まだ少し雪が残っています。
14.06.01-4.jpg










そして、夕焼け。
畑の草木までが茜色を帯びる程でした。
14.06.01-5.jpg











posted by ナッツ at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

菖蒲

今日から6月です。

今年も菖蒲の花が咲き始めました。
29日の写真です。
14.06.01-1.jpg













今年で3回目の開花ですが、
今年は背丈が低く蕾も少ないです。

花びらをアップで
14.06.01-2.jpg










蕾も
14.06.01-3.jpg










1〜2日、東京からお客様が来られます。
菖蒲の花も楽しんでもらえそうです。


posted by ナッツ at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年05月30日

苗木、一安心

28日にアップした
「発芽が未だな苗木」
が、ようやく発芽してきました。

29日撮影から。
14.05.30-3.jpg










右上の葉は、28日撮影の「微かな芽」です。
下にも葉が出ています。
さらに、真ん中辺りにに新しい芽が出て来ています。

30日撮影。
14.05.30-3.jpg










ここまで来れば一安心、とりあえず根付いたと言えるでしょう。

連日好天なので、30日早朝に苗木に水をやりました。
植え付け直後の「根づく」ためのものと違い、
「根が成長する」ためのものなので、

「根元」ではなく「根の周り(半径50センチ強)に播きます。
水分を求めて根を延ばすように。







posted by ナッツ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年05月28日

苗木のその後

17日の記事に書いた、
発芽がまだだった5年生の苗木二本。
ようやく発芽してきてくれました。

先ず一本目。
一ヶ所だけ葉が出ています。
14.05.28-1.jpg










他は数カ所にこんなのが。
14.05.28-2.jpg










かわいいでしょ。
角度を変えて
14.05.28-3.jpg











二本目は、まだこんなです。
14.05.28-4.jpg










笑っちゃうくらい、微かでしょ。
上の一本目も先週金曜日にはこんなでした。

以前から発芽していたものは、概ねこんな状態です。
2枚いずれも、枝の基部から1〜2センチのところで切除したところの発芽です。
これが新しい枝に育っていきます。

14.05.28-5.jpg













14.05.28-6.jpg













不在だった日曜、そして月曜の夜は雨で、
その後、高温、好天です。
今日は27℃超。明日は28℃超の予報です。

この暖かさで苗木もどんどん成長してくれるでしょう。

まだまだ水が必要な時期なので、
時々水をあげることにします。

ところで、
久々に剪去枝の中につくられた巣を覗いてみました。
記事に書いた数日後にうっかり近くを通った時に、
スズメに似た茶色系の小鳥が飛び立ったのを見かけて以来です。

14.05.28-7.jpg










卵が無くなってます。
巣になっていた枯れ草が二つに別れていました。
ヒナが飛び立ってからもう暫くたったから強風で飛んだのでしょうか?

卵が無事かえって、ヒナも無事育って飛び立ったのだと祈ります。
posted by ナッツ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年05月24日

結実(けつじつ)

ご無沙汰していました、「いつものジョナ」のその後です。

14.05.24-1.jpg










ジョナは成長が早い品種ということもありますが、
順調に育ってますね。

22日からカッコーが鳴き出しました。
こちらでは、「カッコーが鳴くと遅霜がこなくなる」
と言われます。

ただ、最初のうちは良いけれど、
毎日毎日、一日中、「カッコー、カッコー」を聴かされると、
次第にイヤになってくるんですよねぇ〜。
しかも、やれどもやれども終わらない摘果作業と重なってるから尚更。
我侭でスミマセン。

こらから新青森駅に行って、新幹線で上京です。
2日間の出稼です。


posted by ナッツ at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年05月19日

見回り中に撮った写真から

或るエリアで沢山飛び交っていたので、
停まっているところを粘って粘って撮りました。
3枚連続でアップします。似てますが順に撮った違う写真です。

14.05.19-1.jpg










14.05.19-2.jpg










14.05.19-3.jpg










飛んでいる姿は、足が長くて蜂の様に飛び交ってます。
停まるときは、写真にあるように花ではなくて葉に停まります。

さて、敢えて3枚連続で載せた意図が判ったでしょうか?

2枚目ではお尻の先に白いモノが!
3枚目ではありません。おそらく排出し切ったのでしょう。
改めて1枚目を観ると、2〜3枚目に比べるとお尻の先が伸びてません。
排出する瞬間に伸びるのでしょう。

しきりに飛び回っていたのに、
珍しく暫く停まっていて写真を撮り易かったのは、
卵らしきものを排出するのに時間を要していたからなのでしょう。

名前の判る方がいらっしゃったら、
是非教えてください!

2番目は、テントウ虫。
14.05.19-4.jpg










帰宅後に調べてみると、
どうも「ナミテントウ」らしいです。

沢山あるテントウ虫の種類のなかでも多く観られるものらしく、
アブラムシを捕食する益虫!
感謝、感謝。

子供の頃、近所のお兄さんに、
ナナホシは益虫、ニジュウヤホシは害虫、
と教わったのを、その状況ごと今でも憶えています。

人間サマの立場からみて、
人間に役立てば益虫、
害を及ぼす(つまりは農作物を食害する)ものは害虫、
なんですね。

見方を替えれば、
虫を捕食=肉食である益虫の方が獰猛と言えます。
実際、図鑑で顔つきを観るとごっつい顔をしています。
虫を捕食するからアゴが発達するなどして
そういう人相(虫相)になるのでしょうか。

苗木の発芽状態を観ていたら、
先日ご紹介したのと同じ虫をまた発見。
14.05.19-5.jpg










最後に、天候のおかげでキレイだった岩木山です。
14.05.19-6.jpg










14.05.19-7.jpg












posted by ナッツ at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年05月17日

16日の岩木山

午前中は晴れて、しかも風が強かったので、
良く見えました。

14.05.17-15.jpg










14.05.17-14.jpg










14.05.17-16.jpg












posted by ナッツ at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

植え付けた苗木に芽が!

植え付けた苗木たちにドンドン芽が出て来ています。

購入して1ヶ月近くもの間、
毎日のように根に水をやって根が乾かないようにしていたとはいえ、
根をビニールで覆った状態でコンテナ(つまりは冷暗所)に保管していたので、
かなり不安でした。
加えて雨不足でもありましたし。

今のところ、後半に定植した5年木2本が未だなだけで、
其れ以外は定植・仮植え共に芽が出てくれて一安心です。
昨冬抜いて保管して植え戻した自家製苗木も全て芽が出て来ています。

昨年伸びた枝はこんな感じです
14.05.17-7.jpg













もうちょと近づいて
14.05.17-8.jpg













先端を切り詰めた部分は
14.05.17-9.jpg










切り口の直ぐしたの芽から発芽しています。
これが葉になり枝になっていきます。

1〜2センチのところで切り詰めた枝からもこの通り。
14.05.17-10.jpg










これが新しい枝になっていきます。

出たばっかりの芽です。
14.05.17-11.jpg










これなんかも良い感じです。
14.05.17-12.jpg










元々の枝は幹に対して鋭角過ぎでしたが、
下側の芽から発芽してきてくれたので、このままいくと、
幹に対して丁度良い発生角度で枝が伸びてくれそうです。

あと2本も無事芽が出てくれますように。

16日夜にはまとまった雨が降りましたし、
今日も弱雨ですが降ったりやんだりの予報。
作業は雨でない方がやり易いのですが、
植物には恵みの雨です。

実家がりんご農家の親友S君が実家に帰って作業の手伝いをするというので、
今日は午後からS君のご実家にお邪魔してきます。
少し一緒に作業させていただいて、
晩ご飯(とお酒)をご馳走になりながらお父さんの話を聴かせてもらい、
「お泊まり」してきます。
posted by ナッツ at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

16日に目にした虫たち(その1)

園地を見回り、摘果、腐乱病枝の切除や手当て等の途中で
いろんな虫を目にします。

歓迎したくない虫の一つが、アブラムシ。

特に隣地との境界付近に多く観られます。
これまで、ナシマルカイガラムシなど他の虫もそうでした。

昨日も隣地近くの樹を観ていると、
14.05.17-1.jpg










観た感じちょっと元気がありません。
若葉の葉裏を観ると、案の定アブラムシが。
14.05.17-2.jpg










せっかく受粉出来たものも、何か元気ありません。
14.05.17-3.jpg









やっぱり葉裏にはアブラムシが
14.05.17-4.jpg










でも、良く観ると葉の真ん中より少し上や、葉の先端近くに、
何やら羽のある虫が居ます。

アブラムシの天敵、アブラバチのように見えます。

そう思って他の葉も観てみると、他の葉にも居ます。
14.05.17-5.jpg











14.05.17-6.jpg










アブラムシ同様、アブラバチといっても種類が沢山あって、
帰宅後調べてみても、
これがアブラバチなのか、どうもハッキリわかりません。

そうだったら良いな〜
そうに違いない!

ハウス栽培なら天敵を放つということも出来るのでしょうが、
りんご栽培は露地栽培。

或る虫が沢山いればそこに天敵が何故か現れる、
という天の采配に頼るしかありません。

でも、ホント「天の采配」と思えるくらい不思議と、
「天敵」が現れるンですよね〜
どうして其処にアブラムシが沢山居るって判るんでしょう?!
自然って凄いです。

実は、今年は未だ薬剤散布をしていません。
そのせいもあってアブラムシおよびその天敵君も沢山いるのかも。

流石に、そろそろ第1回目の散布をしないとです。
虫以上に怖い「黒星病」があります。
「落花直後」のこのタイミングは極めて重要です。


posted by ナッツ at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年05月16日

16日に目にした虫たち(その2)

名を知らぬ虫を2種類。

その1、
苗木の様子を観ていて、先刈りしたてっぺんに発見。
蟻くらいの大きさ(横幅はもう少しある)です。我ながら良く気付きました。

 14.05.16-3.jpg










14.05.16-4.jpg










初めて観る虫、
きれいな赤い羽、
身体の割に長く羽の赤とのコントラストがきれいな黒い触角、

しつこく何枚も写真を撮っていたら、
きれいな赤い羽で何処かへ飛んでっちゃいました。

その2
摘果作業中に見つけました。
これも初めて見るような気がします。

14.05.16-5.jpg










14.05.16-6.jpg










最後に、やはり撮ってしまうミツバチです。
14.05.16-1.jpg










14.05.16-2.jpg










ブログアップの為というよりも、
病気、虫、花や実などの記録、勉強の為にと
接写機能を重視して買ったコンパクトデジカメ。

肉眼で観るよりも細かいところまで観られて重宝しています。
面白くて摘果等の作業そっちのけで写真撮ってしまうのが難点ですが…。
posted by ナッツ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年05月15日

落花し始めています

昨日(14日)も暖かい一日でした。

開花が早いと寒の戻りで遅霜の被害が出る可能性も高まる、
と内心懸念していましたが、
今のところ順調です。

王林、ジョナゴールドといった開花の早い品種の花は、
散り始めています。

「いつものジョナ」を観てみましょう。
写真中央がそうです。
14.05.15-3.jpg










花びらが無いのが中心花(果)、
まだ花びらがあるのが側花です。
通常、中心花が一足先に咲くので、落花も一足早いです。

側花を摘んで、中心果だけにしました。
14.05.15-4.jpg










まだ小さくて判り難いですが、
ちゃんと受粉しているのが判ります。

ん?判りにくい?
ではアップで。
14.05.15-5.jpg









更にアップで 笑
14.05.15-6.jpg










「いつものジョナ」とは違う樹ですが、ジョナゴールドです。
14.05.15-7.jpg










写真右側に近づいて撮ると
14.05.15-8.jpg










昨日は、「当園スタッフ」Kさんが、
今季初めて畑にいらっしゃいました。

一昨年、昨年と、摘果と収穫を手伝っていただいています。
作業をお手伝いいただくだけでなく
りんごの花を楽しんでいただきたくて、
お誘いしちゃいました。
ちゃっかり「摘花」作業もしていただきましたが 笑。

今日15日は、18時前から雨がポツリポツリ。
19時頃には本格的に降り出し、今も結構降っています。
明朝まで降り続くようです。

昨年もこの時期に干ばつでしたが、
積雪が多くしかも4月が低温で雪がゆっくり融けたため、
地中の水分は結構足りていました。

今年は、
積雪は平年並み(若しくは少なめ)で雪融けも早かったうえに、
4〜5月の少雨。久々のまとまった雨です。
良かった良かった。

posted by ナッツ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

自称みつばち写真家

昨日14日も暖かい一日でした(最高気温23℃)。

りんごの樹の近くはもちろん、
園地の何処にいても、
りんごの花の香りがします。

耳を澄ますと、いや澄まさなくても、
蜂たちの「ブ〜ン、ブ〜ン」という音が聴こえてくる、
というよりも震動が響いてきます。

いつものジョナの状態を撮ろうとカメラを手にしていると、
ミツバチが元気にブンブン飛んでいます。

知らないうちに、
ミツバチを撮ることに夢中になってしまっています。
即席の「自称」みつばち写真家です。

そう言えば、酒井法子の元夫、
「自称」プロサーファー
はどうしてるんでしょう。

「自称○○」という表現、
私の中では大ヒットで、
あの年の流行語大賞に選ばれるのを密かに期待してたんですが、
選ばれませんでした。残念。

実は酒井法子、「星の金貨」で観てからファンだったんですよね〜。
今も密かに応援しています。

さて、ミツバチを観るとカメラを構えてシャッターチャンスを狙ってしまう
「自称 ミツバチ写真家」の14日の成果を2点アップします。

14.05.15-1.jpg










14.05.15-2.jpg












posted by ナッツ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

2014年05月12日

「ふじ」以外満開

11日は予報を上回る23℃超え。
「ふじ」以外はほぼ満開になりました。

いつものジョナ、120%満開です。
14.05.12-12.jpg










青空を背景にして撮りまくった中から数枚。
仕事そっちのけで撮りました!
14.05.12-11.jpg










花びらにマメコバチが居ます
14.05.12-13.jpg










14.05.12-14.jpg










14.05.12-15.jpg











posted by ナッツ at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子

虫たちも元気に…

23℃超えの暖かさで、
虫たちも元気に受粉に一役かってくれています。

ミツバチ編
14.05.12-1.jpg










14.05.12-2.jpg










14.05.12-3.jpg










14.05.12-4.jpg











名も知らぬ虫も。
不勉強で名前を知らないのですが、時々見かけます。
羽が有って飛びます。
14.05.12-5.jpg










14.05.12-6.jpg










葉裏から、ヨっこらショっ
14.05.12-7.jpg










実はこの虫、葉を食べます。
でもこの時期は多めにみてあげています、
花の間も行き来してますから。
14.05.12-8.jpg










でも摘果作業中に見つけた場合には、
申し訳ないけれど指で潰しちゃってます。
「眼と手が薬」ですから。

アリも頑張ってくれています。
14.05.12-9.jpg










14.05.12-10.jpg










予報では今日も23℃超え。
更に蜂をはじめ沢山の虫たちが活躍してくれるでしょう。
posted by ナッツ at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご(園地)の様子