2015年01月03日

りんごを畑から救出(搬出)

12月11日の畑コンテナ内に残された沢山のりんご達の
救出劇を書いてみたいと思います!

今冬は12月2日に積もった雪がそのまま融けきることなく
「根雪」になっちゃいました。
例年なら、降って積もって融けて、を2回くらい経るのに。

実は僕は「今年は冬が早いゾ」と思っていたんですよね。

以前にも書いたように、2014年は、
・8月末には夏が終わって秋めいて来て、ちゃんと秋があった。
 (ここ2~3年、残暑が長くてキツくて秋が短かったですよね)
・旧暦8月15日を指す「十五夜(中秋の名月)」が9月8日と
 めちゃくちゃ早かった。
 (因に、2011年が9月12日、12年が30日、13年が19日、
  今年15年はなんと27日です)
ということから、何となくそう思っていたんです。

月の満ち欠けを基本とする旧暦「の方が参考になる」は言い過ぎとしても、
その視点は持っていなければと思っています。

じゃあ、何故然るべき時期に運び出さなかったのか?

12月4日の記事で書いた頃に2tトラックを借りて運び出すこともできました。

しかし、今年当園は小玉傾向のため
御歳暮用の「着色がきれいで大玉」の選出が進まず
(御歳暮用15キロを選出するのに例年の倍の選果作業・時間を要した)、
12月に入って発送開始しなければならない御歳暮用が全然足りない状況で、

もう一回は融けて運び出すチャンスがまたある方に賭けました。
積雪降雪にハラハラしつつも倉庫にある分の選果作業を早くする
方を優先することにしたのです。
今から思っても、この判断はしょうがなかったと思っています。

長くなってしまいましたが、
8日時点で積雪量が多くて軽トラでは運び出すどころか畑に行くことも無理。
週間予報(連日雪マークで低温続き)から、根雪になることが明確。

そこで、
軽トラでは埒があかないので2tトラックのレンタルを予約し、
借りてる倉庫の家主さんが家庭用としては超大型の除雪機を持っているので、
除雪をお願いしました(30馬力、雪国の人はその大きさが判るでしょう)。

除雪されている道路から当園まで徒歩5分くらいの距離を、
りんごを搬出するトラック(軽トラでは何往復もになるので2tトラック)
が通れる幅で除雪しなければなりません。

こんな感じです。
15.01.03-1.jpg










少しアップにして
15.01.03-2.jpg










40分程かけて畑の入口に到着
15.01.03-3.jpg










コンテナ前も除雪してドアが開くようになりました
15.01.03-4.jpg










また雪を飛ばしながら戻ります。
大型だけに一往復で2tトラックがは走れる幅が除雪できます。
15.01.03-5.jpg










ちょとアップで
15.01.03-6.jpg










2時間ちょっとで元の場所に戻れ、ヤレヤレ。
と思いきや、ドラマが待ってました!

1t以上あるこの除雪機。
りんご搬出用にレンタルした2tトラックに乗せて運ぶのですが、
トラックに橋を架けてゆっくり乗せてる途中でファンベルトが
切れてしまい、乗せられなくなっちゃいました。

積雪量が膝上まであっただけでなく、
前日気温が高めで当日は小雨となって雪が重くなっていたので、
それまでの除雪作業でベルトに過度に負担が掛かっていたんですね。

この修理に3時間以上掛かってしまいました。
今思うと、明るいうちに除雪機を家主宅に無事戻せただけでもラッキーでした。

りんご搬出作業を開始したのが午後3時。
コンテナ近くにトラックを乗り付けて搬出です。
雨や雪でりんごが濡れると嫌なので箱型のトラックを借りました。
15.01.03-7.jpg










15.01.03-8.jpg










除雪したとはいえコンテナ前は土ですから、
何度もハンドルを切り返すとぬかるんで動けなくなる怖れがあります。
なので、トラック1台が丁度通れる幅でクネクネした道をバックで畑まで
行きます。

荷台の箱で真後ろをバックミラーで見られず
ほぼ車幅にしか除雪していないクネクネ道をバックで走るので、
普段1分位の道が10分以上かかりましたが、
3往復してるうちに大分腕を上げました笑。

積み過ぎると重みでタイヤがぬかって動けなくなる危険があるので、
3回に分けて搬出。

2回は倉庫へ搬入。

ちょうど翌日は以前から予約していたジュース加工日。
翌朝は冷蔵庫業者にりんごを持ち込まなければならないので、
今日中に加工場にりんごを持ち込まなければなりません。

折角借りた2tトラック。
1回目の搬入後に、
予め加工用に選別してあった林檎を加工場に持ち込みました。
軽トラなら3往復のところ1回で済みました!

その後倉庫へ2回目搬入し、
翌朝冷蔵庫業者に搬入する分を積み終えたのが夜10時半。帰宅は11時半。
トラックに積むのも下ろして倉庫に積み上げるのも一人。
笑っちゃう程の重労働でしたね。

学生時代の引っ越しで、同様のトラックをレンタカーで借りたことも
あった筈なのですが、改めて思ったのは、
2tクラスのトラックだと運転して、楽(ラク)でかつ楽しいですね笑。
返すのが惜しくなっちゃいました。

ただ、思ったのは、軽トラはやっぱり便利。
トラックだと車高も高いし、
沢山積もうと思うと荷台に上がって積み上げないといけない。

トラックまで運ぶ人と荷台に居て積み上げる人がいるならいいけれど、
一人だと結構大変。
同じことが下ろす時にも言える。

軽トラだと一回に積める量は限られてるけど、
手の届く範囲で積み込めるからラク。

今回は片道5分の倉庫までも何往復もしてられなかった、
冷蔵庫業者までは(雪道でなくても)片道30分の距離で
それこそ一回で済ませたかった、
という事情でトラックをレンタルしましたが、

近距離なら軽トラが一番!
と軽トラの有り難さを再認識しました。

新年早々、
長い記事を最後まで読んでくださりありがとうございます。
シンドイ作業だっただけに、力入って長くなっちゃいました。
 
posted by ナッツ at 22:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 農作業周辺

2015年01月02日

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
穏やかなお正月をお過ごしのことと思います。

今年最初の記事ですから、
やはり今年のりんご栽培への抱負、計画から始めないとですね。

自分の心身をより整える技術を上げる、
という根本のところは勿論として、
今年は剪定作業を早期にスタートします。

昨年はシンクイムシ(ハリトーシ)被害が酷く、
後追い対策(被害果実の除去、処分)に追われて最終摘果が遅く(疎かに)なった
ために樹に負担がかかってしまいました。

樹は、葉がまともに光合成できるようになる迄の期間、
前年の貯蔵用分で
花芽→蕾(つぼみ)→展葉(蕾から葉が開きだす)→開花
という作業をおこないます。

昨年負担を掛けてしまった分、
この時期の養分消費を極力抑えることが、
今年のりんごの品質・収穫量を落とさないことの第一歩です。

今年は実を成らせないことが判っている「新梢」(しんしょう:昨年伸びた枝)
では、花や蕾(花芽)の段階で摘んでいきたいです。
実を成らせる枝でも、落とすことが判っている枝の真上・真下は同様に。

その為には、その前の作業=「選定作業」を
早期に終えていないとです。

除雪がいつ頃から何処まで入ってくれるかによりますが、
1月半ば過ぎから開始できたらと思っています。

さて、計画通りに開始できてるか。
このブログでご紹介しますので、お楽しみに!

なお、新年発送は6日からになります。
posted by ナッツ at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業周辺

2014年09月17日

つがる発送開始

ご案内の到着早々に沢山のご注文をいただいております。
どうもありがとうございます。

りんご「つがる」およびシュガープルーンの収穫が終わり、
今日から選果、発送作業を開始します。

例年はジョナゴールドから出動する運搬車に
今年は つがる 収穫から出動してもらいました。
「走り回る」訳でもないので樹に許してもらいました 笑。

穫ったりんごを運搬車に載せてある木箱に詰めて、
園地内に散在する「つがる」の樹を廻ります。
14.09.17-1.jpg










木箱の中をアップで
14.09.17-2.jpg










今年大流行のシンクイムシ。
どうも「つがる」では被害がかなり少ないです。

その代わり、黒星病には弱いようです。
14.09.17-3.jpg









また、つる周りがこのように茶色になるのも特徴です。
これは病気ではありません。
14.09.17-4.jpg










また、つがるは本来、赤というよりもオレンジっぽく、
着色が良くない品種です。
赤くなくても、お尻の部分が黄色味を帯びていれば、
熟して「美味しい」サインです。

脚立に昇っての作業中、
空の青、りんごの赤、葉の緑のコントラストがきれいで、
写真を撮りたくなっちゃいました。

14.09.17-6.jpg










14.09.17-7.jpg
















posted by ナッツ at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業周辺

2014年09月11日

2014年「ご案内」投函

今日11日、ようやく
2014年産りんごのご案内
を投函しました。
土曜には届きます。

なお、メールアドレスを登録されている方には
基本的にメールで送信することとさせていただきます。

こちらは、明日夜に送信いたします。
→ 訂正:13日中に送信します (12日21時 訂正)

「つがる」は来週前半から収穫スタートできそうです。
ご案内が遅れて申し訳ありません(りんご、お客様双方に)。

「ご注文お待ちしております」(と、りんごが宣っております 笑)
posted by ナッツ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業周辺

2014年06月17日

ベテラン農家はやはり凄い

7日に梅雨入りしてから、
特に9日に第2回目散布が終わって以降は雨の日が殆どです。

「これだけ連日、しかも強く降る日も多いと、
散布した薬が雨で流れ落ちちゃうな〜」
と気にしていたところ、
一部の樹(品種ではふじ)でこんな葉が沢山!
14.06.17-1.jpg










14.06.17-2.jpg










一枚目の上の辺りにある、ボォッと霞んだ様な茶色が黒星病なのは判るのですが、
他の茶色の点が判りません。
病害虫ハンドブックの写真を観てもどうもピントくるものが無くて。

「あ〜、何らかの病気だ」
「やっぱり第1回目散布が5月半ば過ぎというのは遅過ぎだったか、
 濃度薄めた農薬では叩き切れないのかな」
「急遽散布するにしても、せめて抜糸出来るくらい傷口が塞がってからでないと、
 指が蒸れちゃって傷口が化膿しちゃう」
「摘果も遅れに遅れているのに、でも病害虫防除が何よりも最優先だよな」
等々考えてしまいました。

5時半まで作業した後、指の治療(消毒)のため整形外科へ。
近くに農薬でお世話になっている資材屋さんがあるので、
そこで観てもらおうと葉を数枚持参しました。

店主と話をしていると、
他のりんご農家さんが訪ねて来て、

葉をルーペで観た後、
「黒星病が薬で治まった痕だろう」
「時々こんなのあるよ」
と。

一気に気持が晴れて行きました!!

果樹の中でも特に病害虫に弱いりんごの栽培を長年やってきている
ベテラン農家さん。
店に入って来た時からちょっとオーラがありました。

慣行栽培においても、
ただ薬に頼ってる訳ではなく、
園地内や天候を観察しながら色んな経験を積み重ねて栽培されています。

どの世界でもそうであるように
(薬に頼って)手抜きしている人がいないとは言いませんが、
多くの農家は、安全なものをつくることと生活を安定させることの間で、
様々な努力経験をされているのを、
実際にりんご栽培に携わって感じます。

葉だけでなく、果実にもやはり黒星が着いてしまったものが
散見されます。

でも、今のところ昨年より酷くはないようです。
今年の黒星被害果ワーストワンです。
14.06.17-3.jpg










これは流石に落としました。
posted by ナッツ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業周辺

2014年01月22日

低温続きで発送控えてます

正確に調べてませんが、
もうかなりの間、低温注意報が続いています。

因に低温注意報発令は、
「真夏日」「猛暑日」「真冬日」などと違い、
地域によって基準が異なるそうで、
北国青森でこれが発令されるということは、
かなり低温ということになります。

温度変化が小さいように造られている倉庫とはいえ、
外気温の最低がマイナス6℃以下で、かつ最高気温も氷点下のまま
という日が何日も続くと、

木箱の中に専用の大きな厚手のビニール袋を入れ、
底と上に新聞紙を何枚も敷いて(被せて)、
温度変化を小さくしていても(その様子はこちら)、

ビニール袋内空気中の水分(湿気)が、
結露や霜の様にりんご表面に付着します。

りんご自体は凍ってないにしても、
この状態で手を触れると劣化が早まるような気がして、
触れるのを躊躇してしまいます。

そんな訳で、
今日は荷造り発送を予定していましたが止めて、
寒気が緩んで予想最高気温が3℃まで上がる金曜日に
荷造り発送作業をすることにしました。

特に、月一回の定期発送をご注文のお客様、
金曜日に発送いたしますので、ご安心ください。
posted by ナッツ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業周辺

2014年01月13日

大雪と低温注意報の中で

全国的に大寒波に見舞われた先週金曜日からずっと、
青森は雪と低温(「低温注意報」発令)が続いています。

連日最高気温が氷点下の「真冬日」。
今日も気象台発表で最高気温がマイナス4.7℃。

周知の通り、この気象台発表は、
直射日光が当らない、風通しが良い、といった恵まれた?条件の場所での数値で、
実際には、夏はもっと暑く、冬はもっと寒い。

19時過ぎに帰宅途中の国道沿いの電光温度表示は既にマイナス6〜7℃。
日中12時過ぎに資材屋に段ボールを買いに行く途中もマイナス5〜6℃。
一日ほぼ同じくらいの低温が続いてます!

そんななか、りんごは大丈夫なのか?
凍らないのか?

借りている倉庫は、冷蔵設備はありませんが、
夏涼しくて冬冷え込まないようにつくられています。

とはいえ、
昨年は一週間以上真冬日が続き、
りんご自体が凍らなくても、表面に付着した水滴が凍るなどして、
思うように荷造りできなくて困った時期がありました。

なので、今年は11月下旬から、
選果したものを冷蔵庫業者にいくらか預けてます。
そう、りんごが「凍らないために冷蔵庫に預けてる」のです。

今期は売れ行きが早く、倉庫のりんごが完売で、
年末と年明け早々に2回冷蔵庫から出庫しましたが、
低温で凍るのが怖くて小出しに出庫しています。

出庫してきたものは、傷みなどを再チェックしてから保管します。
その際、底と上部に敷く(被せる)新聞紙を多くしました。
ビニールの中の温度変化を小さくするためです。

14.01.13-1.jpg










また、冷蔵庫に保管するものや、
選果作業後半に選果して保管するものは、木箱のみを使うようにしています。
樹脂製のコンテナよりも木箱の方が温度変化が小さいからです。
(木が呼吸してくれてるから!)、

おいしさを長持ちさせる為に、
保管にも気を遣っています。
posted by ナッツ at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 農作業周辺

2014年01月10日

ぼっこ靴

14.01.10-7.jpg










いきなり写真で登場です。

この雪の中での作業に大助かりのアイテムが揃いました。
天然生ゴム100%、手作りの長靴です。
「ぼっこ靴」と言います。

以前からこの存在を知っていた叔母がテレビで観て思い出し、
「雪中での作業でも足が冷えないから」
と薦められて注文したのですが、
予想以上にその効果は大きいです。
かなり助かってます。

手作りな上に、
地元テレビで紹介された反響で注文が殺到し、
10ヶ月待ちでした(今はもう少し短いみたいです)。

このボッコ靴、
昔からマタギやりんごの剪定作業、営林業の人たちに愛用されていたものですが、
大量生産時代の影響からか30年以上前にその生産はストップしていたのを、

黒石市にある「スミトモ靴店(Kボッコ株式会社)」工藤氏が、
復活させた代物です。

材料の天然ゴム生地調達が容易ではないのは勿論のこと、
30年つくられていないと、その製造技術も廃れてしまっていたそうで、
試行錯誤の末に製品化にこぎ着けたそうです。

こうした能書きが良くまとめられているサイトを見つけました。
こちらをご覧下さい!

今日もこれを履いて、頑張ります!
posted by ナッツ at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業周辺

2014年01月06日

ハリトーシ被害果

選果作業中の作業についての記事が続きました。
その流れで、2013年の大きな特徴として、

ハリトーシ(正式名モモシンクイ)被害果が爆発的に増えた

ことについて書きます。

この3年間は、たま〜に見かける程度でしたが、
今年は、8月の見直し(仕上げ)摘果、910月の玉回しの際に、
これでもかという程に見つけました。

見つけたら即取り除いていましたが、
ふじの場合、収穫時、収穫後の選果作業でもかなりの被害果が発見されました。

10月下旬の写真です。
14.01.06-1.jpg










アウトドア用使い捨ての大きめの丼にやっと収まる程に立派なのに!
14.01.06-2.jpg










別の実ですが、割ってみると幼虫の通り道がダメなだけ。
(ここは、食べてみると苦いです)
14.01.06-3.jpg










他の部分は、大丈夫というか、
果肉の一部と芯を食害された分だけ熟すのが早いので、
既にみつが入って美味!
(腐ると発酵が同じことであるように、傷むと熟すはほぼ同義語)

ただ、時々こんな風なのもあります(9月7日の写真です、品種はふじ)。
外観からして、モモシンクイ被害果とちょっと違います。
14.01.06-4.jpg










青いうちは判り易いですが、赤く色付いちゃうとこれも判り辛くなります。
割ってみると
14.01.06-5.jpg










これは、
スモモヒメシンクイの被害果です。
モモシンクイと違って、中で這いずり回っています。
ナシシンクイという虫もいて、これも這いずり回ります。
いずれにしろ、這いずり回られちゃうと全く使い物になりません。

話をモモシンクイ被害果に戻して、
こんな立派に育っているということは、
9月後半〜10月にかけて、食害されたんですね。

収穫時、畑で木箱に詰める作業中に手伝いの方が気付いたものは、
その場で別にしておいて、皆さんで分けて持ち帰ってもらいました。

選果時に私が見つけたものは、
やはり「モモシンクイ被害果」用の箱を用意して入れますが、
18キロくらい入る木箱が何箱も出来てしまいました。

こう多いと、
選果時、荷造り時には、
シンクイ被害果が無いか、かなり気を付けて観るようにしています。

なんで今年こんなに多いのか?
やはり低農薬4年目というのは関係ありますね。
しかも、最終散布時期が、
1年目が8月末、
2、3年目が7月末で4年目の今期が8月4日。

9月の気温が高いと、
モモ(スモモヒメ)シンクイガの卵がもう一回ふ化できちゃう。

毎年この時期に殺虫剤を全く散布しないでいた影響が、
今年大きく出たと考えられます。

おそらく、最低3年はこういう状況(もしくはもっと酷くなるかも)が続くでしょう。
或る虫が大量発生するとその天敵も併せて多くなり、
3年位で生態系が落ちつくと言われます。

そういうことを繰り返して、10年単位で(10年で、ではありません!)、
園地環境が整って行くものらしいです。

完全無施肥ゆえ収穫量も慣行栽培に比べて2分の1近くしかないのに、
加えてシンクイ被害がこんなに出るのでは、
収入面でもかなりの痛手です。

たまにあるスモモヒメシンクイは駄目ですが、
モモシンクイ被害果は食害部分を取り除けば問題ないので、
別箱に保管しておいて、
発送作業が一段落する年明けに、そこだけ取り除いてジュース加工に回そうか、
と考えていました。

そんな時、お客様のIさんから救いの申し出がありました。
次回ご紹介します。
posted by ナッツ at 08:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 農作業周辺

2014年01月04日

すすの拭き取り

選果作業中(若しくは、荷造り作業中)の一つに、
すす斑病による「すす」(汚れ)を拭き取るという作業があります。

すす斑病被害果です。
14.01.04-1.jpg










14.01.04-3.jpg










病名の通り、すすがかかったようになっています。
8〜9月に雨が多いと発生し易く、
品種としては「ふじ」などの晩生種に発生し易いと言われています。
(実際そのようです)

実は濡れタオルで拭くと容易に取れます。
14.01.04-2.jpg










ちょとピンぼけですが、きれいになっているのは判っていただけると思います。

14.01.04-4.jpg










左側にある黒点は、枝の先がぶつかった傷付いた痕です。
傷口から腐らずに自ら治すことができたのですね。

拭けば取れるとはいえ、そのままで発送する訳にはいかないので、
選果時もしくは荷造り時に拭き取ります。

容易とはいえ、
天候を見ながらの畑の冬支度、選果、荷造り発送、
ジュースや干し林檎の加工(選別してものを持ち込んだり受け取りに行ったりするだけですが)と、
ただでさえ時間の無い時期に拭き取るのは、結構な手間です。

しかし、
この手間を省くために最も防除効果があるとされる8〜9月に薬剤散布することは、
これまでしたことがありません。

年間散布量(文字通り、年間で散布する薬剤の総量)を抑えたいのはもちろん、
最終散布時期を早めに設定したい、
と考えているからです。

特に当園では、晩生種ふじと早生種(つがる、ひろさきふじ等)が混植されているので、
直接散布しないとはいえ、早生種に収穫1ヶ月前という時期に薬剤がかかってしまいますから。

薬剤に頼らずに、極力薬剤散布量を減らすということは、
このような人間の手間が増えるということでもあります。

他の農家さんは、
市場や農協にそのまま出荷すると値段がガクンと下がるので、
選果時に手間をかけて拭くか、8〜9月に薬剤を散布するかしています。

手間をかければ済むなら未だ良い方で、
炭疽病(下の写真)被害果などは、全く商品になりません。
14.01.04-5.jpg













そのまま放置して置くと、
病原となる胞子が増えることになるので、
なるべく集めて焼却処分にしています。
商品にはまったくならず、手間だけかかります。
すす斑病はかわいいもんです笑。

無(低)農薬の陰には、
収穫量が減るだけでなく、このような手間が沢山あります。

稲作等と比較して、
りんご栽培は、慣行栽培においてすら、手作業が多いのが特徴です。

尊敬するお寿司屋さんの親方の言葉、
「私どもの仕事は手間を惜しんだらおしまいです」

そして木村秋則氏の言葉
「手と目が薬の代わり」
が思い出されます。

手間をかけるということに、
より効果的な手間(技)を追求することに、
よろこび、おもしろさ、誇りを感じています。
posted by ナッツ at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業周辺

2013年12月15日

発送頑張ってます

14日(土)新幹線始発で上京しています。

金曜は一日発送作業に専念したため、
かなり発送が捗りました。

苗木の幹周りへの雪害対策は、
2〜3時間分残したままの上京となってしまいました。

贈り物も多いこの時期、
なるべくお客様を待たせたくないのはもちろん、
とりあえずネズミ忌避用の自家製薬は塗ってあるし、
週の半ばに一旦気温が緩むのでそこでやれそうという見通しもあって。

今日の青森は、
積雪はそこそこですが、気温が最高気温が−1℃の「真冬日」。

積雪が多くなければ寒い分には作業に影響無いからいいや、
と自分勝手なことを考えてます。
posted by ナッツ at 09:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 農作業周辺

2013年11月27日

本格的な発送作業開始

記録的な大雪で収穫・選果が遅れていましたが、
選果作業も約3分の2を終えたので、
今日27日から本格的な発送作業に入ります。

今年は、選果作業効率アップのために、
選果台
なるものを購入しました。

13.11.27-1.jpg










りんご箱が6個並びます。
これまでは、軽トラ荷台をメインの台として作業してましたが、
それだと5個でした。

それでもまだ足りないので、やはり軽トラ荷台も利用。
13.11.27-2.jpg










それでも足りずに、3箱並べてあります(写真左側)。

サイズ別、用途別(贈答用、干し林檎、ジュース等)、傷有り→自家消費用、
などで選別すると、12箱が並びます。
軽トラ荷台利用の時は、荷台の左右後ろに箱を沢山並べてましたから、
随分と作業はもちろん、作業準備もし易くなりました。


選果台。
わざわざ高い金出して買わなくても(どのメーカーも3万円前後)荷台で良いや、
と思いつつも、

有ったら作業し易すそう、
荷台使って選果し始めると途中で軽トラで用足しに出かけられないのは不便、

と思い、どのメーカーが良いか機能や耐久性の面で比較検討もしていました。
これまで4台使ってみたというO氏の助言を参考に、
このタイプを購入するに至りました。

よく見ると、結構良く出来ています。
特に脚が
13.11.27-3.jpg













4本の脚それぞれで、
容易に高さ調整できて、
しかもグラツキを無くせるよう足首状になっています。

畑で選果すると、当然平坦ではないので、
こういう構造機能はありがたいです。

また、天板と脚との結合部分もしっかりしています。

選果台の他にもう一つ、強力アイテムが揃いました。
13.11.27-4.jpg













ソレルのスノーブーツです。
かなりデカイです。
農作業用にホームセンターで買ったスニーカーと比べてみると、
13.11.27-5.jpg









普通の長靴と比べれば良いのですが、
写真撮る時に丁度無くて…

実はこれ、お客様から、
一度しか足を通したことが無いから、宜しかったら使ってみてください、
と送っていただいたものです。

温かくて随分助かってます。
選果作業は、りんごが傷まない為に、
どんなに寒くても暖房を利用できません。
長時間やっていると特に足下がひえるんですよね〜。

これから更に寒くなるので、もっと助かることでしょう。

選果台と温かい靴、
今年はこれで選果作業の効率がアップしました!

数日中にりんごが届きます。
お楽しみに!
posted by ナッツ at 04:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 農作業周辺

2013年11月12日

雪が凄いことになってます

今日は朝から雪・雪・雪。
特に午後からは随分降り、凄いことに。

幹線道路には除雪車が入ったようです。
帰宅すると車庫前に15センチ以上の積雪。
雪かきしないと入れませんでした。

昨日書いた、
畑で焚き火
はしませんでした。

明日午前中には雪がみぞれに、そして雨に変わり、
気温も4℃まであがるようなので、
そこまでしなくても良いかと。

この雪で、畑まで車では行けなくなってしまいましたし、
借りてる倉庫は貸し主と共用なため、
収穫した林檎を早く選果して片付けなければならず、
途中から徒歩で畑まで行く時間的余裕がありませんでした。

今の雪はまだ湿った雪で重いです。
りんごの重さに加えて雪まで積もって、
枝が割れていないか、とても気になります。

無事を祈るばかりです。

選果しながら、
傷んでたりハリトーシにやられたものを食べたり、
型や色が悪いものを試食してみたり、
毎日結構りんごを食べてます。

かなり美味しいです!
posted by ナッツ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業周辺

2013年11月05日

最近の作業

お久しぶりです。

体調を崩してるのかな?
と心配してくださるお客様もいらっしゃいました。
ありがとうございます。

元気にやっております。
何かとやることの多いこの時期、ついつい更新が滞ってしまいました。

ジョナゴールドはじめ10月中下旬収穫品種の収穫(完了)、
ふじの葉摘みや玉回し、
切り落とした枝集め、

といった畑での作業に加えて、
暗くなった後は倉庫で
選果、荷造り、発送

家では
発送事務(発送伝票、納品書、能書き)
ご注文(メール、FAX)への対応

その他
段ボール等発送資材の買い出し等々。

そうそう、干し林檎のラベルも
フルモデルチェンジします。お楽しみに!
そのための作業諸々。

なんか、忙しいんだゾ!
と威張ってるみたいになっちゃい失礼しました。

収穫するだけではなく、
その裏で諸々の作業があるということを、
自分自身やってみるまで判りませんでした。

どんな仕事もそうですよね。

だから、
こうした裏の作業もあるんですよ、
ということをお伝えしたい気持でちょっと書いてみました。

畑までの途中、里山を切り拓いて通した道路(バイパス)を走ります。
毎朝紅葉を楽しみながらの通勤です。
では行ってきます!
posted by ナッツ at 05:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 農作業周辺

2013年10月30日

この時期の発送、ひとまず完了

シーズンパック第3回目を中心に、
今の品種
ジョナゴールド、やたか、北斗、王林
のご注文戴いている分の発送が今日完了しました。

荷造りだけで言えば昨夜で終えていましたが、
今朝追加注文戴いてた分を加えて、
発送し終えました。

ここのところブログ更新が無かったのも、
連日、発送作業、その合間をぬっての収穫およびその選果、
そして結構時間がかかる発送のための事務作業
に追われていたからでした。

ジョナゴールド、遅れて葉摘みしたものが、
良い感じで色付いてきました。
やはり3段階くらいで、枝によって(全体的には樹によって)収穫期がズレます。
遅いものもこんな感じです(一昨日撮影)
13.10.30-2.jpg













うつくしさに惚れ惚れしてしまい、
穫るのを忘れてしまいます。

ジョナは、美味しく食べられる期間は長くありません。
これを見て食べてみたくなった方、および追加注文をお考えの方、
ご注文はお早めに!


posted by ナッツ at 23:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 農作業周辺

2013年09月24日

中学2年生ガンバル!

21日(土)昼に到着した娘と友達Kちゃんが、
23日(月祝)14時前の新幹線で東京に帰りました。
あっという間の50時間でした。
Kちゃんは、同級生で吹奏楽部でも一緒の大の仲良しです。

最初に畑を説明しながら廻った後、
二日間(21、22日)いろんな作業をしてもらいました。
(23日は午前中だけなので、墓参りや21日に続いて曾祖母宅に顔を出したり、
 そして新青森駅でお土産を買ったりで、畑には行きませんでした。)

少し残っていた「つがる」の収穫、
「ひろさきふじ」の玉回し、
プルーン収穫、
私が剪定して落とした枝の枝集め、等々。

無意識のうちに遠慮して、
楽しい作業、楽な作業をお願いしてましたが、
22日午後になって、
「もっと身体を動かす作業がしたい!」と。

ナルホド!!

そこで、大切な冬支度の一つ、
樹の周り、半径50センチを、土が露出する程に草を刈り込む、
という作業をお願いしたところ、

13.09.24-1.jpg










13.09.24-2.jpg










水を得た魚のように、
いや馬車馬のように、
頑張ってくれました。

よっぽど鬱積したものがあるのでは?!
と思える程に。
赤い服がKちゃん、白い服が娘です。

Kちゃん、この景色が大好きになっちゃいました。
13.09.24-3.jpg










記録的大雪(ということは田の雪融けも遅く作業開始が遅くなる)、
4月の低温、7月以降の多雨・大雨、

自然に振り回されながらも、その自然のおかげで、
半年もしないで収穫です。
ありがたいことですよね。

因に8月2日はこんなでした(ほぼ同じ位置から撮影)。
13.09.24-4.jpg










ちょっと角度を変えて、
既に刈り取って天日干ししている田と岩木山です。
13.09.24-5.jpg










posted by ナッツ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業周辺

2013年09月15日

台風18号の影響

金曜夜から東京に来ています。
東京でも昨夜遅くから雨で、すでに結構強く降ってますがピーク16日午前とか。
私は東京駅発20:08発の最終で青森に戻ります。

青森も今日午後から雨の予報。
当然明日は一日中雨ですが、幸い太平洋側に大きく逸れて行ってくれるので、
強風の心配は無いようです。

とはいえ、ただでさえ自然落果しやすい「つがる」。
明日は早朝から自慢のゴアテックス合羽を着て収穫です。
即日発送と思っていましたが、
濡れたまま即日発送するか、拭いて翌日発送するかは、状況次第です。

とりあえず、最悪の事態にはならなくてすみそうです。


posted by ナッツ at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業周辺

2013年09月11日

黒星病果って、すばらしい

品種によって病気への耐性が異なるようです。
例えば黒星病には、「つがる」と「ふじ」は弱いです。

昨日の記事
玉回ししたら取れちゃった果実が黒星病だった、
実はこれが食べると美味しい、
ということを書きました。その続きをご説明しましょう。

これが取れちゃった「つがる」です
13.09.11-1.jpg













結構大きな黒星が幾つもあります。
黒星の処で切ってみましょう。
13.09.11-2.jpg










黒星の大きさの割には、表面だけで内は殆ど何ともないですね。
黒星部分だけ、簡単に取り除けます。
13.09.11-3.jpg













食べちゃっても毒ではありませんが、
黒星病を始め病気の大半は胞子体です。
まだ胞子が生きてる可能性もあるので、
まあ、取り除いておきましょう。

因に私は小さいのは気にせず食べちゃいますし、
大きめのものもナイフを持ち歩いてる訳ではないので、
患部を噛み切ってペッと出してから食べます。
畑の中ですから笑

黒星病発症のプロセスはこうです(他の病気も大概同様)。
りんご園内には胞子がウヨウヨいて、
それが葉や果皮に付着し、
かつ菌糸を葉面や果皮面に根付かせると発症
ということになります。

インフルエンザが流行していても、
感染する人としない人が居るのと似てます。

このりんごの場合、その状態から、
・果皮に根付かれてしまったけれど、そこでくい留めることができた
 (だから表皮だけで済んでる)
・果実としては大きく型も黒星部分で変形してもいないから、
 果実が大分成長してから根付かれたものである
  (小さい頃に沢山根付かれると、
   そこに栄養が行かなくなって小玉や変形になる)
ということが判ります。

沢山あると、数カ所削りとることになります
13.09.11-4.jpg













黒星を取り除いたうえで、ガブリっ!ガブリっ!
13.09.11-5.jpg










すこぶる美味しいです。
ガブッとした口の脇から果汁が飛び散ります。

拡大出来る方は食べ口を拡大してみてください。
その瑞々しさが判ります!

虫食い箇所や、黒星胞子に根付かれた処には、
そこを修復するため、胞子に負けないために、
樹は養分を沢山注ぎ込みます。

だから、むしろ美味しくなります。

もっと頑張った果実を紹介しましょう。
13.09.11-6.jpg










凄いですね〜
The 黒星果 って感じです。

さっき同様、黒星のところで切ってみます。
13.09.11-7.jpg










思いのほか内まで傷んでません。
ただ、芯を堺に、黒星の無い側に比べると有る側の方が果肉が小さいです。
胞子と戦うために養分を費やしたからでしょう。

やはり黒星部分を取り除けば、安心して食べられます。
13.09.11-8.jpg










(ちょっとピンぼけでした)

今年は、薬剤散布量をかなり減らしたのと雨が多かったために
黒星病が多くみられます。

黒星病に弱く収穫量も少ない「つがる」の場合、
上の写真レベルのものは、一般用には混じります。
ご理解ください。

黒星病に負けずに勝った逞しいりんご。
黒星は超減農薬の勲章のようなもの(と、木村さんはおっしゃいます)。

取り除いたら、安心して皮ごと味わってください。
posted by ナッツ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業周辺

2013年09月08日

2013年度ご案内送付完了

8月31日以来の更新になります。

今年のご案内の作成および発送作業を
農作業と併行して行なっていたため全く余裕が無くて
更新していませんでした。


先ず郵送、そしてメール送信してましたが、
今朝のメールをもって完了しました。

4日間に渡って発送送信していたので、
既にご注文が続々と!

「待っていました」
というコメントが多く、
今年3年目のお客様からは、
「昨年以上に夏堀さんのりんご待ち遠しく感じました」とも。

ありがとうございます。

最後に、今日の農作業中の(つがるの玉回し)、かわいいお客さんです。
りんごから私の手の甲にちょこんと跳ねてやって来ました。

13.09.08.jpg











posted by ナッツ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業周辺

2013年08月31日

今年のご案内と、「つがる」収穫期予想

最終摘果(3巡目)作業が、諸々の事情でズレ込んでしまい、
その影響でご案内の作成も遅れています。

摘果作業も残すところあと2時間くらいで終わりそうです。
今日も5時過ぎから摘果作業をしましたが、
8時過ぎから降り始めた雨が9時には酷くなり中止。
その後は案内作成に。

明日にかけて北日本、西日本で雷を伴う大雨の予報。
青森は朝からずっと、今も雨が激しく降っています。

園地のある浪岡をも流れる岩木川水系十川という河川に、
19時40分に氾濫注意情報が発表されました。

うちの園地は川とは離れた山の傾斜地なので心配ありませんが、
河川近くの園地では対策に大忙しと思います。
昨年7月の集中豪雨では、園地はもちろん低い枝に成ったリンゴが氾濫した水に浸って
被害を受けた地域もありました。

話しを戻して、
ご案内は来週前半に発送する予定です。

メールアドレスを戴いている方には、基本的に、
PDFファイルを添付してメールでの配信とさせていただきます。

なお、当園最初の品種「つがる」の収穫発送は、
9月半ば頃になりそうです。
(残暑が長かった昨年は19日スタートでした)
posted by ナッツ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業周辺